台風第19号で被害を受けた県内中小企業に最大8億4千万円の金融支援を実施します
~「令和元年台風第19号特別支援融資(激甚災害枠)」を開始します~

掲載日:2019年11月11日
2019年11月11日
記者発表資料

令和元年台風第19号が激甚災害として指定され、事業の再建に必要な資金を借り入れる際に、一般保証(無担保枠8千万円、最大2億8千万円)とは別枠となる中小企業信用保険の特例措置が講じられました。そこで、県では、本日、11月11日(月曜日)より「令和元年台風第19号特別支援融資(激甚災害枠)」を追加し、最大8億4千万円の金融支援を実施します。

融資メニューのポイント

  • 激甚災害枠の追加により、融資限度額は最大で8億4千万円(無担保枠は最大2億4千万円)

一般保証の枠

2億8千万円

うち無担保枠8千万円

セーフティネット保証4号の別枠

2億8千万円

うち無担保枠8千万円

激甚災害の別枠

2億8千万円

うち無担保枠8千万円

注)すでに支援を実施している一般保証の「特別支援融資(一般枠)」とセーフティネット保証4号に基づく「特別支援融資(別枠)」の各2億8千万円に加え、今回、実施する「特別支援融資(激甚災害枠)」の2億8千万円も利用可能

「令和元年台風第19号特別支援融資(激甚災害枠)」の概要

融資対象者 激甚災害に指定された令和元年台風第19号等により設備等の破損・遺失等の被害を受け、り災証明書が発行された中小企業者等
資金使途 設備資金及び運転資金
融資限度額 2億8,000万円(別枠)
融資期間

設備資金:15年以内 運転資金:10年以内(据置期間2年以内を含む)

融資利率(固定金利)

2年以内:年1.2%以内

2年超5年以内:年1.4%以内

5年超15年以内:年1.6%以内

信用保証

神奈川県信用保証協会の保証が必要(借入れの100%を保証します)

保証料率は、一律0.6%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の0.1%の割引後)

相談受付 令和元年11月11日(月曜日)から特別相談窓口、制度融資取扱金融機関で受付開始

既存の融資メニューの概要

  「令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(一般枠)」 「令和元年台風第15号・第19号特別支援融資(別枠)」
融資対象者 令和元年台風第15号又は第19号等により設備等の破損・遺失等被害を受け、り災証明書が発行された中小企業者等 台風第15号又は第19号による災害に関して、セーフティネット保証4号の市町村長の認定を受けた中小企業者等
資金使途 設備資金及び運転資金
融資限度額 2億8,000万円 2億8,000万円(別枠)
融資期間 設備資金:15年以内 運転資金:10年以内(据置期間2年以内を含む)

融資利率(固定金利)

2年以内:年1.2%以内

2年超5年以内:年1.4%以内

5年超15年以内:年1.6%以内

信用保証

神奈川県信用保証協会の保証が必要(80%保証)

保証料率は、0.26%〜1.42%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の0.1%の割引後)

神奈川県信用保証協会の保証が必要(100%保証)

保証料率は、一律0.6%

(県による保証料補助及び神奈川県信用保証協会の0.1%の割引後)

<参考資料> 

特別相談窓口、制度融資取扱金融機関の一覧(PDF:312KB)

問合せ先

神奈川県産業労働局中小企業部金融課

課長 髙山
電話 045-210-5670

融資グループ 太田
電話 045-210-5677

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。