市民レポーター事業

掲載日:2018年7月4日

市民レポーターとは

多くの方にNPOへの理解を深めていただくことを目指し、NPOの活動を取材して記事を作成し、このHPやNPO情報サイトかなチャリで発信する公募で選ばれたレポーターです。市民レポーターには、取材方法等の研修を受けていただきます。
市民レポーターは、県内をさんぽしてNPOの活動など「いいこと」を発信する「かにゃお」も認めた「かにゃお認定レポーター(かにゃレポ)」とも呼ばれています。

かにゃお

かにゃおからのメッセージ

「ぼくといっしょにNPOの情報を発信するにゃ!」

 

2018年度の市民レポーターを募集します! ※募集は終了しました

「NPOの活動現場を見てみたい、代表者の話を聞いてみたい」「NPOの活動状況などの情報を発信してみたい」といった意欲のある方の応募をぜひお待ちしています。

活動内容

NPOを取材し、記事の作成や情報発信を行っていただきます。

募集人員

10名程度

募集期間

平成30年6月1日から6月29日(必着)

応募方法

必要事項を以下のメールアドレスに送信、又はチラシの応募用紙に記入して、ファクシミリ、郵送又は持参により提出してください。
市民レポーターチラシ[PDFファイル/455KB]
電子メール:kyodo0223@pref.kanagawa.jp
必要事項:1.氏名(ふりがな) 2.生年月(西暦) 3.〒住所 4.電話番号 5.勤務先/在学先の名称
6.連絡がとれるメールアドレス 7.日常的に使用しているSNS(Facebook・Twitter・インスタグラム・その他記入)
8.興味がある活動の分野 9.応募理由(150字以内) 10.あなたが持つNPOについてのイメージ(150字以内) 

提出先 神奈川県政策局NPO協働推進課NPO支援グループ
〒231-8588 横浜市中区日本大通1(本庁舎5階)
FAX 045-210-8835 

応募資格

(1)高校生以上で県内在住・在勤・在学の方
(2)事前の研修(7月・8月予定)とサポート研修(11月~1月予定)
(3)写真撮影が可能なデジタルカメラ、スマートフォン等を所有していること
(4)日常的にSNSを使用していること
(5)Facebookのアカウントを持っていること(レポーター活動中は、Facebookグループで情報のやり取りを行います。研修開始までにFacebookアカウントを取得する方を含みます。)
(6)記事をWordで作成できること
(7)添付ファイルなどを送付できるパソコンの「自分専用のメールアドレス」を持っていること

選考方法

応募用紙に記載の内容により選考します。
応募者全員に郵送により採用の可否を通知します。

活動条件

研修会(7月・8月予定)・サポート研修(11月~1月予定)を行いますので、必ず参加してください。
活動期間は、平成31年3月末日までとします。
活動期間中に取材して記事を作成した場合、交通費程度の謝金(2千円)を支給します。

注意事項

作成していただいた記事や提供していただいた写真・動画はお返しできません。
作成していただいた記事は、編集や校正をした上で、HPに掲載します。
HPに掲載された記事等の著作権は県に帰属しますが、各自が二次利用もできます。
未成年の方は保護者の承諾書を提出していただきます。
レポーターの活動にあたっては、ボランティア活動保険に加入していただきます(350円徴収)。

説明会・研修

多くの応募の中から市民レポーターとして選考させていただいた皆さんを対象に、7月~8月頃に研修会を開催します。NPOについての基本的な情報、インタビューの仕方や記事の作成方法等について、研修を実施します。研修中から市民レポーターとしての活動がスタートします。
さらに、活動いただいている間に、市民レポーターが取材時や記事の作成における課題を共有したり、解決する研修も行います。 

市民レポーターの記事を掲載しています!

市民レポーターがNPOを取材して、作成した記事は、かなチャリに掲載していきます。
このページからもリンクしていますので、どうぞご覧ください。
<2017年度>

写真ランチ一食分500円から始める途上国支援 -NPO法人地球の木-

写真日本は「思いやり後進国」?途上国との学びあいで平和を築く -認定NPO法人地球市民ACTかながわ/TPAK-

写真相談できる大人が身近にいる/学校図書館にある『ぴっかりカフェ』は生徒と社会の架け橋に -NPO法人パノラマ-

写真横浜市の原風景『谷戸』を活かし、人の心を育て次世代につなげる -認定NPO法人舞岡・やとひと未来-

写真「あったら、いいな」を地域の「いいね!」に -NPO法人ぐらす・かわさき-


写真地域のニーズに応える福祉のカタチ -認定NPO法人ぐるーぷ藤-

写真次世代を担う子どもたちが幸せに暮らす未来のために~青葉区から発信するエコロジー
-NPO法人森ノオト-


写真横浜に残る谷戸「瀬上沢」を次世代へつなぐために。-認定NPO法人ホタルのふるさと瀬上沢基金-

写真子どもも大人も一緒に ソーシャルインクルーシブなまちづくり -NPO法人ミニシティ・プラス-

写真子どもから高齢者まで、地域みんなのもう1つのおうち -NPO法人びーのびーの-

写真「地域に関わる人のネットワークをつくる」-NPO法人アクションポート横浜-

活動の写真ミューズの神様に捧げるアンサンブルを楽しもう! -NPO法人湘南フィルハーモニー管弦楽団-

来島者へのレクチャー活動人間の影響を取りのぞいて”海本来の回復力”をサポート -認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャー-

 

<2016年度>

国連WFP協会

 

世界の飢餓解消を目指し、支援の輪を広げる -認定NPO法人国際連合世界食糧計画WFP協会-

地球学校みんな違ってみんないい、漢字王決定戦から見る子どもたちの世界 -認定NPO法人地球学校-

小田原なぎさ会周囲と自身の意識や視点に改革を!障害があっても社会の大切な一員であること -認定NPO法人小田原なぎさ会-

さくら茶屋にししばマイ・ホーム・タウンと呼べる街づくり -NPO法人さくら茶屋にししば-

若葉台「コミュニティ」がもたらす安心、若葉台を心豊かに生活できるまちへ -認定NPO法人若葉台-

小笠原流・小笠原教場次の世代に、800年の伝統を。 -特例認定NPO法人小笠原流・小笠原教場-

らいぶらいぶ人と本をつなぐ -認定NPO法人らいぶらいぶ-

黄金町エリアマネジメントセンターアートを軸に人がつながり、住みやすい街を -認定NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター-

スマイルオブキッズ病と闘う子どもとその家族に「愛情」を届けるアプローチ -認定NPO法人スマイルオブキッズ-

こらぼネット神奈川地域に輪をもたらす施設 -NPO法人こらぼねっと神奈川-

アクト川崎未来のためにまずは私から知る・始めるエコ活動 -認定NPO法人アクト川崎-

スペシャルオリンピックス日本・神奈川「勝つ」ことよりも大切なこと -認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本・神奈川-

ワーカーズ・コレクティブ ケアびーくる「送迎だけじゃない」移動介助サービスを -NPO法人ワーカーズ・コレクティブ ケアびーくる-

アンガージュマン写真商店街の本屋で不登校支援・NPO法人 アンガージュマン・よこすか

スローライフ障がい者が地域社会の一員として社会参加できる環境促進を!・NPO法人スローライフ障害者地域活動支援センター

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。