「セーフティネット保証1号」の取扱いを開始します

掲載日:2018年3月6日

国は、タカタ株式会社の民事再生法の適用申請により、影響を受ける中小企業・小規模企業への資金繰り支援として、「セーフティネット保証1号」を、本日、発動しました。そこで、県でも、中小企業制度融資での「セーフティネット保証1号」の取扱いを本日から開始します。

<融資メニューのポイント>

別枠8,000万円・低利固定・最長10年
融資限度額は、中小企業者が通常利用できる枠とは別枠で8,000万円
融資利率は、年1.8%以内と低利で安心な固定金利
融資期間は、毎月の返済負担が軽い10年返済が可能

<融資メニューの概要>

※平成29年度の既決予算での対応となります。

融資対象者

次のいずれかの要件を満たし、市町村長の認定を受けた中小企業者

1 タカタ株式会社に対して50万円以上売掛金債権等を有していること

2 タカタ株式会社の事業活動に20%以上依存していること

資金使途 運転資金・設備資金
融資限度額 8,000万円(別枠)

融資期間

融資利率

1年超2年以内:年1.4%以内(固定金利)
2年超5年以内:年1.6%以内(固定金利)
5年超10年以内:年1.8%以内(固定金利) 
信用保証 神奈川県信用保証協会の保証が必要 
信用保証料率は、年1.0%
指定期間 平成29年6月26日~平成30年6月25日
必要書類 市町村長が発行したセーフティネット保証1号の認定書 ほか

(参考資料)「セーフティネット保証1号」による融資メニューの3つのメリット[PDFファイル/135KB]

 

 

小企業制度融資とは

神奈川県、金融機関、神奈川県信用保証協会の三者が協調して、中小企業者の皆さまが県内で行う事業活動に必要な資金を円滑に調達できるよう支援する制度です。県が金融機関の貸付原資の一部を負担することで、低利な融資を実現しています。また、中小企業者の皆さまが神奈川県信用保証協会に支払う保証料の一部を県が補助し、負担の軽減を図っています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。