運動会の弁当による黄色ブドウ球菌・ウェルシュ菌食中毒

掲載日:2018年2月14日

平成23年10月に神奈川県内において、運動会の弁当による食中毒が発生し、196名の方が発症しました。弁当イラスト

この事例では、弁当屋が施設の能力以上の注文を受け、調理済みの食品を長時間にわたって常温放置したこと、手指の洗浄・消毒が不十分だったことなどが食中毒発生の原因と考えられました。

調理済みの食品は、できるだけ速やかに喫食するか、または、低温(10℃以下)で保存しましょう。