観光マップ 箱根町 元箱根エリア

掲載日:2018年3月1日

元箱根画像マップ印刷ページはこちら [PDFファイル/700KB]

芦ノ湖

芦ノ湖

芦ノ湖は海抜724mに位置し、春の新緑、夏の花火、秋の紅葉、冬の湖面に映る逆さ富士など、箱根を代表する絶景スポットを愉しめるリゾートエリアです。

ワカサギやバス、トラウトなど釣りの名所として知られ、家族で楽しめるレジャースポットとしても人気があります。

また、パワースポットと名高い「箱根神社」、江戸情緒あふれる「箱根関所」に「旧東海道杉並木」など、歴史や文化探訪にもオススメです。

畑宿 夫婦桜

畑宿夫婦桜

4月中旬頃に見ごろを迎える畑宿のヤマザクラは、互いに寄り添うように咲いている姿から「夫婦桜」と呼ばれています。樹齢100年から150年で、背丈も幹の太さも枝張りもほぼ同じような姿から、夫婦仲の良い姿に例えられ、縁起の良い桜です。

うち1本は「連理の桜」と呼ばれ、2本の木が根元で一つにつながっており、「夫婦桜」同様、夫婦を連想させるため、とても縁起がいいと云われています。

箱根神社と九頭龍神社

箱根神社と九頭竜神社

奈良時代の終わり、天平宝字元年(757年)、万巻上人によって創建されました。

関東の総鎮守として、代々の武将によって崇められてきた、緑豊かな木々に囲まれたパワースポットでもあります。

開運厄除、交通安全、心願成就、商売繁盛、縁結びなどに神徳の高い神として信仰される神社です。

また、境内末社の九頭龍神社(新宮)は、開運隆盛はもとより、金運守護・商売繁盛・縁結びの神様として、篤い信仰を受け、特に13日に本宮で行われる月次祭には、全国各地よりたくさんの参詣者がお参りに訪れます。

箱根関所

箱根関所

江戸時代、旅人を厳しく改めた箱根関所。およそ140年の時を経て完全復元。渋墨塗りの威厳溢れる御門や番所、そして、芦ノ湖を望む豊かな眺望は訪れる人を歴史ロマン溢れる箱根の旅へと誘います。

箱根町立森のふれあい館

箱根町立森のふれあい館

「箱根やすらぎの森」のメインスポット。動物や植物の展示をとおして、自然の素晴らしさや森の大切さを紹介しています。中でも「生きた昆虫展」は夏休みの子供たちに人気です。木の実クラフトなどの工作や、森を回るウォークラリーも体験できます。

畑宿一里塚

畑宿一里塚

江戸時代旅人の目印として徳川幕府が作った、日本橋から数えて二十三里目にある塚です。箱根町の中にはかつて湯本茶屋、畑宿、箱根の3か所に一里塚がありましたが、現在、唯一その形態をとどめています。

標識樹として、塚の頂上に、畑宿から見て右側の塚にはモミの木を、左側の塚にはケヤキの木が植えられています。

箱根旧街道杉並木

箱根旧街道杉並木

元箱根から恩賜箱根公園まで約500m続く、箱根旧街道の杉並木。

1618年(元和4)、幕命によって川越城主・松平正綱が植林したと伝えられています。道中には約400本の杉が連なり、夏の強い日差しや冬の寒風から旅人を守っていました。なかには幹回り4mの大木もあります。

元箱根石仏群

元箱根石仏群

元箱根にある精進池周辺には、今から約700年前、鎌倉時代から室町時代前期にかけて数多くの石仏や石塔が造られました。これら石仏・石塔の多くは、中世の地蔵信仰を物語る遺物として国の重要文化財に指定され、また、周辺一帯も同様に国の史跡に指定されています。このような貴重な遺跡について、資料を収集し後世まで残していくために、箱根町では、昭和63年から約10年間の期間を費やし、この周辺の整備を行いました。

精進池のほとりに建つ「石仏群と歴史館」には、石仏群についてのわかりやすいパネル展示がしてあります。

東光庵熊野権現旧跡

東光庵熊野権現旧跡

国道1号沿いに広がる芦之湯は、旧跡も多く点在する閑静な温泉地。江戸時代から湯治場として賑わい、数々の文人墨客も湯治に訪れたといいます。湯治の合間には箱根権現の末社熊野堂境内の「東光庵薬師堂」に集まり、句会や作茶会を楽しんだそうです。明治になり木戸孝允と西郷隆盛の密談にも使われたと云われています。

東光庵は、1871(明治4)年に火災を出し、1882(明治15)年に廃庵となりましたが、発掘調査や文献資料に基づき平成13年(2001)に復元されました。江戸時代から残る十六羅漢像や芭蕉の句碑、蜀山人の碑など石造物も保存修理され、往時の姿が120年ぶりに蘇りました。同時にとなりに熊野神社も再現されています。

神奈川県立恩賜箱根公園

神奈川県立恩賜箱根公園

県立恩賜箱根公園は、「旧函根離宮」跡地に広がり、芦ノ湖や周りを囲む箱根外輪山、富士山が一望できるビュースポットです。

「かながわ景勝50選」にも選ばれており、公園のほぼ中央には旧離宮本館の礎石が残されています。

正面にはかつての離宮を思わせる「湖畔展望館」が建てられています。展望館内にはかつての函根離宮の資料が展示されており、2階のバルコニーからは、絶景が眺められます。

また、園内では桜やツツジ、モミジなど、四季折々にあわせて様々な植物を楽しめます。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa