かにゃさんぽ(NPO法人ARCSHIP)

掲載日:2018年2月23日
かにゃさんぽはNPO活動や企業の社会貢献活動を紹介するページです

人生いろいろ。音楽もいろいろ。

2016年3月31日木曜日

むむ。県庁前に大勢の人だかり。
もしかして、事件発生!?

県庁前に大勢の人
(↑事件は会議室で起きてるんじゃない。県庁前で起きてるにゃ。)

かにゃお
ちょっと通して、湾岸署の青島です。
何かあったの?

長谷川さん
青島じゃなくて、かにゃおだよね。
こんにちは。県指定NPO法人ARCSHIP(アークシップ)代表の長谷川です。
今日は私たちが企画・運営しているホッチポッチミュージックフェスティバルっていう音楽のイベントをやってるんだよ。

かにゃお
なんだ、事件じゃないんだ。
どんな音楽イベントなの?
ロックフェス的な?ダイブしちゃっていい?

長谷川さん
ダイブはやめてね。
このイベントは、ポップスやジャズ、海外の音楽やパフォーマンスまで、世界中の音楽をごちゃまぜに街中で演奏して、普段聴かない音楽に触れてもらおうっていうイベントなんだ。
県庁前だけじゃなくて、関内や日本大通り周辺の12会場同時に開催しているんだよ。
せっかくだから見ていってよ。

カリブの島国で生まれたスティールパン
(↑カリブの島国で生まれたスティールパンっていう楽器だよ。)

アフリカの楽器
(↑普段聴く機会のないアフリカの楽器が登場したり。)

お坊さんの真言聲明
(↑本物のお坊さんが、真言聲明っていう仏教の音楽を聴かせてくれたりするよ。)

かにゃお
12会場もあると、長谷川さん1人だけで企画するの大変でしょ。
ぼくだったら、ぜんぶ秘書にまかせて逃げちゃうな~。

長谷川さん
大丈夫。
会場ごとにARCSHIPのボランティアメンバーがチームをつくって、約1年かけて企画から当日の運営まで担当しているんだよ。

かにゃお
ボランティアのメンバーが企画からやってるの?

長谷川さん
そうだよ。
40人くらいのメンバーが、プロからアマチュアまでどんな人をステージに呼ぶのかというところからチームで話し合っているよ。

かにゃお
企画からできるってことは、みんな普段から音楽の仕事をしてる人たち?

長谷川さん
趣味で楽器をやるって人はいるけど、みんな音楽以外の仕事をしているサラリーマン主婦インターンの学生さんといった人たちだよ。

かにゃお
普通にサラリーマンやってる人たちに任せちゃっていいの?

長谷川さん
それぞれの会場では、これまで何十回もARCSHIPの音楽イベントに参加してきたベテランの人がリーダーになって、企画からしっかり参加しているから大丈夫。

かにゃお
ARCSHIPって、そんなにたくさんイベントを開いてるの?

長谷川さん
バンドをやっている大人のためのライブイベントおとバンみたいに私たちが主催するものから、横濱ジャズプロムナードみたいに協働で開催するものまで、いろいろな場所で大小合わせて年間30~40回くらい開催しているよ。
ホッチポッチ以外でも、ボランティアのみんなには現場の運営とか活躍してもらっているよ。

ミーティングの様子
(↑ミーティングもみんなが話しやすいように工夫してるよ。)

かにゃお
長谷川さんは、どうしてARCSHIPで音楽イベントをやってるの?

長谷川さん
ぼくはもともと楽器店で働きながら、プロのミュージシャンになろうと思っていたんですよ。
楽器店で働いていると、月曜から金曜までは別の仕事をしていて土日にバンドをやっている社会人に会ったりするんですけど、そういう人たちって、本当に楽しそうに演奏するんですよ。
でも社会人バンドの人たちって、なかなかライブする機会がないんですね。
それで、社会人バンドが集まるイベントがあったらいいなと思って、仲間と音楽イベントを開催するようになったんです。

かにゃお
そうやって活動がスタートしたんだね。
それで、プロの方はどうなったの?

長谷川さん
かにゃおはプロの音楽家ってどんな人をイメージする?

かにゃお
うーん。
テレビに出たり、武道館でライブしたりとか、あとは泊まったホテルの窓からテレビ投げちゃうかんじ?

長谷川さん
きっと、ほとんどの人がそういうイメージを持っているよね。
でも、それはほんの一部の人なんだよ。
例えば、CMの曲をつくる人や楽器を教える先生も音楽に係わるプロだよね。

かにゃお
なるほど。たしかに。
ということは、音楽のイベントをつくる長谷川さんも音楽のプロだね。

長谷川さんと記念写真
(↑代表の長谷川さんとぼく。)

長谷川さん
そういうこと。
それに音楽のプロにもいろんな形があるくらいだから、音楽の関わり方もいろいろあっていいと思うんだ。
だから、アマチュアで音楽をやる人たちも演奏できる機会を作っていきたいと思うし、ARCSHIPのボランティアに参加すれば、音楽でハッピーな場をつくることができるんだよ。
ふだんは音楽と関係ない仕事をしていても、週末はミュージシャンとして演奏したり、スタッフとして参加したり、みんなが音楽に関われるライフスタイルが提案できたらいいよね。

かにゃお
すてきな演奏を聴く機会が増えれば、お客さんもハッピーになれるね。

長谷川さん
そうやって、音楽でみんながハッピーになってくれたらうれしいよね。

かにゃお
なるほど~。
ところでさ、ぼくもそろそろテーマ曲がほしいんだよね。
そうごんでポップでキャッチーでかっこいいやつ。
長谷川さん、作曲してみない?

長谷川さん
やめとく。

かにゃお
・・

『音楽でみんなハッピー いいにゃ!』―――――――――――――――――
NPO法人ARCSHIP:http://www.arcship.jp/

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019