観光マップ 箱根町 強羅エリア

掲載日:2018年3月1日

強羅画像マップ印刷ページはこちら [PDFファイル/821KB]

宮城野早川堰堤の桜

宮城野早川の桜(写真)

芦ノ湖北端の湖尻から流れる早川沿いの堤にソメイヨシノの桜並木が約600メートルも続きます。

4月上旬から開催される「宮城野さくら祭り」では、期間中に桜並木のライトアップが実施されます。

また、国道138号線沿いに咲くシダレザクラも見応えがあります。

宮城野諏訪神社

宮城野諏訪神社

宮城野の森の中にある諏訪神社。宮城野地区の氏神様として昔から親しまれている神社です。諏訪信仰の本宮、長野県の諏訪大社の主祭神「建御名方命」がお祀りされています。

国選択無形文化財に指定されている「湯立獅子舞」が奉納される場所でもあります。

千条の滝

千条の滝

蛇骨川上流に位置し、高さ約3mの岩盤を幅25mに渡って、幾筋にも分かれて水がすだれ状に流れ落ちることからこの名前で呼ばれるようになりました。付近にはモミジやカエデが多く、秋の紅葉も見事です。7月ごろはゲンジボタルが飛び交い、滝の流れ落ちる音の中で幻想的な光景が見られます。

箱根写真美術館

箱根写真美術館

三代に渡り写真家として活動を続けた山田・遠藤家の居住敷地内に設立された小美術館。

常設展では、地元写真家・遠藤桂による四季折々の美しい富士山写真を展示。その他企画展も随時開催。

箱根彫刻の森美術館

彫刻の森美術館

1969年に開館した国内初の野外美術館。7万平方メートルの広大な敷地内には、国内外の巨匠の作品120点余りが展示されています。また、約320点のコレクションを順次公開しているピカソ館など5つの室内展示場や、子どもたちが楽しく遊ぶことができる作品、敷地内の源泉を活用した温泉足湯、カフェなどもあり、一日中ゆっくり過ごすことができます。

箱根強羅公園

箱根強羅公園

1914年に開園され2014年に100周年を迎えた、日本初のフランス式整型庭園です。フランス式整型庭園とは、平坦で広大な敷地に左右対称に幾何学的に池などを配置した特徴がありますが、強羅公園は傾斜面に作られています。

 広い空と山々に囲まれた開放的な園内には、様々な花が植えられており、花の名所でもあります。

また、熱帯植物館や茶室、体験工房などの施設もあり、いろいろな体験を一度にできるのが魅力です。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。