食品営業許可の更新手続のご案内

掲載日:2018年2月14日

食品関係の営業許可は、許可期限が近づきましたら更新の手続が必要です。

許可期限のおよそ3ヶ月前に、小田原食品衛生協会から「更新手続き案内」のハガキを店舗に送付しています。

ただし、郵便事情等で、ハガキが届かない場合がございますので、必ず営業許可証の許可期限をご確認ください。

許可期限内に更新手続を完了しないと、引き続き営業することができません。

更新申請後、施設検査を行い、基準を満たしていることを確認して更新完了となりますので、早めの手続きをお願いします。

施設検査の日程は更新申請時に調整します。

ハガキに記載された受付日時以外は、食品衛生課の窓口に直接、お越しください。

必要書類

営業許可証(原本)

手数料(一覧参照)

水道水以外の水を使用している場合は、登録検査機関の水質検査結果(原本及びコピー)

採水日の翌日から6ヶ月以内の検査結果の証書が必要となります。

原本は確認後お返しします。

営業者の住所及び氏名を変更した場合

個人の場合

変更前と変更後の事項が確認できるもの

例)運転免許証、保険証、住民票等

※別人に変更した場合は、新たに許可を取得する必要があります。

法人の場合

変更前と変更後の事項が確認できる6ヶ月以内の登記事項証明書(原本)

原本は、確認後お返しします。

食品衛生責任者が変更した場合

新しい食品衛生責任者の資格を証明する書類(原本)が必要となります。

例)調理師免許証、製菓衛生師免許証、ふぐ包丁師免許証、食品衛生責任者養成講習会の修了証書等

原本は、確認後お返しします。

廃業した場合

廃業届を提出していただく必要がありますので、営業許可書を持参して来所してください。

営業許可更新手数料一覧

 
業種 手数料
飲食店営業 8,020円
喫茶店営業 4,820円
菓子製造業 7,020円
豆腐製造業 7,020円
めん類製造業 7,020円
総菜製造業 10,520円
乳類販売業 4,820円
食肉販売業 4,820円
魚介類販売業 4,820円
魚介類行商 2,480円
発酵乳販売業 2,480円

その他の業種についてはお問い合わせください。

このページの先頭へもどる