「リスペクトでつながろう」がテーマの新ロゴデザイン決定等、「ともに生きる社会かながわ憲章」の新たなプロジェクトを始動します

掲載日:2019年10月30日
2019年10月30日
記者発表資料

平成28年7月26日に津久井やまゆり園で19名もの尊い命が奪われ、27名の方が負傷するという、大変痛ましい事件が発生しました。県と県議会は、このような事件が二度と繰り返されないよう、同年10月14日に「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定し、普及啓発を続けています。
憲章策定から3年が経過したこの度、県は、さらなる憲章の普及と理念の浸透を図るため、新ロゴデザインの決定をはじめとする新たなプロジェクトを始動します。令和4年までに憲章の認知度50%を達成するため、今後も中長期にわたって様々な施策を展開してまいります。

1新ロゴデザインの決定

若年層を中心とした多くの県民に、憲章の理念である「いのちの大切さ」「その人らしさ」「支え合い」といったメッセージが直感的に伝わるよう、「#リスペクトでつながろう」をコンセプトにプロジェクトを展開します。
憲章及び本プロジェクトに賛同する旗印として、ダイバーシティやインクルージョンといった普遍的な価値観を表す新ロゴデザインを決定しました。

新ロゴ

2取組内容

(1)ポスターを県内各地で掲示します
新ロゴデザインをあしらったポスターを、今後県内各地で掲示します。今後も各企業・団体等へ掲示の協力を呼び掛けていきます。

パターン

 

【掲示場所等(記者発表時点で決定しているもの)】
・神奈川県庁庁舎、各地域県政総合センター等
・県立学校
・ソフトバンクおよびワイモバイル県内店舗
※店舗により実施状況が異なります
・県内イトーヨーカ堂店舗(32店舗)
・東京ガス株式会社県内ショールーム
・小田急電鉄株式会社、神奈川県内一部の駅
(その他企業と連携した取組)
・(株)ファンケルが実施する「ファンケルセミナー」講師のネームプレートに、新ロゴデザインを刷り込みます。

(2)県ホームページやSNSアカウントをリニューアルします
新ロゴデザインを活用して、県ホームページをリニューアルします。こちらのページに今後の展開内容や企業との連携状況などを掲載していきます。
また、共生社会推進課が運用しているSNSアカウント(Twitter、Facebook、Instagram)を、新ロゴデザインを活用してリニューアルします。こちらのアカウントからキャンペーン内容等を随時投稿します。
あわせて、新ロゴデザインのモーションロゴを作成し、県ホームページや県庁デジタルサイネージなどで放映します。
 SNS

(3)かながわ障がい者社会参加サポート事業を開始し、登録施設にステッカーを掲示します
障がい者向けの配慮や割引などの優待サービスを行っている施設等を「かながわ障がい者社会参加サポーター」として登録し、県ホームページに施設のサービス内容やバリアフリーの対応状況を掲載する特設サイトを新たに設けます。
併せて、新ロゴデザインをあしらったステッカーを施設入口等に掲示します。
(4)その他
県職員の名刺に新ロゴデザインを刷り込みます。
県が開催するイベント等で、新ロゴデザインをあしらったノベルティグッズを配布します。
《SDGsの推進について》
県では、SDGsの達成にもつながる取組として、「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念の普及に取り組んでいます。

【参考】県ホームページ:http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1368/charter/index.html

SDGS

問合せ先


【「ともに生きる社会かながわ憲章」の新たなプロジェクトについて】
神奈川県福祉子どもみらい局共生社会推進課
課長 一柳 電話045-285-0736
共生グループ 青木 電話045-210-4961
【かながわ障がい者社会参加サポート事業について】
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部障害福祉課
課長 椎野 電話045-210-4700
社会参加推進グループ 長澤 電話045-210-4709