かながわ中小企業再生ファンド

掲載日:2018年7月10日

かながわ中小企業再生ファンドとは…

地域金融機関、信用保証協会、中小企業支援機関、神奈川県中小企業再生支援協議会等と連携し、県内中小企業の債権や株式を中長期的に保有して継続的に支援することにより中小企業の再生を進め、地域経済の活性化、雇用の維持を図るために設立されたファンドです。

 

「かながわ中小企業再生ファンド」(平成23年12月設立)の概要

 
(1) 名称

かながわ中小企業再生ファンド投資事業有限責任組合
(通称:かながわ中小企業再生ファンド)

(2) 目的 地域金融機関、信用保証協会、中小企業支援機関、神奈川県中小企業再生支援協議会等と連携し、県内中小企業の債権や株式を中長期的に保有して継続的に支援することにより中小企業の再生を進め、地域経済の活性化、雇用の維持を図る。
(3) ファンド総額 24.1億円
(4) 出資者

ア 有限責任組合員 20機関
(公的部門) 2機関
独立行政法人中小企業基盤整備機構、公益財団法人神奈川産業振興センター

(民間部門) 18機関
株式会社横浜銀行、スルガ銀行株式会社、株式会社神奈川銀行、株式会社静岡中央銀行、株式会社八千代銀行、横浜信用金庫、湘南信用金庫、三浦藤沢信用金庫、川崎信用金庫、平塚信用金庫、さがみ信用金庫、中南信用金庫、中栄信用金庫、小田原第一信用組合、相愛信用組合、 神奈川県信用保証協会、横浜市信用保証協会、川崎市信用保証協会

 イ 無限責任組合員 1機関 横浜キャピタル株式会社

合計(ア+イ) 21機関

(5) 存続期間 8年間(3年間を限度に延長可)
(6)ファンド運営者

横浜キャピタル株式会社

(7)支援対象企業

神奈川県中小企業再生支援協議会で再生計画策定支援を受けた中小企業が主な対象となる。

(8)投資手法

中長期的な金銭債権の買取や株式出資等により、企業の債務を軽減し、再生完了まで継続的に経営支援をする。
※ 投資決定は、独立した機関の「投資委員会」が行う。

 (特徴) 「県内の金融機関・中小企業支援機関の総力を挙げた官民一体・地域密着型ファンド」

 御参考:中小機構ファンド出資(独立行政法人中小企業基盤整備機構のサイト)

問い合わせ先

ファンドの概要について 産業労働局中小企業部金融課調整グループ 045(210)5674

再生計画策定支援について 神奈川県中小企業再生支援協議会 045(633)5143