NPOへの参加や応援の方法

掲載日:2021年11月29日

ここでは、ボランティアなど社会貢献活動に関心がある方向けに、NPO活動への参加や応援の方法について、掲載しています。

イベントに出てみる ボランティアをしてみる 会員になってみる 寄附をしてみる

 イベントに出てみる

社会の役に立つことをしたいけれど何から始めたらいいかわからないという場合にお勧めなのは、なんとなく興味がある分野のイベントに出てみるという方法です。
例えば、難病の子ども達を支援するチャリティコンサートや国際交流のフェスティバル、里山保全のガイドツアーなど、NPOが自分達の活動を理解してもらいたいと考えて開催するイベントがたくさんあります。
イベントへの参加は、その団体が解決しようとしている社会課題や、団体の活動内容を知るのにとてもよい方法ですし、何よりも手軽で、気楽です。また、興味・関心がある分野を見極める機会にもなりますから、何からはじめたらよいかわからないという場合は、ここから始めてみるのがよいかもしれません。

 ボランティアをしてみる

自分の興味ある分野がはっきりしている場合や、とにかく何か動き出したいという場合は、ボランティアをしてみてはいかがでしょうか。
ボランティアは、単発のボランティアから、定期的に関わるボランティア、企画から事業実施まで深く関わるボランティアなど、その団体により様々です。ボランティアだからといって、すべて無償というわけではなく、団体によっては、交通費が支給される場合や決められた金額が支給される場合もあります。
団体により形態も待遇も様々です。まずは興味のある団体を探し、ホームページをのぞいてみてください。行動することで、きっと何かの発見があることでしょう。

 会員になってみる

NPOに関わる方法として、さらに会員になってみるという方法があります。会員は通常、大きく分けると正会員と賛助会員の2種類があります。
賛助会員は、ニュースレターなどの広報誌が届いたり、一定のサービスを受けたりすることができますが、議決権はないのが特徴です。
それに対し、正会員は賛助会員より会費は高いですが、総会での議決権があるなど、その団体の運営に参画ができるのが特徴です。
このほか、団体によっては、利用会員やファミリー会員などニーズに合わせた会員を設定している場合もありますので、団体のホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか。

 寄附をしてみる

会員として活動したり、ボランティアをする時間はないけれども、NPO活動を応援したいという方にぴったりなのは、寄附という方法です。詳しくは、「NPOへの寄附」のページをご覧ください。

「NPOへの寄附」のページにリンク