第25回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会審議結果

掲載日:2017年11月24日

次の審議会等を下記のとおり開催した。

審議会等名称第25回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会
開催日時平成27年4月6日(月曜日)  10時から12時
開催場所かながわ県民センター 12階 第一会議室
出席者

(五十音順)◎は会長、○は職務代理者

 荒井 枝美  東京地方税理士会(鎌倉支部) 税理士
金沢 俊弘  公益法人協会 専務理事・事務局長
鈴木 野枝   横浜弁護士会 弁護士
関口 宏聡  特定非営利活動法人 シーズ・市民活動を支える
  制度をつくる会 常務理事

◎  田中  敬文   東京学芸大学 教育学部 准教授

○  萩原 なつ子  立教大学社会学部 教授

  水澤 弘子  特定非営利活動法人 さがみはら市民会議 理事
○  目加田説子     中央大学総合政策学部 教授

次回開催予定日平成26年5月11日(月曜日)
問い合わせ先

県民局くらし県民部NPO協働推進課NPO法人グループ、担当者名 井出、中川
電話番号 045-312-1121内線2865
ファックス番号 045-312-1166
フォームメール(以下をクリックすると、問い合わせフォームがご利用いただけます。)
県民局 くらし県民部 NPO協働推進課のページ

下欄に記載するもの

議事録全文(公開部分)、議事録要約(非公開部分)資料1 [PDFファイル/6KB]資料2 [PDFファイル/6KB]

(要約した理由)
神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、会議を非公開としたため
会議の議題
及び結果

【審議の概要】

(1)審査会の運営等

審査会の審議の方法等について、事務局から説明を行った後、審議を行った。
(2)審議対象案件
  諮問された審議対象案件1件について、事務局から説明を行った後、審議を行った。
  なお、この議題については、個別の法人に関するものであり、神奈川県情報公開条例第5条各号に該当する事項について審議を行う場合等に該当することから、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、合議の上、会議を非公開とした。

(3)次回審査会の開催、運営等について

  次回審査会について、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、非公開とすることを決定した。

【議事録(会議公開部分)】
第25回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会 議事録

開催日時 平成27年4月6日(月曜日) 10:00 から12:00
開催場所 かながわ県民センター 12階 第一会議室
出席者 田中会長、萩原職務代理者、目加田職務代理者、荒井委員、金沢委員、鈴木委員、関口委員、水澤委員

会議の議題及び結果(結果概要)

1 開会
2 委員紹介
○ 各委員から自己紹介をいただいた。
3 会長及び職務代理者の選出
○ 会長に田中委員、職務代理者に萩原委員と目加田委員が選出された。
4 諮問
○ 知事からの諮問書を会長に手渡した。
5 議事等
○ 審査会の運営等、審議等を行った。

【発言内容等】

○NPO協働推進課長

本日は、平成27年度に入りまして、第1回目の審査会ですが、委員の皆さまには、お忙しい中、お集まりいただきまして感謝申し上げます。さて、この審査会の会長として、平成24年度から3年間お務め頂いた跡田委員ですが、平成26年度限りで委員をお辞めになりましたので、会長が選出されるまでの間、私が代わりに進行を務めさせていただきます。審査会開会前に当たり、この「神奈川県指定特定非営利活動審査会」の公開につきまして、確認をさせていただきます。本審査会は、知事の附属機関として、条例により設置させていただいております。附属機関の会議は、神奈川県情報公開条例により、適用除外とされております事項以外については原則公開することとされております。会長を選出の後、あらためて公開等について、ご協議いただきますが、それまでの間、まずは公開としてよろしいでしょうか。

〈異議なし〉 

○NPO協働推進課長

異議がないということですので、しばらくの間、公開とさせていただきます。なお、公開としましたので、会議の議事録は、全内容を記録した後、結果速報及び会議結果を作成し、県のホームページなどにて公開いたします。  

1 開会

○NPO協働推進課長

それでは、ただいまから「第25回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会」を開会させていただきます。はじめに、本日の出席委員は8名、全員ご出席いただいております。委員の過半数の出席が得られておりますことから、この会議の開催が成立するものとさせていただきます。

2 委員紹介 

○NPO協働推進課長

それでは、2名の委員が交代されましたので、自己紹介をいただければと思います。田中先生のほうからお願いいたします。

○田中委員

皆様はじめまして、東京学芸大学の田中敬文と申します。どうぞよろしくお願いいたします。初めて担当させていただきます。私の専門は、公共政策、公共経済学でございまして、特に広い意味での非営利法人全般について、世の中にどうして必要かという存在理由にずっと関心を持っておりました。NPO・NGOというのは、社会を見るいわゆる切り口に過ぎないと思います。NPO・NGOの活動を充実させることが、社会の矛盾に気づいて、それを改善できるということが、少しずつ分かってきました。これからも先生方とともに勉強させていただきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

○荒井委員

はじめまして、税理士の荒井と申します。私は、神奈川県または山梨県に事務所を置く税理士が登録する東京地方税理士会に所属しております。税理士になる前から、市民活動やNPOに興味がありました。これは、自分が直接的に活動に関わるというのでなく、市民の様々な思いを行政に伝えていく、その伝え方に関心があったということです。税理士になってからは、税理士による公益活動サポートセンターというNPOの中間支援組織に所属して色々な活動をしております。この活動を通してNPO法人の関与先も増え、会計や税務の書類を作るだけでなく、多くの相談に応じるようになりました。これからは審査会というまったく違った立場になりますが、ここで経験することを市民やNPO法人に還元していけたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

○NPO協働推進課長

ありがとうございます。ほかの委員につきましては、今年度も引き続き審査のほうをお願いしたいと思います。新しい委員も入られましたので、恐れ入りますが金沢委員のほうから簡単に自己紹介をお願いいたします。

○金沢委員

金沢と申します。よろしくお願いします。公益法人協会というところに所属しております。出身は企業ですけれども、そちらの面からも非営利組織の活動を見られたらと思って参加させていただきます。よろしくお願いします。

○鈴木委員

弁護士の鈴木です。今年で19年目になります。会の仕事がありまして、あまり自分自身が直接NPOの現場で仕事をするということがなくなってきたのですが、なりたての頃は、本当に先端というか、下端の士として関わらせていただいたのを、懐かしく思い出します。一番若輩者で分からないことだらけですけれども、勉強させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

○関口委員

NPO法人のシーズ・市民活動を支える制度をつくる会で常務理事をしております関口宏聡と申します。この指定制度の検討委員会の時代からやらせていただいているのですけれども、いよいよその時代からの代も私だけになってしまいまして、そろそろ私も考えなきゃなと思っておりますが。実は私は学芸大でしたので、田中先生には授業を勉強させていただいて、こんなところでお会いするとは、本当に色々とご縁を感じてしまいます。NPO法人の法制度とか税制とかに関する提言活動などをしている団体です。よろしくお願いします。

○萩原委員

立教大学の萩原と申します。NPOのほうでは、日本NPOセンターの副代表理事を務めております。神奈川県や、神奈川県のNPO法人とは非常に古くからのつながりがあります。他にも水源環境保全・再生かながわ県民会議委員等、色々やっております。どうぞよろしくお願いいたします。

○水澤委員

特定非営利活動法人さがみはら市民会議で理事をしております。私どもは、相模原市の市民活動サポートセンターを管理・運営している団体でありまして、私はセンター長を仰せつかっております。審査会には平成24年度から関わらせていただいているのですが、本当に私でいいのだろうかという思いを、毎回持ちながら参加させていただいております。ただこの中では、おそらく市民活動をしている団体さんに一番近い立場にいるのではないかと思います。ですから、色々なご意見を団体さんの立場に立って考えられればいいかなと、そんな姿勢で関わらせていただけたらと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

○目加田委員

中央大学の目加田と申します。専門は国際公共政策でして、この審査会で審議しているようなローカルなNPOの活動経験はないのですが、私自身ずっとNGO活動にこの10年程関わっておりまして、実際に日本の中で様々なアドボカシーですとか経験させていただいておりまして、そういった視点から何か貢献できればと思っております。私も平成24年度から参加させていただいております。審査の対象として、当初は国際NGOなどもありましたが、最近は少なくなって残念に思っております。そういったNGOなども審査の対象になってくればいいなと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

○NPO協働推進課長

続きまして、本日出席している事務局側の職員を紹介します。先ほどご挨拶申し上げました、くらし県民部長の坂井でございます。

○くらし県民部長

坂井でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

3 会長、会長職務代理者の選出

○NPO協働推進課長

当委員会の会長及び職務代理者を選出していただきます。お手元にお配りした資料に神奈川県指定特定非営利活動法人審査会規則というものがございます。規則の第4条第1項によりまして、会長は委員の互選により定めることとされております。どなたか推薦はございますでしょうか。

○目加田委員

僭越ながら、会長選出に当たりまして、一言発言させていただきたいのですけれど、今回初めて審査会の委員になられた田中敬文先生に、ぜひ会長をお願いできればと思ってご推薦申し上げます。先ほど、関口委員は、学生の頃に田中先生からお教え頂いたとのことでしたが、私も20年以上、いろいろな形で教えを請うておりまして、田中先生は日本NPO学会の副会長を何期にも渡って続けられ、現在も監事をなさっておられます。NPOに非常に精通しておられる第一人者といっても過言ではないと思います。本日お手元に、NPO・NGOデータブックが配布されておりますが、長年NPO学会の会長を務められた山内先生と共に、会長・副会長というお立場でNPOの発展に寄与されてきた方ですので、今回初めて審査会の委員になられましたが、会長にふさわしい方なのではないかと思いますので、ぜひご推薦申し上げたいと思います。

○NPO協働推進課長

ほかにご推薦はありますでしょうか。

〈異議なし〉

○NPO協働推進課長

異議がないようでございますので、それでは、田中委員に会長にご就任いただくこととしてよいでしょうか。

〈異議なし〉

○NPO協働推進課長

異義がないようですので、田中委員に会長をお引き受け願いたいと思います。田中委員、先ほどご新任の委員ということでご挨拶いただきましたけれども、よろしければ、会長ということで再度簡単にご挨拶いただけますでしょうか。

○田中会長

改めまして、田中敬文と申します。どうぞよろしくお願いいたします。先生方のお力を借りながら、職務に邁進させていただきたいと思います。 先ほど簡単に自己紹介させていただきましたが、NPO・NGOを知るということは、社会の矛盾、改善すべき点を知るための切り口だと申し上げさせていただきました。ですからNPOは、自治体とか企業では十分に果たせないことを果たすのが存在意義ではないかと思います。先生方のお手元に、大変恐縮ですが、私どもの学会の案内とNPO・NGOデータブックを配布させていただきました。これは実は大学院生の授業を中心としてまとめさせていただいたものですので、ご専門の先生方からしますと、結構あやしい点や間違いも多々あるかと思いますが、ご指導いただければと思っております。こういったものを実は毎年、編集させていただいております。そのほかにも、『NPO・NGO事典』等がありますので、もしご希望のものがありましたらおっしゃっていただければと思います。会長として、皆様方と一緒にお仕事をさせていただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

○NPO協働推進課長

ありがとうございます。続きまして、規則第4条第3項に基づき、会長には職務代理者を指名していただきます。まず、職務代理者の人数でございますが、昨年度は2名体制とさせていただいております。今年度も2名ということでよろしいでしょうか。

〈異議なし〉

○NPO協働推進課長

異義がないようですので、規則によりまして、職務代理者は「委員のうちから会長があらかじめ指名する者」とされておりますので、会長よりご指名をお願いいたします。

○田中会長

目加田委員と萩原委員にお願いしたいと思っておりますが、いかがでございましょう。

○NPO協働推進課長

ただいま、田中会長のほうからご指名がありましたので、職務代理者を目加田委員、萩原委員といたしますが、よろしいでしょうか。

〈異議なし〉

4 諮問

○NPO協働推進課長

次に、県指定特定非営利活動法人を審査するに当たりまして、条例に基づきまして、知事から当審査会会長に対しまして、諮問させていただきます。知事を代理しまして、くらし県民部長の坂井から、田中会長に諮問書をお渡しさせていただきます。

○くらし県民部長

神奈川県指定特定非営利活動法人審査会会長 田中敬文殿 神奈川県知事黒岩祐治 地方税法第37条の2第1項第4号の規定により、控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を指定するための規準手続等を定める条例第三条第一項により提出された申出書について、条例第四条第二項の規定により諮問します。

○NPO協働推進課長

それでは、ここからの議事は、議長である会長に進行をお願いいたします。

5 議事等

○田中会長

それでは、よろしいでしょうか。早速でございますが、審議対象案件について協議をしたいと思います。会議は原則公開ですが、個別案件等に関する審議等は、会長が会議に諮った上で非公開とすることとなっております。これからは個別案件に関する審議に入りますので、ここからの会議の内容については、非公開としてよろしいでしょうか。

〈異議なし〉

○田中会長

それでは、以降は非公開とさせていただきます。

※以降、個別の審議対象案件のため、非公開。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa