温泉関係の手続きについて(新規の手続き)

掲載日:2018年7月9日

掘削許可申請動力装置許可申請メタン濃度の測定採取許可申請ガス確認申請利用許可申請リンク温泉関係様式ダウンロードサービス

管轄地域

小田原保健福祉事務所の管轄地域は、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町です。

その他の地域については、各地域の保健福祉事務所等へお問い合わせください。

温泉新規掘削から使用までの手続きの流れ

温泉を新しく掘削し、使用する場合には次のような手続きが必要となります。

掘削しようとする土地の規制等の確認をしてください

温泉をゆう出させる目的で土地を掘削するには許可が必要です

動力を用いて温泉を汲み上げる場合は許可が必要です

温泉を利用するには可燃性天然ガスの測定が必要です

メタン濃度が基準値を超えた場合は温泉採取許可申請を行ってください

基準値以下の場合は可燃性天然ガス濃度確認申請を行ってください

温泉を旅館、公衆浴場、足湯など公共の浴用または飲用に供する場合には許可が必要です

申請手数料一覧
件名  手数料
温泉掘削許可申請 ¥130,890
温泉動力装置許可申請 ¥110,920
温泉採取許可申請 ¥35,060
可燃性天然ガス濃度確認申請 ¥7,400
温泉利用許可申請 ¥35,060

事前調査

1 掘削が認められる地域は「神奈川県温泉保護対策要綱」で定められた、「一般地域」か「温泉準保護地域」に限られます。

詳しくは温泉課にお問い合わせください。

(1)一般地域の場合

ア 深さ1,000m未満の温泉を掘削する場合

既存源泉からの距離制限等はありません。

イ 深さ1,000m以上の温泉(大深度温泉)を掘削する場合

掘削予定深度は2,000m以内かつ、他の大深度温泉から1,000m以上離れている必要があります。

(2)温泉準保護地域の場合

ア 深さ1,000m未満の温泉を掘削する場合

  • 既存源泉(既許可地点を含む)からの距離が150m未満の場合は掘削できません。
  • 既存源泉が150m以上200m以内に存在する場合は動力装置許可申請時に影響調査が必要です。
  • 既存源泉からの距離が200mを超える場合は影響調査は不要です。

イ 深さ1,000m以上の温泉を掘削する場合

掘削予定深度は2,000m以内で、他の大深度温泉から1,000m以上離れている必要があり、かつ上記アの条件を満たす必要があります。

2 その他、自然公園法、市町開発条例などによる規制について確認してください。

ページの先頭に戻る

温泉掘削許可申請

可燃性天然ガスの安全対策(施設基準等あり)が必要です。

1 温泉課に提出してください。

申請には手数料130,890円が必要です。

2 申請時期

許可には年2回開催される審議会(開催予定:2月・8月)での審議が必要です。

2月分は前年の11月末までに、8月分は5月末までに申請してください。

3 必要様式等ダウンロード

ページの先頭に戻る

温泉掘削工事着手届

  1. 温泉課に提出してください。
  2. 届出後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

温泉掘削工事完了届

  1. 温泉課に提出してください。
  2. 届出後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

影響調査の実施

準保護地域で掘削地から150m以上200m以内に既存源泉がある場合、

既存源泉に及ぼす影響の有無を調べる必要があります。

ページの先頭に戻る

温泉動力装置許可申請

  1. 温泉課に提出してください。
    申請には手数料110,920円が必要です。
  2. 申請時期
    許可には年2回開催される審議会(開催予定:2月・8月)での審議が必要です。
    2月分は前年の11月末までに、8月分は5月末までに申請してください。
  3. 必要様式等ダウンロード

温泉動力装置工事着手届

  1. 温泉課に提出してください。
  2. 届出後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

温泉動力装置工事完了届

  1. 温泉課に提出してください。
  2. 届出後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

ページの先頭に戻る

温泉におけるメタン濃度を測定

  1. ガス測定業者に依頼してメタン濃度を測定してください。
  2. 測定結果に応じて、温泉採取許可申請または可燃性天然ガス濃度確認申請が必要です。

ページの先頭に戻る

温泉採取許可申請

可燃性天然ガスの安全対策(施設基準等あり)が必要です。

  1. 温泉課に提出してください。
    申請には手数料35,060円が必要です。
  2. 申請後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

ページの先頭に戻る

可燃性天然ガス濃度確認申請

  1. 温泉課に提出してください
    (1)申請には手数料7,400円が必要です。
    (2)ガス測定業者から受け取ったメタン濃度測定結果書の添付が必要です。
    (3)温泉採取場所・ガス測定の様子を写した写真の添付が必要です。
  2. 必要様式等ダウンロード

 ページの先頭に戻る

温泉利用許可申請

温泉を旅館、公衆浴場、足湯など公共の浴用または飲用に供する場合に必要です。

  1. 温泉課に提出してください。
    申請には手数料35,060円が必要です。
  2. 申請後、現地調査を実施します。
  3. 必要様式等ダウンロード

ページの先頭に戻る

リンク

温泉法や各種統計等、温泉行政に関連する様々な情報がご覧いただけます。

神奈川県の条例、規則等をご覧いただけます。

ページの先頭に戻る


アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。



書類提出及び相談の窓口

小田原保健福祉事務所

生活衛生部 温泉課

電話:0465-32-8000(代表)

FAX:0465-32-8138

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa