神奈川県大規模小売店舗立地審議会の審議結果(平成28年度第5回)

掲載日:2018年3月5日

様式3

審議会等名称

神奈川県大規模小売店舗立地審議会

開催日時

平成29年1月20日(金曜日)午後2時から午後3時50分まで

開催場所

波止場会館1階 多目的ホール

出席者

(会長)高見沢実、(副会長)小川雅人、古谷知之、岩尾詠一郎、今井章久、碓井健寛、貴村麻子、座間進

次回開催予定日

平成29年3月中旬 開催予定

所属名、担当者名

商業流通課流通企画グループ 林
電話番号 045-210-5609
フォームメール 産業労働局中小企業部商業流通課へのお問い合わせフォーム

掲載形式

議事録

審議経過

1 (仮称)クリエイトエス・ディー伊勢原下落合店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、意見なしとして結審とします。

2 (仮称)スーパービバホーム厚木南インター店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回までの審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、意見なしとして結審とします。

3 ニトリ大船店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回までの審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。確認事項について、何か意見はありますか。

(事務局) (意見なし)

(高見沢会長) 審議資料2ページの末尾に記載されている確認事項は、前回確認済みですか。

(事務局) 審議資料2ページ末尾の確認事項は、満車時の対応を確認するものです。設置者から前回審議会にて報告がありましたが、オープン時と通常時とで対応が異なるかどうかさらに確認すべきとの意見をいただきました。そのため今回の確認事項とし、オープン時と通常時と満車時対応の内容が異なるかどうかをさらに確認することとしました。内容は同一であるため、今回の確認事項は一点となります。

(高見沢会長) わかりました。確認事項について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) オープン時と通常時とで状況が全く異なると思われたため、対応内容に違いがあるかどうかを確認したところ、違いがあるとわかり、かつ対応内容が今回明記されました。オープン時は、南側の従業員用駐車場へ誘導することが大きな違いです。

(高見沢会長) 従業員用駐車場の位置をご教示ください。

(事務局) 図-3-1及び図-3-2をご覧ください。図-3-1で店舗の左側に赤く示されているのが、南側の従業員用駐車場です。屋上の従業員用駐車場は、図-3-2の屋上に赤く示された部分です。

(高見沢会長) まずは屋上の従業員用駐車場に誘導するということですね。

(岩尾委員) はい。屋上の従業員用駐車場も満車となった場合は、オープン時期等繁忙期は臨時駐車場である南側の従業員用駐車場へ誘導します。しかしながら、南側の従業員用駐車場は誘導経路が全く異なるため、適切に誘導できるかが問題となります。設置者は、屋上の従業員用駐車場も満車となった場合交差点No.2、交差点No.3に配置された誘導員が満車であると周知するとともに、南側の従業員用駐車場へ誘導するとしています。また、それでも満車となった場合、来客車両は公道に滞留させずに流すと述べており、適切と考えます。

(高見沢会長) 通常時の誘導も問題はありませんか。

(岩尾委員) 通常時は屋上の従業員用駐車場にのみ来客車両を誘導すると設置者は述べています。通常の来店経路と誘導経路が同一であり、満車になれば公道に滞留させずに流すと述べているため、特に問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) では、確認事項については確認済みとします。前回の審議資料の差し替えに関して、事務局から説明してください。

(事務局) 今回の確認事項に対する設置者の報告により、満車になった場合の対応を設置者は検討済みであるということが確認できました。前回の審議会にて、確認事項4に対する回答のうち「満車になることはないと予測している」という部分は、誤解を招く可能性があるため削除したほうがよいのではないかとの指摘がありましたので、今回差し替え版をお配りしています。また、一部わかりづらい表現がありましたので、記載を改めました。

(高見沢会長) 何か意見はありますか。

(岩尾委員) 特に問題はないと考えます。

(碓井委員) この差し替え版により、前回の審議会の確認事項4に関しても、確認済みとなったという理解でよいですか。

(事務局) はい。前回の確認事項4に対する回答では、オープン時と通常時で対応が異なるかどうかがやや不明瞭であるなど、追加の確認が必要とのご判断を審議会にていただきました。そこで、前回の審議資料を差し替えるとともに、満車時対応については今回追加の報告をいただいています。

(碓井委員) わかりました。

(高見沢会長) 前回の資料の差し替えと、今回確認事項に関し、確認済みということでよいですか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 本案件は既存類似店のデータに基づき、必要駐車台数を算出しています。また、交通解析でも独自の手法を採用していました。付記意見を述べるのが相当と解してよいですか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) では、答申案を読み上げてください。

(事務局) (答申案を読み上げる)

(高見沢会長) 何か意見はありますか。

(古谷委員) 本件に限るということであれば、この内容で問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 2ページ目で、「日曜日のレジ通過人数の合計を100%として平日、休日双方の時間帯別のレジ通過件数比を求め」とあります。休日には日曜日以外の祝日等も含まれることから、「求め」という表現を用いたということですか。休日は日曜日の結果をそのまま用いており、特に計算をしていないため、表現にやや違和感があります。

(事務局) 大店立地法上、休日には祝日も含まれることから、日曜の結果を用いて「求め」たという記載をしました。

(古谷委員) 参考資料では、全曜日について時間帯別のレジ通過件数比を求めています。資料に即した表現とする場合、「全曜日について時間帯別のレジ通過件数比を求め」となるのではありませんか。

(高見沢会長) 事実に即し、かつ解釈の余地がない表記となるよう、検討のうえ修正してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 3ページ目で「指針算出式のピーク率を用いずに鎌倉女子大前交差点の交通解析を行ったことは、妥当であると判断した」とあります。この部分は、指針に基づかない交通解析を推奨しているようにも読めてしまいかねないように感じます。いかがですか。

(古谷委員) 正確を期すのであれば、「指針算出式のピーク率の用いずに鎌倉女子大前交差点の交通解析結果の数値を採用することは、本件においては妥当であると判断した」という表現が適当と思われます。

(高見沢会長) 「今回の交通解析の結果の数値を採用することが、本件においては妥当である」という部分が重要と思われます。

(事務局) 承知しました。修正します。

(古谷委員) 関係機関に意見照会をするにあたり、隣接市には照会しないのですか。ニトリ大船店は横浜市との市境付近に立地しています。

(事務局) 隣接市に対しては、資料を参考送付しています。大店立地法上は、意見照会する義務はないこととなっています。

(高見沢会長) 横浜市の案件に関して、意見照会がされることなどはありますか。

(事務局) 店舗から半径1キロメートル以内に横浜市と県が所管する市町村との境目がある場合で、一部の届出に関しては届出書類が参考送付されます。事例はさほどありません。

(高見沢会長) 参考送付された届出を適切に確認するかどうかは行政の事務処理の問題であるため、審議会から特に申し述べることはないと思われます。隣接市がある案件に関しては、特に留意してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 3ページで、「満車であると周知するとともに」という部分があります。誰が誰に向かって、何を周知するのかがわかるよう表現を再考してください。

(事務局) 承知しました。設置者に確認のうえ修正します。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、意見なしとして結審とします。

4 (仮称)クリエイトエス・ディー平塚横内店に係る新設届出について

事務局から、届出の内容、指針により求められる周辺の地域の生活環境の保持のため配慮すべき事項、指針の各項目に関する検討状況及び欠席委員意見を説明し、これらを踏まえて審議を行った。なお、荷さばき計画及び騒音に関する事項については、内容確認中のため、今回の審議の対象外とした。

(高見沢会長) 経路の設定等について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 各交差点で混雑度等は指標値を下回っており、経路の設定については問題はないと考えます。一点確認ですが、駐車場内に月極め利用のマスがあります。月極め利用者は駐車場の出入口を共用しているのですか。

(事務局) 共用しています。

(古谷委員) では、本件店舗の駐車場出入口は24時間開放しているということですか。

(事務局) 設置者に確認します。

(古谷委員) 駐車場の構造を教えてください。

(事務局) 図面3をご覧ください。緑色の枠で囲まれた部分は、家屋側を除きフェンスはほぼありません。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(岩尾委員) 経路の設定については、指標値を下回っており、このとおり周知徹底できれば問題ないと考えます。安全対策も、カーブミラー等を設置するということですから、確実に実施していただきたいと思います。駐車場1と駐車場2の間の停止線に関しても、新たに引いたということですので、安全対策は十分できているのではないかと考えています。
大型車両の入出庫時の安全対策等に関しては、荷さばき計画次第の面があるため、現段階では何とも申し上げられません。もし一定以上の車両数が見込まれるのであれば、報告のあった安全対策では不十分と考えられます。
とりわけ、駐輪場1が荷さばき車両の走行経路の途中にあることが気になります。設置者が荷さばき車両の運用方法によって駐輪場1の利用者の安全に配慮していることは理解できますが、駐輪場1の利用者にも、駐輪場1の奥に荷さばき施設があり、大型車両が通ることを周知できないか検討してください。荷さばき車両と駐輪場1の利用者がお互いに注意する認識を持つことで安全性が高まると思います。また、駐輪場1の側に歩行者用出入口がないため、駐輪場1を利用した来店者を荷さばき施設に近づけず店舗入口まで安全に誘導できるか確認してください。
更に、店舗南側の駐車マスに駐車した来店者が荷さばき専用出入口を通って店舗入口まで行こうとする可能性も考えられますので、荷さばき専用出入口を通らず安全に店内に入る誘導ができるかもあわせて確認してください。

(事務局) 本件店舗は過去にスーパー等として営業していた建物を利用した新設です。設置者は、今回の新設により利用客が変わることはないため、来客者が荷さばき施設側に誤って入ることはないと述べています。

(高見沢会長) ここまでの議論は、駐輪場1の利用者に荷さばき車両の存在を周知する必要があるというものではないですか。

(岩尾委員) はい。今のご説明ですと、店舗利用客が荷さばき施設の存在などを知っていれば、安全対策を実施しなくてもよいということになってしまいます。新たな来客者の存在も考えられるため、今後常に何らかの周知をしなければならないというほどではなくても、歩行者に掲示をするなど、何らかの配慮をしていただくのが望ましいと思料します。

(高見沢会長) 新たなテナントが出店する可能性があると先ほど伺いましたので、新たな来客者も考えられますね。

(事務局) 設置者に確認します。

(高見沢会長) 車両での来店者の誘導に関して、設置者から何か報告はありましたか。

(事務局) 車両での来店者の降車後の誘導ということでよいですか。

(岩尾委員) そのとおりです。降車した方が、荷さばき専用出入口を通らないように誘導しているかどうか、ご教示ください。

(事務局) 設置者に確認します。

(岩尾委員) 確認ですが、この店舗は1階部分が開店済みで、駐車場等に関しては図面のとおりの状態で運用しているということでよいですか。

(事務局) そのとおりです。

(岩尾委員) そうであれば、駐車場内での大きなトラブルや、苦情の有無もあわせて確認してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 月極め利用者が駐車場出入口を共有していることについて、仮に24時間出入口が開いたままになっていた場合、駐車場内を適切に管理できていないということになりませんか。

(事務局) 駐車場の出入口の運用に関し、設置者に確認します。

(高見沢会長) 駐車場を誰がどう利用しているのか、店舗の利用時間外に駐車場がどう運用されているのか、確認してください。

(古谷委員) 可能であれば、確認結果は写真付きで報告してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(碓井委員) 駐車場1と駐車場2の境目がどうなっているのか、写真等で確認させてください。また、図面を見るかぎり、自転車等の通行が考えられます。停止線をロードペイントしたことは承知しましたが、路面標示を無視する車両がないとはいえません。何らかの安全対策が必要と考えられますが、いかがですか。

(事務局) 確認したところ、自転車等の通行は少ない状況です。今回新たに停止線を引きましたが、将来通行量が多くなるようなら、更に対策を検討すると設置者は述べています。また、市道と駐車場2の境目には段差があり、駐車場2の南側にはフェンスが、市道部分には車止めが設置されています。民家の側が低い構造になっており、車止めもあることから、市道を車道が通行することはできません。

(高見沢会長) 口頭説明では状況がわかりづらいため、次回までに資料でわかるようにして下さい。
また、前提として確認しますが、大店立地法上、駐車場2は隔地駐車場ですか。それとも、敷地内駐車場ですか。

(事務局) 大店立地法上、公道を挟む場合別の敷地となるのが原則です。ただし、当該公道を店舗が占有することを立地市町村が承認しているなど、特別の事情がある場合は敷地内となります。今回、どういった取扱いになっているかは、改めて確認します。

(高見沢会長) 駐車場2と店舗との間には公道があると伺いました。駐車場2が隔地駐車場である場合、公道に出入口が存在すべきではないかとも考えられます。審議会の場で、駐車場2と店舗との間の公道の取り扱いを改めて確認してください。

(事務局) 承知しました。

(碓井委員) 通行人がいるのであれば、通行量が少なくても、注意する必要があると思料します。事故などが発生することはないか、懸念しています。

(高見沢会長) 新たに停止線を引いたと伺いましたが、それで安全対策が十分といえるかどうかを、改めて確認してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(小川委員) 障がい者用駐車マスが無いようですが、大店立地法上の主旨から見て問題はありませんか。また、図面にないとしても、設置する計画はありませんか。

(事務局) 確認します。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(古谷委員) 駐車場2が隔地駐車場扱いである場合、満車時対応等も別途確認する必要があるように思われます。駐車場2と店舗の間の公道の扱いを十分確認してください。

(事務局) 承知しました。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、この案件については継続審議とします。

会議資料

商業流通課にて保管

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa