コチニール色素を含む食品によるアレルギーについて

掲載日:2018年2月14日

今般、国内においてコチニール色素を含む飲料と急性アレルギー反応に関する研究情報が消費者庁に寄せられ、注意喚起がなされました。

万が一、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみなどの体調の変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を受診してください。

なお、これまで、独立行政法人国民生活センターや地方自治体の消費生活センター等には、コチニール色素を原因とするアレルギー症状の事例は寄せられていません。

コチニール色素とは

エンジムシ(中南米原産の昆虫)から得られた、カルミン酸を主成分とする赤色の着色料(天然色素)です。
清涼飲料水、菓子類、ハム、かまぼこなどで、使用されているものがあります。

食品中にコチニール色素を含む場合の表示例

コチニール色素を含む食品には、原材料名の欄に次のように表示されています。

表示例:コチニール色素
カルミン酸色素
着色料(コチニール)
着色料(カルミン酸)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa