第50回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会審議結果

掲載日:2018年6月21日

次の審議会等を下記のとおり開催した。

審議会等名称 第50回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会
開催日時 平成30年4月10日(火曜日)  16時から18時
開催場所 かながわ県民センター 12階 第一会議室
出席者

(五十音順)◎は会長、○は職務代理者

 荒井 枝美  東京地方税理士会(鎌倉支部) 税理士

○粉川 一郎    武蔵大学社会学部 教授
 鈴木 野枝  神奈川県弁護士会 弁護士

 関口 宏聡  特定非営利活動法人 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 代表理事

◎田中 敬文  東京学芸大学 教育学部 准教授

 鶴見 和雄  公益財団法人 公益法人協会 常務理事・事務局長 

 林  大介  東洋大学社会学部 非常勤講師

 水澤 弘子  特定非営利活動法人 さがみはら市民会議 理事 

次回開催予定日 平成30年6月5日(火曜日)
問い合わせ先

政策局政策部NPO協働推進課横浜駐在事務所、担当者名 天利、黒木
電話番号 045-312-1121内線2866
ファックス番号 045-312-1166
フォームメール(以下をクリックすると、問い合わせフォームがご利用いただけます。)
政策局 政策部 NPO協働推進課のページ

下欄に記載するもの

議事録全文(公開部分)

議事録要約(非公開部分)

資料1(PDF:178KB)

資料2(PDF:212KB)

資料3(PDF:223KB)

答申書(PDF:440KB)

(要約した理由)
神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、会議を非公開としたため
会議の議題
及び結果

【審議の概要】

(1)審査会の運営等

審査会の審議の方法等について、事務局から説明を行った後、審議を行った。
(2)審議対象案件
 諮問された審議対象案件8件(うち更新案件5件)について、事務局から説明を行い、7件について答申を決定した。
 なお、この議題については、個別の法人に関するものであり、神奈川県情報公開条例第5条各号に該当する事項について審議を行う場合等に該当することから、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、合議の上、会議を非公開とした。

(答申に係る法人名)

 ・特定非営利活動法人小田原市障害者福祉協議会(更新相当)

 ・特定非営利活動法人WE21ジャパンかながわ(更新相当)

 ・特定非営利活動法人WE21ジャパンひらつか(更新相当)

 ・特定非営利活動法人NPOサポートちがさき (更新相当)

 ・特定非営利活動法人NPOサポートちがさき (基準適合)

 ・特定非営利活動法人アクト川崎 (更新相当)

 ・特定非営利活動法人アクト川崎 (基準適合)

 ※ 諮問案件1件 特定非営利活動法人やさしくなろうよ については継続審議とすることを決定した。

(3)次回審査会の開催、運営等について

  次回審査会について、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、非公開とすることを決定した。

【議事録(会議公開部分)】
第50回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会 議事録

開催日時 平成30年4月10日(火曜日) 16時00分から18時00分
開催場所 かながわ県民センター 12階 第一会議室
出席者 田中会長、粉川職務代理者、荒井委員、鈴木委員、関口委員、

    鶴見委員、林委員、水澤委員

会議の議題及び結果(結果概要)

1 開会
2 委員紹介
 ・ 各委員から自己紹介をいただいた。
3 会長及び職務代理者の選出
 ・ 会長に田中委員、職務代理者に粉川委員が選出された。
4 諮問
 ・ 知事からの諮問書を会長に手渡した。
5 議事等
 ・ 審査会の運営等、審議等を行った。

 

【発言内容等】

○NPO協働推進課長

 定刻となりましたので、始めさせていただきます。私は、神奈川県NPO協働推進課長の田中と申します。本日は、指定特定非営利活動審査会の平成30年度に入りまして第1回目ということでございますので、会長が選出されるまでの間、私が進行を務めさせていただきます。

 まずはじめに、今期委員に就任される委員の皆様に委嘱状の交付を行いまして、中谷政策部長よりご挨拶をいたします。

○中谷政策部長

 委嘱状交付及び挨拶

○NPO協働推進課長

 審査会の開会前にあたり、この「神奈川県指定特定非営利活動審査会」の公開につきまして、確認をさせていただきます。はじめに、本審査会は、知事の附属機関として条例により設置させていただいております。附属機関の会議は、神奈川県情報公開条例により、適用除外とされております事項以外については、原則公開することとされています。会長選出の後、あらためて公開等について、ご協議いただきますけれども、それまでの間は公開とさせていただきます。当審査会の議事につきましては、全内容を記録した後、結果速報及び会議結果を作成し、県のホームページなどに公開させていただきます。また、今後、記録のため録音させていただきますので、ご了承いただきたいと存じます。

 

1 開会

○NPO協働推進課長

 それでは、ただいまから「第50回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会」を開会いたします。本日の審査会は委員8名全員がお揃いです。会は成立するものとして開催させていただきます。

 

2 委員紹介 

○NPO協働推進課長

 改めて委員のお名前をご紹介しますので、簡単に自己紹介をお願いします。

○荒井委員 

 みなさんこんにちは。税理士の荒井です。私は、日々、NPO法人をはじめとする非営利法人の会計などを見聞きしておりますことから、これらの知見を活かしてまして審議したいと思います。

 みなさまもご存知のように、NPO会計基準が昨年度末に改正されましたが、それら会計基準がNPO法人によってどのように運用されているのかといったところも、この審査会では確認していきたいと思っております。みなさまよろしくお願いいたします。

○粉川委員

 ご紹介いただきました武蔵大学教授粉川です。NPO関係のことを専門に研究させていただいておりまして、特に、評価の部分が関心どころです。

 最近でいいますと、社会的インパクト評価などが流行しているところですが、そのような評価に関する部分を研究対象とさせていただいております。この場は非常に適合的な場でございますので、有意義に参加させていただいております。よろしくお願いします。

○鈴木委員

 弁護士の鈴木です。弁護士として、どういう立場にたって物事をいうのかはなかなか難しいところであるのですが、法人として所属している方々の立場や、寄附する側の立場の両方を考えて、ご意見させていただければと思っております。よろしくお願いいたします。

○関口委員

 関口です。唯一残った検討委員会からの委員として、歴史を伝えていければと思っておりますので、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

○田中委員

 田中です。私自身の専門は公共経済学で、NPOという非営利組織の存在意義を経済学的に見るということを専門的に研究しております。そういう意味では、学問的な立場から様々なNPO法人の審査に携わらせていただき、私自身も勉強させていただいております。

 また、それぞれのご専門の委員の方々からご意見を拝聴し、さらなる学問、学識を研鑽させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

○鶴見委員

 鶴見でございます。私自身、公益法人、公益財団法人に17年ほど勤めておりまして、現場の仕事、主に国際援助の仕事に従事しておりました。今は、公益法人協会という中間組織で公益法人が成長するための支援という場でやらさせていただいております。

 ちょうど、公益法人は新制度になりまして10年。NPO法人制度も制度ができて20年と、非常に今年はエポックメイキングな年でございます。したがって、そういう意味でも、両方の制度が順調に成長していくように審議するというのが、この委員会の一つの務めだと思いますので、いろいろと勉強しながらやっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

○林委員

 みなさま、はじめまして林です。よろしくお願いします。前任の委員をされていた須田先生からのご推薦ということで、今回務めさせていただきます。

 私の専門は、学生時代から長く子供の社会参加にかかわり、それを通じて市民参加というものをやってきております。今回、こうした形で審査会の委員として係わらさせていただきますので、改めて、この法人制度を学びつつ、これからの在り方などを、審査の中で、いろいろと発言させていただければと思っております。よろしくお願いいたします。

○水澤委員

 水澤です。特定非営利活動法人さがみはら市民会議の理事を務めさせていただき、相模原市と協働で運営している相模原市民活動サポートセンターの総括責任者を務めさせていただいております。相模原市サポートセンターに務めて、今年で17年となります。その間、市民活動と団体の支援ということで、日々活動してまいりました。

 この審査会で、どのようにお役にたてるのかということを考えたときに、やはり団体の立場に立って、なにか意見が述べられればいいなと思っております。また、各委員の活動などを聞きとても勉強させていただいております。今後ともまた、よろしくお願いいたします。

 

3 会長、会長職務代理者の選出

○NPO協働推進課長

 続きまして、当委員会の会長及び職務代理者を選出していただきます。お手元にお配りした資料に神奈川県指定特定非営利活動法人審査会規則がございます。規則の第4条第1項によりまして、会長は委員の互選により定めることとされております。どなたかご推薦はございますでしょうか。

○関口委員

 前年度に引き続き、田中先生が適任だと思います。

○NPO協働推進課長

 ほかにご推薦はございますでしょうか。

<異議なし>

○NPO協働推進課長

 それでは、ご異議が無いようでございますので、田中委員に会長にご就任いただくこととしてよろしいでしょうか。

○田中会長

 謹んでお受けいたします。

○NPO協働推進課長

 それでは、会長席へご移動いただき、ご挨拶いただけますでしょうか。

○田中会長

 田中です。前年度に引き続き会長をやらさせていただきます。よろしくお願いします。

○NPO協働推進課長

 ありがとうございました。続きまして、職務代理者の選任を行いたいと思います。審査会規則第4条第3項においては、職務代理者は委員のうちから会長が指名するとなっておりますので、会長に職務代理者1名ということで、ご指名いただけますでしょうか。

○田中会長

 もしよければ、粉川委員に、よろしくお願いしたいと思っているのですが、いかがでしょうか。

<異議なし>

○粉川委員

 よろしくお願いします。

○NPO協働推進課長

 それでは、ここからの議事につきましては、議長である会長に進行をお願いしたいいたします。

 

5 議事等

○田中会長

 早速でございますが、審議対象案件について協議をしたいと思います。会議は原則公開ですが、個別案件等に関する審議等は、会長が会議に諮った上で非公開とすることとなっております。これからは個別案件に関する審議に入りますので、ここからの会議の内容については、非公開としてよろしいでしょうか。

〈異議なし〉

○田中会長

それでは、以降は非公開とさせていただきます。

※以降、個別の審議対象案件のため、非公開。

   

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。