神奈川県大規模小売店舗立地審議会の審議結果(平成28年度第4回)

掲載日:2018年3月5日

様式3

審議会等名称

神奈川県大規模小売店舗立地審議会

開催日時

平成28年11月24日(木曜日)午後2時から午後3時30分まで

開催場所

神奈川県庁新庁舎5階 新庁応接室

出席者

(会長)高見沢実、(副会長)小川雅人、古谷知之、岩尾詠一郎、今井章久、碓井健寛、貴村麻子、座間進

次回開催予定日

平成29年1月下旬 開催予定

所属名、担当者名

商業流通課流通企画グループ 林
電話番号 045-210-5609
フォームメール 産業労働局中小企業部商業流通課へのお問い合わせフォーム

掲載形式

議事録

審議経過

1 (仮称)BRANCH茅ヶ崎(H街区)に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回までの審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、意見なしとして結審とします。

2 ヤオコー藤沢片瀬店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。なお、前回審議の概要を説明するにあたり、事務局から前回報告した内容を下記のとおり一部訂正した。

(出口周辺の立地状況について)

(事務局) 一点確認です。前回の審議で、「右折出庫した先」に住居やマンション、出入口等がないかとのご質問をいただきました。その趣旨は、「右折出庫した先」で間違いないでしょうか。

(岩尾委員) 間違いありません。

(事務局) このご質問に対する事務局からの回答は、住居及びマンション等は特段立地しておらず、大型車両や他の建物からの出庫車両も特にないという内容でした。しかし、回答した内容は、出口を左折出庫した先の立地状況等でした。
 右折出庫した先の状況について改めてご報告します。図面2をご覧ください。本件店舗の出口は1箇所で、敷地の南側に位置しています。全出庫車両が右折出庫となります。右折出庫した先には倉庫のような建物と葬儀場が立地しており、大型車両や他の建物からの出庫車両がございました。これらの車両に対する安全対策を設置者に確認したところ、オープン時には各出口、入口に誘導員を配置し、問題が生じた場合は、随時周辺事業者と対話のうえ対応を検討するとのことです。また、両事業者には、大店立地法の説明会の前に配置計画について説明しており、開業後に問題があればお互い柔軟に対応しようということで落ち着いているとのことでした。

(指針配慮状況の訂正について)

(事務局) 前回、荷さばき施設における荷さばき処理能力は3台が正しいのではないかとのご質問をいただき、同時処理可能台数が4t車1台であるため、1台と記載した旨事務局から回答しました。しかし、4t車の作業時間は20分と設定されていることから、ご指摘のとおり、1時間あたりの荷さばき処理能力は正しくは3台となります。

 審議の議事録は以下のとおり。

(高見沢会長) 右折出庫した先の建物等の立地状況については、訂正した内容で問題ないということでよろしいですか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 右折出庫した先の建物等の立地状況について、前回の議事録では左折出庫した先の状況が回答として記録されていますよね。

(事務局) はい。今回の議事録により、訂正させていただきます。

(高見沢会長) わかりました。前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項1について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) 交通整理員を配置していない時間帯についても、審議資料記載のとおり対応していただけるのであれば、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項2について、何か意見はありますか。

(今井委員) 特に問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項3については、審議事項というよりも確認してくださいということですが、何か意見はありますか。

(今井委員) 神奈川県生活環境の保全等に関する条例に基づく規制基準を一部上回っているということを認識しており、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 全体を通して、何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) それでは、意見なしとして結審とします。

3 (仮称)スーパービバホーム厚木南インター店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(高見沢会長) 確認事項1について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 特に問題はないと考えます。

(高見沢会長) 隔地駐車場にカート置き場を設置するというのは、よくあることなのですか。

(古谷委員) 地方では稀に見ますが、隔地駐車場の利用自体も今回は少ないと思われるため、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項2について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) 隔地駐車場は、利用見込みがない場合閉鎖するということですので、安全上問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項3について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 農道を通過するとありますが、農道の所有者はわかりますか。

(事務局) 通行に許可等を要する道路ではないと設置者に確認しています。管理は市町村が行っています。

(古谷委員) わかりました。問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員)(意見なし)

(高見沢会長) 確認事項4について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) 満車の情報は出入口で案内するということであれば、報告の誘導を実行できると考えます。問題はないと思います。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項5について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) プレ開業の時期も駐車場は全て使用可能ということですので、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項6について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) ピーク時を避けた運用とするとのことですので、問題はないと考えます。

(高見沢会長) ホームセンターとスーパーマーケットとを比べると、どちらが大きいのですか。

(事務局) 図面3をご覧ください。ホームセンターがかなりの割合を占めており、1階のほとんどはホームセンターです。スーパーマーケットは、図面の添付を省略させていただきましたが、2階の一部分に出店を予定しているとのことです。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(小川委員) 特に問題はないと考えます。

(高見沢会長) 全体を通して、何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) では、この案件については、今回で実質審議終了とし、住民等からの意見期限を待って結審したいと思います。

4 ニトリ大船店に係る新設届出について

 事務局から、届出の内容、前回審議の概要を説明し、これらを踏まえて審議を行った。

(高見沢会長) 前回、実質審議を終了しており、住民等の意見書の提出待ちでしたが、意見がなかったということです。何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項1について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 既存類似店として選定した5店舗以外で、評価が次点となった店舗の日来客数原単位も、ニトリ大和店の日来客数原単位を下回っており、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項2について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) 前回は、人口集積の類似性の基準範囲を設定した根拠がわかりませんでした。今回は設置者の報告のとおり、店舗所在地である鎌倉市の人口密度の約半分から約2倍の範囲に設定したと確認がとれましたので、問題はないと考えます。今後は、類似事例について今回のとおり判断していくという認識でよいのですか。

(事務局) 本件は、非常に混雑する地域への家具店の新設であり、類似事例自体が稀有である可能性もあることから、現時点では何とも申し上げられません。ただ、事務局としては、設置者の述べた理由付けが著しく不合理であるとまではいえないと考えています。

(岩尾委員) わかりました。問題はないと考えます。

(高見沢会長) ニトリ大船店に隣接する市区はわかりますか。

(事務局) 横浜市栄区です。

(高見沢会長) 隣接する市区の人口密度が著しく高いというようなことはないですか。

(事務局) ないと考えられます。

(高見沢会長) わかりました。他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項3について、何か意見はありますか。

(岩尾委員) 5店舗のレジ通過件数比にばらつきはないとのことですので、特に問題はないと考えます。

(高見沢会長) ばらつきがないことを確認できるデータまではないということですね。

(事務局) はい。

(高見沢会長) そのようなデータを新たに提出させ、確認することまでは不要と考えてよいですか。

(岩尾委員) はい。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(古谷委員) 確認事項3の設置者からの報告の一文目で、「大きなばらつきはない」とあります。一方2文目以降には、大和店1店舗や、他の1店舗のデータでは、ニトリとしての平均的な来店時間分布とは言い難いため、5店舗の平均を検討することとしたとあります。これは、既存類似店5店舗の時間帯別来店比率にはある程度のばらつきはあるが、一定の範囲に収まっているということでよいですか。

(事務局) 設置者に確認します。確認した結果によっては、今回の審議資料を差し替えるということでよいですか。

(古谷委員) 確認事項というほどではないため、差し替えは不要です。確認結果は、次回口頭で報告していただければ結構です。

(事務局) わかりました。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(貴村委員) 既存類似店を選定するにあたり、今回は3段階で絞込みを行う手法をとっています。これは、今回が特殊な方法だということですか。それとも、一般的な手法なのですか。

(事務局) 既存類似店のデータに基づいて必要駐車台数を算出する方法は、神奈川県では家具店についてのみ認めています。そのため、事例の蓄積はある程度限定されますが、本件の選定方法は直近の事例に即したものとなっています。

(貴村委員) 既存類似店を選定する評価項目も、直近の事例と同一ということですか。

(事務局) ほぼ同一ではありますが、人口密度による選定は今回初めて導入したものだったと記憶しています。直近の事例はホームセンター内に家具売場が存在する店舗のため、販売する品目によりある程度類似店を絞り込めていました。他方、ニトリは家具もしくは家具と同じように扱えるインテリア用品のみを取り扱っていることから、販売する物品による絞込みが困難だったため、人口密度による絞込みをしたと考えられます。

(古谷委員) 家具店は元来駐車需要が少なく、指針どおりの駐車台数を確保させるのは過度な負担であることから、既存類似店のデータに基づいて必要駐車台数を算出することを認めています。既存類似店は、参考として5店舗選定をお願いしていますが、選定は敷地面積等の評価項目を立てて行うことになります。3段階の評価基準を立てて店舗を選定する手法は記憶にはなく、人口集積を評価項目に加えるのも、珍しい例と思われます。

(高見沢会長) 今回の場合、駐車場収容台数の設定と、交通評価両方に既存類似店のデータを用いているのですか。

(古谷委員) 今回は、原則通り交通評価を実施する場合、一部の車線別混雑度が指標値を超過します。そのため、既存類似店のデータに基づき再予測を実施しています。なお、混雑度等の予測値が下がるよう作為的に既存類似店を選定する可能性がないわけではないため、既存類似店のデータにより予測をする場合、既存類似店の選定手法に問題がないかどうかは、確認する必要があると考えられます。

(高見沢会長) わかりました。今回は、周辺交差点の車線別混雑度が指標値を超えたため、周辺交差点のピーク時と店舗が最も混雑する時間帯にずれがあることを根拠に、再予測をしています。家具店で、届出収容台数と、交通に係る予測手法とが両方論点となった事例は過去にありましたか。

(事務局) 周辺交差点が指標値を超える事例は、今回が初めてだと思われます。

(高見沢会長) たまたま今回は、元々混雑している地域に家具店が出店することになった事例ということですか。

(事務局) はい。図-5をご覧ください。県道1は幅員が狭く、慢性的に混雑しています。

(古谷委員) 県道1と県道2が交差する鎌倉女子大前交差点は、予測をさせるのがやや酷に感じるほど慢性的な混雑が見られます。本交差点で指標値を超過していても、店舗のみに帰責するのは適当ではないと思われます。

(高見沢会長) わかりました。この交差点が最も混雑する時間帯はいつ頃ですか。

(事務局) 鎌倉女子大前交差点の交通量ピーク時は、休日が午前11時台、平日が午後5時台です。

(高見沢会長) そうすると、通常の食品スーパー等ではピーク時が重なるかもしれませんが、今回のような家具店の場合問題がないということですね。そういったことは予め検討したうえで、本件店舗は立地したということですか。

(事務局) 開発段階の市とのやりとり等はわかりかねる部分がありますが、スーパー等の場合、立地は困難かもしれません。

(古谷委員) 交差点の混雑度等が指標値を超過する場合、通常は指標値を超過しないよう信号現示を調整することなども検討しますが、今回はそれも不可能だったとのことです。

(高見沢会長) そのような場合、他の対策としては何が考えられますか。退店車両を規制する等ですか。

(古谷委員) おっしゃるとおり、退店車両の規制などが考えられると思われます。

(高見沢会長) わかりました。他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項4について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 既存類似店のデータから予測した本件店舗の店舗面積当たり日来客数原単位を指針の算出式に代入した場合、ピーク時には満車となる計算です。この点、店舗側はこれまでの経験則から、満車になるとは想定していないということでよいのですか。

(事務局) そのように伺っています。万一満車になった場合、屋上や店舗南側の従業員用駐車場に来客車両を誘導するとのことです。

(古谷委員) 満車になることはないことの根拠となるような、既存類似店のデータはありますか。

(事務局) 添付資料の8ページをご覧ください。今回は既存類似店5店舗のうち、日来客数原単位が最大となった店舗の値を本件店舗の予測値として採用しています。この結果、必要駐車台数は届出収容台数と同数となっており、通常満車とはならないと予測されます。

(古谷委員) 既存類似店5店舗の駐車場の収容台数はわかりますか。

(事務局) 今回、駐車場の収容台数はいただいてはおりません。

(古谷委員) 駐車場の収容台数を参考値として掲載することはできますか。

(事務局) 少なくともこれまでは、類似の案件にそこまでのデータを求めてはいなかったと思われます。

(古谷委員) 設置者からの報告に、「他店舗での実績においても、大船店においてはオープン時も含めて満車になることはないと予測している」とあります。そのため、既存類似店の実績をご教示いただきたいと思います。

(事務局) この回答における「実績」とは、店舗を運営してきたこれまでの経験則という程度の意味と考えられます。実際に駐車場の収容台数と駐車場の混雑状況とを何らかの数値で把握しているかどうかはわかりかねます。

(古谷委員) 駐車場の収容台数のみ、参考値で記載していただければ結構です。資料に記載されている日来店客数との比較で、利用状況を確認したいと思います。

(高見沢会長) 今回必要駐車台数を算出するにあたり採用した既存類似店の日来店客数原単位は、オープン時等特殊な状況も含む値ですか。

(事務局) オープン時等は大店立地法の対象となりませんので、含まないと思われます。

(古谷委員) 通常期に満車にならないことがわかればかまいませんので、既存類似店5店舗の駐車場の収容台数は参考値としていただければ結構です。ただ、満車となった場合でも従業員用駐車場へ誘導することだけ確認できていればよいようにも思われます。

(岩尾委員) オープン時等は別途対策されていますか。

(事務局) 従業員用駐車場に余裕があるため、オープン時等の満車時はそちらへ来客車両を誘導する計画です。

(岩尾委員) では、オープン時の混雑緩和対策として、添付資料の26ページにその旨追記し、明示するということですか。オープン時対策と、通常時に満車となった場合の対応とは切り分けて示す必要があると思われます。この点が確認できれば、既存類似店の駐車場収容台数を追記するのは不要と思われます。また、設置者の報告は、満車となった場合の対応が確認できる内容であればよいと考えます。

(事務局) 承知しました。添付資料の26ページに満車時対応を別途追記します。その際、オープン時に満車となった場合と通常時に満車となった場合とで対応が違うかどうかをあわせて確認するとともに、確認事項4の報告についても、必要な場合には修正します。

(高見沢会長) 確認事項4の最初の1文と、「オープン時期などに」までを削除してよいかどうか、設置者に確認するということですね。

(事務局) 承知しました。では、既存類似店の駐車場収容台数の記載は不要ということでよいですか。

(古谷委員) 不要です。

(高見沢会長) 他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 確認事項5について、何か意見はありますか。

(古谷委員) 事前にバス会社には連絡を入れるとのことですので、問題はないと考えます。

(高見沢会長) 確認事項5について確認することとなった経緯を説明してください。

(事務局) ニトリ大船店の来客車両用出入口の手前に位置するバス停が、滞留の影響等を受ける可能性があるため、図-3-1のとおり移設することとなりました。これについては協議済みでしたが、バスでの来店を案内することまでバス会社に連絡しているかはわからなかったため、確認事項となったものです。

(高見沢会長) わかりました。他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) 全体を通して、何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(事務局) 確認事項4以外は確認済みということでよいですか。

(高見沢会長) はい。添付資料26ページに付記することも含め、確認をお願いします。他に何か意見はありますか。

(各委員) (意見なし)

(高見沢会長) この案件については前回実質審議終了となっていましたが、引き続き住民等からの意見期限を待つとともに、確認事項についても次回確認します。

会議資料

商業流通課にて保管

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa