神奈川県大規模小売店舗立地審議会の審議結果(令和元年度第5回)

掲載日:2020年4月1日

様式3

審議会等名称

神奈川県大規模小売店舗立地審議会

開催日時

令和2年3月6日(金曜日)午前9時30分から午前10時40分まで

開催場所

シルクセンター地下1階 大会議室

出席者

(会長)高見沢実、伊藤龍紀、岩尾詠一郎、碓井健寛、大内孝子、貴村麻子、田中伸治

次回開催予定日

令和2年5月中旬 開催予定

所属名、担当者名

商業流通課流通企画グループ 笠松
電話番号 045-210-5609
フォームメール 産業労働局中小企業部商業流通課へのお問い合わせフォーム

掲載形式

議事録

審議経過

1 (仮称)フォルテ秦野に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回までの審議の概要及び欠席委員意見を説明し、これらを踏まえて審議を行った。
(高見沢会長)確認事項6について、何か意見はありますか。
(田中委員)はい。この対応でよいと思います。
(高見沢会長)確認事項7について、何か意見はありますか。
(田中委員)入口2、出口2の交通整理員と場内の交通整理員を別々に配置していただけるのか確認しました。図面上もそのように表記されていますので、これでよいと思います。
(碓井委員)適切に回答いただいていると思います。
(高見沢会長)確認事項7について、他に何か意見はありますか。
(岩尾委員)2階の駐車場内で退店経路を案内していただけるということで、よりわかりやすくなると思います。
(高見沢会長)他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)それでは、意見なしとして結審します。

2 (仮称)オーケー藤沢羽鳥店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回までの審議の概要及び欠席委員意見を説明し、これらを踏まえて審議を行った。
(高見沢会長)確認事項5について、渋滞等の問題が発生する場合には協議すると回答をいただいているので、これでよいと思います。他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)確認事項6について、何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)それでは、意見なしとして結審します。

3 (仮称)小田原駅東口駅前再開発ビル新築工事に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回の審議の概要及び欠席委員意見を説明し、これらを踏まえて審議を行った。
(高見沢会長)確認事項について、何か意見はありますか。
(岩尾委員)隔地駐車場が敷地内駐車場の先にあるため、敷地内駐車場が満車になった場合に、駐車場間で無駄な交通が発生してしまう懸念から質問した内容です。対応については、設置者報告の内容で特に問題ないと思います。
(高見沢会長)わかりました。他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)では、この案件については、今回で実質審議終了とし、住民等からの意見期限を待って結審したいと思います。

4 (仮称)亀井野一丁目計画に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、指針により求められる周辺の地域の生活環境の保持のため配慮すべき事項、指針の各項目に関する検討状況及び欠席委員意見を説明し、これらを踏まえて審議を行った。
(高見沢会長)審議事項について、何か意見はありますか。
(田中委員)設定されている経路は資料8ページのとおりでよいと思います。質問したのは、東側からの来客車両は右折をして入口No.2から入庫しますが、地点aを右折するときに、反対向きに信号待ちの車が並んでいると右折が難しいのではないかということです。そもそも交通量が少ないということで交通管理者も問題とは考えていないということと、もしも滞留するときには交通整理員で対応するということですので、この内容でよいと思います。
(高見沢会長)地点aと地点1は距離が近いですが、道路の法律上は問題ないのでしょうか。
(田中委員)交差点の間隔ということでしょうか。近い距離に信号交差点を設置しないということはありますが、地点aは細街路のため、このようなことはよくあります。
(高見沢会長)店舗を立地するときに、今回は車両が滞留しないということでしたが、車両が1台しか入れないくらい交差点間の距離が短い場合は、来退店経路として設定しないということでしょうか。
(田中委員)交通量にもよると思いますが、例えば、市道1の交通量が非常に多く、間を縫って右折することが難しい場合は別の経路を考えることも必要だと思います。今回はそこまで交通量が多くないということです。
(高見沢会長)右折入庫防止のセンターポールを設置するか、交通誘導員の常時配置のどちらかを行うようにという説明がありました。センターポールを設置すると、バスを追い越そうとする一般車両がセンターポールを避けようとしてバス側に接近するということでしたが、片側1車線の道路で、バスが停車中に横を通り抜けることが現実的に可能なのでしょうか。幅員の関係でそのような話が成り立つのでしょうか。
(田中委員)その点が疑問でしたので質問しました。図面4ページをご覧ください。採用案として二つの可能性があって、交通整理員を置くか、センターポールを設置するかという話でした。検討した結果、ポールを立てるとバスと一般車両が接触する可能性があるので、交通整理員を置くことにしたという説明でした。バスと一般車両が接触するとはどのような状況か質問したところ、バスベイにバスが停車しているときに追い越そうとする一般車両は、ポールが立っているとセンターラインよりもはみ出すことができないため、バスと接触するのではないかということでした。図面4ページからは、バスが停車したときに一般車両が追い越せるような幅員があるかは読み取れませんが、そもそも追い越せないのであればそのような懸念は起きないかと思います。
(高見沢会長)図面4ページにバスベイと図示されていますが、この四角い部分全体に停車するわけではなく、歩道側に寄せて停車するということですね。
(田中委員)歩道側に寄せて停車したら通れるのかもしれません。
(高見沢会長)道路の幅員はどれくらいあるのでしょうか。
(事務局)幅員は3.7メートルです。
(高見沢会長)バスの幅はどれくらいでしょうか。
(田中委員)2.5メートルくらいです。
(高見沢会長)4トン車がすれ違うのであれば、ポールは立てられないのではないでしょうか。
(事務局)大型車ではなく、一般の乗用車で想定されていると思います。
(高見沢会長)バスが停車しているときには、10トン車も一般車両も通行するのではないでしょうか。議論しているのは、地点aから右折する車両だけではなく、バスを追い越そうとするあらゆる車両を想定しているため、ポールを設置すると、通り抜けようとする車両がバスと接触するというのは本当の話なのでしょうか。
(事務局)交通管理者との協議の中でそのような話があり、センターポールを設置するとかえって危険ではないかということで、交通整理員を常時配置することになりました。実際にこういった話題が出たことは確認しております。
(高見沢会長)結論として、ポールを設置することになっていないので問題ないかと思いますが、疑問に思いました。
(事務局)確かに話題となっておりました。
(高見沢会長)他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)資料9ページの「2交差点を右折する来店経路等」についても問題ないでしょうか。
(田中委員)問題ありません。
(高見沢会長)資料10ページの西ドイツの計算方法について、問題ないと判断した理由を説明してください。
(田中委員)地点2が小田急線の踏切のすぐそばの交差点であり、信号がない交差点のため西ドイツの計算方法を適用しています。今回は踏切もありますが、計算方法が特殊で確立されていないため、通常の無信号交差点の計算方法で評価したということです。踏切が遮断される時間が入ると、これより影響は大きくなりますが、現状では、交通量が多く渋滞や滞留が発生しているということはないことを所轄警察署も認識しており、問題ないと判断されているので、評価方法としてはこれ以上なく、現場の判断を尊重するということでよいと思います。
(高見沢会長)資料10ページのAからCは図面に記載された断面のAからCを指しているのでしょうか。主道路のAからBは下から左上方向の道路で、Cが従道路ということでしょうか。
(田中委員)そのとおりです。
(高見沢会長)混雑していないということですね。他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)資料14ページについて、交通委員の見解はいかがでしょうか。
(岩尾委員)安全対策についてはこのとおりでよいと思います。資料14ページの6(1)キで、万が一、開店後に駐車場が不足した場合は、近隣の駐車場に停めるということで、6(1)カのとおり満空表示をするため管理できると思ったのですが、図面4ページを見ていただくと、出入口よりも手前で判断する必要があるので、どのように届出外駐車場に誘導するのか質問しました。回答としては、出入口より手前で満車のためこちらへ行ってくださいと案内するということでしたので、問題ないと思います。資料14ページの6(3)の荷さばき施設について、このとおり対応していただければと思います。懸念されるのは、6(3)エで、荷さばき施設の駐車スペースを超える荷さばき車両が同時に到着した場合は、敷地内で待機させるということです。これは一番重要なことであり、敷地外で待機することは余分な駐車需要を増やすことになるので、敷地内で収めていただくのは非常にありがたい方策だと思います。図面6ページでは駐車スペースがあるかわからず、軌跡図を見るとぶつかりそうなところがあるため、駐車可能かどうかを確認しました。北側の階段の手前に駐車させるということなので、その場所であれば駐車できるかと思います。あと二点お聞きしたのは、図面4ページのとおり、荷さばき車両が右折出庫していることについてです。荷さばき車両についても安全性が高くなるため、左折入庫、左折出庫が基本だと思っています。市道4の幅員が狭いため右折出庫しているということで、荷さばき時に荷受人が誘導するため問題ないと思います。可能であれば、荷さばき車両も左折入庫、左折出庫を基本にしていただきたいのですが、立地法では荷さばき車両まで左折入庫、左折出庫が徹底されるわけではないということに懸念があります。最後にお聞きしたのは、敷地境界はわかったのですが、状況がどのようになっているのかということです。前面道路に歩道があるように思えなかったので、間違って歩行者が敷地内に入ってしまうと、荷さばき車両の入出庫時には荷受人がいるので問題ないのかもしれませんが、いろいろなトラブルが起こるのではないかということで伺いました。回答としては、フェンスを設置し、荷さばき車両の出入口であることを案内するということなので、安全対策としては問題ないと思っています。
(高見沢会長)二点伺いたいのですが、資料3ページを見ると、1時間に3台搬入する時間帯が3回あり、2台までは図面6ページのとおり駐車可能であるということですね。3台目は北西端にスペースがあるので駐車可能であるという一方で、実際にはそのようなことはないという説明もありましたので、どのように理解すればよいでしょうか。
(事務局)基本的に荷さばきは1台ずつ行いますので、1時間に3台搬入することになってはいますが、同時に3台搬入することはない計画となっています。1台ずつ荷さばきを行う計画としております。
(高見沢会長)北西端を活用することも確認されていましたね。
(岩尾委員)北西端を活用する対策もとれますということです。
(高見沢会長)実際にはないけれども、スペースはありますということですね。
(岩尾委員)1時間に3台搬入する計画になっているので、3台分の駐車スペースがあったほうがよいということで、3台目は駐車できるのか確認したところ、用意できますということでした。基本的に出発時間を全て連絡するため、同時に搬入することはほぼありませんが、万が一のことを考えているということです。
(高見沢会長)そのような対策をとれば問題ないということですね。もう一つ、荷さばき車両も左折入庫、左折出庫を基本すべきという考え方について確認です。左折出庫にしない理由として、道路の幅員が狭いというだけではなく、公園側を通行しないほうがよいということもあると思います。先ほどの説明で公園のことには触れていなかったのですが、本来すべきである左折出庫をくつがえすほどの理由にはならないのでしょうか。
(岩尾委員)どのような方が利用するのかということにもよりますが、その点も含めて、通学路が設定されていないということもありますので、そこまで大きな問題になるかというのはわかりません。小さいお子さんが公園を利用されるのであれば、そういうことも懸念材料として示していただきたいです。入出庫の安全対策をとったうえでの右折出庫はいたしかたないというか、これでよいと思います。
(高見沢会長)結果においては特に問題ないというか、やむを得ないということですね。
(岩尾委員)対策を十分とっているので、今回はよいと思います。右折出庫するときにきちんと荷受人を配置することが大事だと思います。
(高見沢会長)14ページについて他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)他に何か意見はありますか。
(貴村委員)資料7ページの道路管理課長の意見で、駅前から国道467号へ向かう市道が滞留し、その影響で国道467号に渋滞が生じる等の事態が発生した場合とあります。市道1は入口No.1から入庫するため、仮に滞留したとしても、その先にある国道467号に渋滞が生じるというイメージがつかめないのですが、何を懸念しているのでしょうか。
(事務局)店舗が立地することによって、来店経路となっている市道1が滞留し、結果として国道467号に渋滞を起こすことを懸念しています。
(貴村委員)駅方面から来店する車両は入口No.1から入庫しますが、出庫する車両について懸念しているのでしょうか。
(事務局)出口No.1から出庫する車両もあるため、国道467号までの市道1全体が来店と退店の両方の車両が通行することになるため、滞留を懸念しています。
(貴村委員)出庫する車両ですね。わかりました。
(高見沢会長)その心配は必要ないということでしょうか。
(事務局)渋滞や滞留については、交通管理者との協議において周辺道路全体で問題がないこと確認しています。
(貴村委員)出口No.1から次々と出庫させるということですね。
(事務局)出口No.1からスムーズに出庫すれば滞留することもありません。
(高見沢会長)他に何か意見はありますか。
(各委員)(意見なし)
(高見沢会長)では、この案件については、今回で実質審議終了とし、住民等からの意見期限を待って結審したいと思います。

会議資料

商業流通課にて保管

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa