第17回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会審議結果

掲載日:2017年11月21日

次の審議会等を下記のとおり開催した。

審議会等名称 第17回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会
開催日時 平成26年4月7日(月曜日)13時から15時
開催場所 かながわ県民センター 2階 特別会議室
出席者

◎は会長、○は職務代理者

◎跡田直澄(嘉悦大学 教授)

金沢俊弘(公益財団法人公益法人協会 専務理事・事務局長)

鈴木野枝(横浜弁護士会 弁護士)

関口宏聡(特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 常務理事)

○萩原なつ子(立教大学社会学部 教授)

細野由美子(税理士、行政書士)

水澤弘子(特定非営利活動法人 さがみはら市民会議 理事)

○目加田説子(中央大学総合政策学部 教授)

次回開催予定日 平成26年5月9日(金曜日)
問い合わせ先

県民局県民活動部NPO協働推進課NPO法人グループ、担当者名 井出、中川
電話番号 045-312-1121内線2865
ファックス番号 045-312-1166
フォームメール(以下をクリックすると、問い合わせフォームがご利用いただけます。)
県民局 県民活動部 NPO協働推進課のページ

下欄に記載するもの

議事録全文(公開部分)、議事録要約(非公開部分)
資料1[PDFファイル/6KB]資料2[PDFファイル/5KB]資料3[PDFファイル/9KB]

(要約した理由)
神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、会議を非公開としたため
会議の議題
及び結果

【審議の概要】
(1)審査会の運営等
審査会の役割や審議の方法等について、事務局から説明を行った後、審議を行った。
(2)審議対象案件
諮問された審議対象案件2件について、事務局から説明を行った後、審議を行った。
なお、この議題については、個別の法人に関するものであり、神奈川県情報公開条例第5条各号に該当する事項に

ついて審議を行う場合等に該当することから、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に

基づき、合議の上、会議を非公開とした。

(3)次回審査会の開催、運営等について

次回審査会について、神奈川県指定特定非営利活動法人審査会運営要領第7条の規定に基づき、非公開とする

ことを決定した。

【議事録(会議公開部分)】
第17回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会 議事録

開催日時 平成26年4月7日(月曜日) 13時00分から15時00分
開催場所 かながわ県民センター 2階 特別会議室
出席者 跡田会長、萩原職務代理者、目加田職務代理者、金沢委員、鈴木委員、関口委員、細野委員、水澤委員

会議の議題及び結果(結果概要)

1 開会
2 委員紹介
 各委員から自己紹介をいただいた。
3 会長及び職務代理者の選出
 会長に跡田委員、職務代理者に萩原委員と目加田委員が選出された。
4 諮問
 知事からの諮問書を会長に手渡した。
5 議事等
 審査会の運営等、審議等を行った。


【発言内容等】

NPO協働推進課長

改めまして、私は、神奈川県NPO協働推進課長の鈴木と申します。会長が選出されるまでの間、私が進行を務めさせていただきます。審査会開会前に当たり、この「神奈川県指定特定非営利活動審査会」の公開につきまして、確認をさせていただきます。本審査会は、知事の附属機関として、条例により設置させていただいております。附属機関の会議は、神奈川県情報公開条例により、適用除外とされております事項以外については原則公開することとされております。会長を選出の後、あらためて公開等について、ご協議いただきますが、それまでの間、まずは公開としてよろしいでしょうか。

〈異議なし〉

NPO協働推進課長

異議がないということですので、しばらくの間、公開とさせていただきます。なお、公開としましたので、会議の議事録は、全内容を記録した後、結果速報及び会議結果を作成し、県のホームページなどにて公開いたします。また、記録のための録音をさせていただきますので、ご了承ください。

 

1 開会

NPO協働推進課長

それでは、ただいまから「第17回神奈川県指定特定非営利活動法人審査会」を開会させていただきます。はじめに、本日の出席委員は8名、全員ご出席いただいております。委員の過半数の出席が得られておりますことから、この会議の開催が成立するものとさせていただきます。

 

2 委員紹介 

NPO協働推進課長

それでは、この審査会が発足してから第2期目の第1回審査会ということで、委員の皆様を改めて紹介させていただきます。私からお一人ずつお名前をお呼びいたしますので、簡単に自己紹介を1分程度お願いできればと思います。お手元の委員名簿の五十音順にご紹介させていただきます。

まず最初に、嘉悦大学教授であられます、跡田直澄委員でございます。

跡田委員

跡田でございます。審査会としては3年目になりますが、検討委員会からでは5年目に入るところです。よろしくお願いいたします。

NPO協働推進課長

公益財団法人公益法人協会専務理事・事務局長であられます、金沢俊弘委員でございます。

金沢委員

金沢です。よろしくお願いします。バックグラウンドはビールメーカーに36年勤務し、女子大学に3年、そして今、公益法人協会で7年目になります。よろしくお願いします。

NPO協働推進課長

弁護士であられます、鈴木野枝委員でございます。

鈴木委員

弁護士の鈴木です。よろしくお願いします。平成9年に弁護士登録をしましたので、今年で18年目となります。初めてで分からないことばかりだと思いますので、勉強させていただく気持ちで参加させていただきたいと思っております。よろしくお願いします。

NPO協働推進課長

特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会常務理事であられます、関口宏聡委員です。

関口委員

関口です。よろしくお願いします。私も跡田先生と同じで、検討委員会の時から5年になるのですかね。この神奈川県の条例については、全国に先駆けてできたもので、多くの都道府県なり市町村が、神奈川県の制度を参考にして、ヒアリングに来たり視察に来たりということもありました。既に21法人が指定から認定に羽ばたいているということもありますし、私も頑張ってやっていきたいと思いますので、どうぞ、よろしく願いします。

NPO協働推進課長

立教大学社会学部社会学科教授であられます、萩原なつ子委員です。

萩原委員

萩原です。どうぞよろしくお願いいたします。神奈川のNPOとのお付き合いも10年以上になるのでしょうか。色々な所で関わらせて頂いております。社会学科教授となっておりますが、日本NPOセンターの副代表理事としてNPO活動もしております。どうぞよろしくお願いいたします。

NPO協働推進課長

税理士であられます、細野由美子委員です。

細野委員

税理士の細野です。2期目になりますけれど、過去2年間、色々資料を見させていただく中で、ポイントとなる事が段々まとめられてきて、少しずつ慣れたかなというふうに感じております。これからも、会計を中心になりますがしっかりと見させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

NPO協働推進課長

特定非営利活動法人さがみはら市民会議理事であられます、水澤弘子委員です。

水澤委員

私も2期目ということになります。1期目はあっという間に過ぎてしまったというような感がございますけれど、実際私もNPO法人の理事として動いていることから、活動している団体さんの視点で、審査会に参加していければと思います。今回もよろしくお願いいたします。

NPO協働推進課長

中央大学総合政策学部教授であられます、目加田説子委員です。

目加田委員

中央大学の目加田説子です。どうぞよろしくお願いいたします。今回で2期目ということになりますけれど、まだまだ、慣れないところもありますので、皆さんと一緒に少しずつ勉強しながら審査に携わっていければと考えております。

NPO協働推進課長

続けて、本日出席しております県職員を紹介させていただきます。冒頭の繰り返しとなってしまいますが、くらし県民部長の坂井でございます。

くらし県民部長

坂井でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

3 会長、会長職務代理者の選出

NPO協働推進課長

当委員会の会長及び会長職務代理者を選出していただきたいと思います。お手元にお配りした資料に神奈川県指定特定非営利活動法人審査会規則がございますが、規則第4条第1項により、会長は委員の中で互選いただくと定められております。どなたかご推薦がございましたら、ご発言いただければと思います。

目加田委員

これまで検討会からずっと携わってこられたということで、跡田先生にお願いしてはいかがかと思います。

NPO協働推進課長

他に、ご推薦・ご意見等ありますでしょうか。

関口委員

同意見です。

NPO協働推進課長

それでは、跡田委員に会長に就任していただくこととしてよろしいでしょうか。

〈異議なし〉

NPO協働推進課長

異議がないようですので、跡田委員に会長をお引き受け願いたいと思います。跡田委員、よろしければ、会長としてお一言いただければと思います。

跡田会長

この制度は、地域に根ざした活動をしている団体を、どちらかというとよく知った人たちが指定して、寄附金などを集めやすくしてあげようという趣旨があって作った制度でありまして、この2年、制度としては順調に動いております。ただ、本当に寄付金が集まっているかどうか、そろそろ心配になっているところで、その辺は、県の方でこれから少しずつ調べていっていただきたい。制度は作ったのですけれど、まだ成果がきちっと出ているかどうかが、我々としては把握できていませんので、その辺を更にやっていっていただきたいと思います。我々としては、この制度に従って、よい活動をしている団体をどんどん指定していくということで進めていきたいと思います。ただし、間違った指定をすると我々の責任でもありますので、審査の方は、慎重かつ大胆にやっていきたいと思っております。色々ご意見をいただきながら進めていきたいと思います。また、今年度からは、新たに萩原委員と鈴木委員がお入りになって新しい体制でやっていくということですので、これまで以上に激しい議論もあるのではないかということで、よろしくお願いいたします。

NPO協働推進課長

続きまして、規則第4条第3項に基づきまして、職務代理者を会長に指名していただきたいと思います。職務代理者でございますが、昨年度1名をお願いしておりましたけれども、万全を期すために、今期から2名を職務代理者というかたちにさせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。

〈異議なし〉

○NPO協働推進課長

それでは、規則におきまして、職務代理者は「委員のうちから会長があらかじめ指名する者」とされておりますので、会長よりご指名をお願いします。

跡田会長

目加田委員と萩原委員に職務代理者をお願いしたいと思いますのでよろしくお願いします。

NPO協働推進課長

ただいま、跡田会長からご指名がありましたので、職務代理者を、目加田委員、萩原委員としたいと思いますが、よろしいでしょうか。

〈異議なし〉

NPO協働推進課長

それでは、おそれ入りますが、跡田会長は席を会長席の方にお移りください。

 

4 諮問

NPO協働推進課長

次に、県指定特定非営利活動法人を審査するに当たりまして、条例に基づき当審査会会長に対して、諮問をさせていただきます。

くらし県民部長

神奈川県指定特定非営利活動法人審査会会長跡田直澄殿 神奈川県知事黒岩祐治、地方税法第37条の2第1項第4号の規定により控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を指定するための基準、手続等を定める条例第3条第1項により別紙の法人から提出された申出書について、条例第4条第2項の規定に基づき、諮問します。どうぞよろしくお願い致します。

NPO協働推進課長

それでは、この後の議事につきましては、議長である会長に進行をお願いいたします。

 

5 議事等

跡田会長

最初に、この審査会の運営等について、協議をさせていただきます。事務局から説明をお願いいたします。

〈資料2・3に基づき、事務局が説明〉

跡田会長

基本的には昨年度までと同様の方法で進めるということですが、新しく入られた先生方もいらっしゃるので、改めてご説明いたしますと、基本的に1つの団体について2回に渡って審査会で審議をしたうえで判定をしていく、それを年4回繰り返すということで8回開催するということでございます。何かご質問はありますか。このように進めさせていただくことでよろしゅうございますか。

〈異議なし〉

跡田会長

それでは、その方向で進めさせていただきたいと思います。

跡田会長

続いて、審議対象案件について、協議をしていきたいたいと思います。

先ほどの協議のとおり、これからは個別案件に関する審議に入りますので、ここからの会議の内容については、非公開としていくということでご了解いただきたいと思いますが、よろしいですか。

〈異議なし〉

跡田会長

それでは、ご了解いただきましたので、非公開で進めさせていただきます。

 

以降、個別の審議対象案件のため、非公開。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる