キャッシュレスの推進やインバウンドの受入に興味・関心のある商店街団体等を募集します!

掲載日:2019年3月20日

商店街等へキャッシュレスサービスを普及させることで、利用者の利便性向上と事業者の生産性向上を目指せるよう、(1)キャッシュレス推進セミナーを開催します。
また、ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、インバウンド(訪日外国人観光客)を顧客として取り込んでいけるよう、(2)インバウンド理解促進セミナー、(3)買い物サポート講習会を開催します。

1 事業内容

(1)キャッシュレス推進セミナー

キャッシュレスサービスのメリットや導入に係る国制度の内容等に関するセミナーを開催します。
セミナー開催後、支払いサービス事業者との相談を希望する商店街に対して、県から支払いサービス事業者を紹介し、別途相談出来る場を併設します。

(2)インバウンド理解促進セミナー

インバウンド対策の重要性を理解いただくため、先進的な事例を紹介するとともに、商店街における両大会の機運醸成やインバウンドへの対応などをテーマとしたセミナーを開催します。

(3)買い物サポート講習会

インバウンドが商店街で買い物を楽しめるよう、商店街や個店での多言語対応や体験型プログラムの開発等をテーマとした講習会を開催します。

2 対象団体

商店街団体、市町村、商工会議所・商工会等
※会場やプロジェクターの手配、個店への周知、参加者のとりまとめ等、可能な範囲でご協力をよろしくお願いします。なお、講師の派遣やチラシの作成等は県で行います。

3 開催時期

(1)→平成31年(2019年)4月8日(月曜日)~7月31日(水曜日)

(2)・(3)→平成31年(2019年)6月3日(月曜日)~9月30日(月曜日)

会場予約や講師との調整等があるため、開催日については別途ご相談ください。

4 応募方法

(1)については、平成31年(2019年)6月28日(金曜日)まで

(2)・(3)については、平成31年(2019年)8月30日(金曜日)まで

に応募様式を下記問合せ先へご提出下さい。

募集案内(PDF:84KB)

応募様式(ワード:25KB)

(各締切日まで随時募集しますが、予算がなくなり次第、募集を終了させていただきますので予めご了承ください。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。