ビブリオ・バルニフィカス

掲載日:2018年4月2日

ビブリオ・バルニフィカスとは

ビブリオ・バルニフィカスは、腸炎ビブリオと同じビブリオ科に属する細菌で、腸炎ビブリオと同じように沿岸の海水中に広く分布し、海水温の上昇に比例して菌が増殖します。

健康な人が、この菌が付着した魚介類を食べてもほとんど症状はでませんが、肝臓疾患、免疫力の低下などを基礎疾患として持つ人や貧血の治療で鉄剤を内服している人(ハイリスクの人)は重症化することがあるため、注意が必要です。

主な症状

発熱、四肢の激しい痛み、紅斑・紫斑・水疱・血疱などの皮膚症状

潜伏時間

7から24時間

原因食品

刺身やすし等の生食用魚介類など

予防するには

  • ハイリスクの人は、夏期は魚介類の生食を避けましょう。
  • まれに創傷感染することもありますので、ハイリスクの人は海岸や岩場を素足で歩いて貝殻などで怪我をしないよう、注意しましょう。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。