毒キノコ

掲載日:2018年4月2日

毒キノコとは

日本には、4,000種類以上のキノコが存在していると言われていますが、正確な数は分かっていません。このうち、食用キノコは約100種類、毒キノコは約40種類が知られていますが、その他の大半のキノコについては、詳しいことは分かっていません。

毎年、秋になると毒キノコによる食中毒が発生しています。毒キノコの種類によっては、意識障害や神経障害を起こし、重症の場合は死に至ることもあります。

予防するには

キノコ狩り

 

  • 食用キノコと確実に判断できたもの以外は食べないようにしましょう。
  • 「迷信」は信じないようにしましょう。(柄が縦にさけるものは食べられる、地味な色のキノコは食べられるなど)
  • キノコの鑑定には専門知識が必要です。図鑑などを見て自己判断をするのはやめましょう。

関連リンク