「セーフティネット保証4号」指定地域(横浜市)の中小企業の支援を拡大します
~別枠融資「令和元年台風第15号特別支援融資(別枠)」を開始します~

掲載日:2019年9月25日
2019年09月25日
記者発表資料

令和元年台風第15号により横浜市内の多数の中小企業が被害を受けたことから、9月25日(水曜日)より12月24日(火曜日)まで横浜市地域が「セーフティネット保証4号」の指定地域となりました。そこで、県では、中小企業制度融資「令和元年台風第15号特別支援融資」にセーフティネット保証4号に基づく別枠融資を追加します。本日より特別相談窓口や制度融資取扱金融機関で、融資相談の受付を開始します。

融資メニューのポイント

  • 要件に該当する中小企業は、通常利用できる枠(2億8,000万円)とは別枠で2億8,000万円まで対応
  • 台風の直接影響だけでなく、間接影響で売上が減少した場合にも対応
  • 神奈川県信用保証協会が100%保証
  • 本店の所在する市町村長の認定が必要

「令和元年台風第15号特別支援融資(別枠)」の概要

 

 「令和元年台風第15号特別支援融資(別枠)」【今回発表】

「令和元年台風第15号特別支援融資」【9月13日発表】
融資対象者

下記2要件を満たし、本店の所在する市町村長の認定を受けた中小企業者等

[要件]

  1. 指定地域において1年以上継続して事業を行っていること。
  2. 令和元年台風第15号に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月と比較して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期と比較して20%以上減少することが見込まれること。
 令和元年台風第15号により設備等の破損・遺失等被害を受け、り災証明書が発行された中小企業者等
資金使途 設備資金及び運転資金
融資限度額 2億8,000万円(別枠) 2億8,000万円
融資期間

設備資金:15年以内 運転資金:10年以内

(据置期間2年以内を含む)

融資利率(固定金利)

2年以内:年1.2%以内

2年超5年以内:年1.4%以内

5年超15年以内:年1.6%以内

信用保証

神奈川県信用保証協会の保証が必要(100%保証)

保証料率は、一律0.6%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の0.1%の割引後)

神奈川県信用保証協会の保証が必要(80%保証)

保証料率は、0.26%から1.42%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の0.1%の割引後)

相談開始日  令和元年9月25日(水曜日) 令和元年9月17日(火曜日)

参考 セーフティネット保証4号について

概要

突発的な災害等により多数の中小企業の事業活動に著しい支障が生じているものとして中小企業信用保険法第2条第5項第4号に基づく指定を受けた地域において、売上高等が減少している中小企業が、通常利用できる枠(無担保枠8,000万円、最大 2億8,000万円)とは別枠(無担保枠8,000万円、最大 2億8,000万円)の保証(借入額の100%を保証)を利用できる制度。両方を使うと、無担保枠 1億6,000万円、最大 5億6,000万円まで利用可能となる。

中小企業が通常利用できる枠

無担保枠 8,000万円

最大 2億8,000万円

国の施策による特別な枠(別枠)

無担保枠 8,000万円

最大 2億8,000万円

認定手続

対象となる中小企業の方は、本店等(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市町村(または特別区)の商工担当課等の窓口に認定申請書2通を提出(その事実を証明する書面等があれば添付)し、認定を受け、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込むことが必要。

参考資料

特別相談窓口、制度融資取扱金融機関の一覧(PDF:277KB)

問合せ先

神奈川県産業労働局中小企業部金融課

課長 髙山
電話 045-210-5670

融資グループ 太田
電話 045-210-5677

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。