黄色ブドウ球菌

掲載日:2018年4月2日

黄色ブドウ球菌とは

黄色ブドウ球菌

写真:食品安全委員会 提供

黄色ブドウ球菌は、人や動物の鼻腔、咽頭、腸管等に常在し、また、手指の傷口などに化膿巣をつくります。

黄色ブドウ球菌は食品中で増殖すると、エンテロトキシンという毒素を産生し、食中毒を引き起こします。エンテロトキシンは熱に強く、一度、食品中でエンテロトキシンが産生されると加熱しても食中毒を防止できなくなります。

主な症状

吐き気、嘔吐など

潜伏時間

0.5から6時間(平均3時間)

原因食品

弁当、おにぎり、和菓子、洋菓子など

予防するには

  • 手指に傷がある人は、食品に直接触れるのはやめましょう。
  • 調理の前には手を洗浄・消毒しましょう。
  • 食品は10℃以下で保存しましょう。
  • 調理後は、速やかに喫食しましょう。
  • 弁当などを熱いうちに蓋をすると菌が増殖しやすくなります。速やかに冷ましてから、蓋をしましょう。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる