観光マップ 山北町

掲載日:2018年3月1日

山北町観光マップの画像マップ印刷ページはこちら [PDFファイル/635KB]

洒水の滝

洒水の滝

鎌倉時代の名僧文覚上人が修行した滝で、酒匂川の支流にかかる29,16,69mと3段に分かれ落下する滝。付近には文覚上人が安置したといわれる滝不動尊(不動明王「穴不動」)があります。「洒水」=「しゃすい」の名は、密教用語で清浄を念じてそそぐ香水を指します。日本の滝百選,全国名水百選,かながわの景勝50選の地にも選ばれています。

※現在は落石の危険があるため、赤い橋の手前で見学していただくようになっています。

丹沢湖

丹沢湖

丹沢湖は昭和53年(1978)三保ダムの建設により出現した人造湖です。丹沢湖は自然の環境を大切にした美しい湖で、湖畔からは富士山の眺望、春の桜、秋には美しい紅葉が見られます。夏にはカヌーマラソンIN丹沢湖や花火大会が行われ多くの観光客でにぎわいます。11月最終日曜日に丹沢湖ハーフマラソン大会が開催され、全国から毎年約4,000人のランナーが集まります。かながわの景勝50選の地でもあり、湖畔の千代の沢園地展望台から望む富士山は「関東の富士見百景」にも選ばれています。

大野山

大野山

標高723mのなだらかな山であるため、ハイキングコースは家族連れにも評判が良いです。山頂からの景色は360°の大パノラマであり、晴れた日には遠く相模湾を望むこともできます。また、雄大な富士山を望むこともでき、その眺望は「関東の富士見百景」にも選ばれています。毎年、4月29日には山開きが行われ、多くのハイカーで賑わいます。

高松山

高松山

標高801mのこんもりした草原の山。バスで"高松山入口"で降り、東名高速道路の下を通り、しばらく登ると左右に「キウイ畑」があり、尾根を過ぎた頃お地蔵様が並んでいるビリ堂に出ます。頂上からの眺望はすばらしく、西に箱根連山、その向こうに富士山、北に連なる丹沢山塊、南に相模湾から伊豆の島々が見えます。

不老山

不老山

山頂では、丹沢山塊が目前に広がり、眼下には丹沢湖が一望できます。山頂付近は展望のよい尾根歩きがはじまり、富士山、矢倉岳や明神ケ岳からなる箱根の山々の大パノラマが広がります。所々で、4月中旬から下旬にかけてヤマブキの黄色い花が咲き、5月頃にはサンショウバラがピンク色の大輪の花を咲かせます。標高928m。

中川の箒杉

中川の箒杉

形が箒に似ている大杉です。高さ45m、根回り18mであり全国名木百選、国の天然記念物、かながわ未来遺産100に指定されています。推定樹齢は神奈川県内最高齢の二千年と言われています。周辺からは湧水も出ています。

山北鉄道公園

山北鉄道公園(画像)

山北鉄道公園は美しい桜の名所として知られており、鉄道公園を含む山北駅の東側の樹齢約50年のソメイヨシノ約130本の桜並木は、神奈川県の「かながわのまちなみ100選」に選ばれています。また、昭和43年御殿場線全線の電化によって蒸気機関車としての使命を終えた、D52-70が、鉄道公園内に記念展示されています。毎年3月下旬から4月上旬の桜の見頃の時期には、ここをメイン会場に「やまきた桜まつり」が開催されます。

ダム広場公園

ダム広場公園(画像)

三保ダム直下の公園。丹沢湖、三保ダムのミニチュアもあります。紅葉の季節は美しい光景が広がります。また、ミツマタが植えられており、初春の時期にはきれいな黄色い花を咲かせます。

広場内を散策し、大自然の中の澄んだ空気を吸ってリフレッシュしてみませんか。

丹沢湖記念館・三保の家

丹沢湖記念館三保の家

三保ダム・丹沢湖の資料館です。中には昔の周辺地域の資料の展示があり、お土産等も販売しています。レンタサイクル、貸しボート等も行っています。隣にある「三保の家」は三保ダム建造にあたり、古民家を移転したものです。

丹沢湖を散策した後はこちらでお土産をどうぞ。

八幡神社のクスノキ

八幡神社のくすのき

山北町岸の八幡神社入り口にあり、樹高約20m、根廻り約7.2mを有し、推定樹齢は約300年とされています。その姿は根元から約6mのところで大きく2つの幹に分かれ、しかも斜めに張り出した巨木で、その葉は幹がかくれる程茂っています。根元の小枝は関東大震災によって根元がさけ、その先端から生じたもので、学術的にも貴重な現象です。山北町指定の天然記念物で、夏には涼しい木陰を作ります。

西丹沢ビジターセンター

西丹沢自然教室(画像)

西丹沢の玄関口に位置する自然・登山の案内施設です。周辺の登山情報、自然情報を提供しています。また、登山に関する届出書の受理等も行っているので、西丹沢へお出かけの方はお立ち寄りください。中には展示スペースもあります。登山にお出かけの方は登山届を提出しましょう。

河村城跡

河村城跡

河村城跡は、歴史をしのばせる静かなたたずまいをみせる県指定史跡です。「吾妻鏡」に見られる吉野朝時代の豪族河村氏の居城址であり、南側が断崖になっていて天然の要害といわれています。その後、戦国時代には小田原北条氏の持城となり、武田氏に対するための重要な城でした。史跡としてだけではなく、河村城址歴史公園を通るハイキングコースや森林セラピーロードとしても人気です。

線守稲荷

線守稲荷(画像)

山北駅都夫良野(つぶらの)地区、国道246号の四軒屋付近には、線路の守り神として線守稲荷があります。JR関係者はもとより多くの地域住民が参加して、事故防止・家内安全の参拝を続けています。そして、毎年4月中旬には例大祭が催されています。

線守稲荷について、次のようないわれが残っています。御殿場線が東海道線として開通した際、山北町での鉄道トンネル工事でキツネの巣が壊され、地元の方々がその仕返しを心配していたところ、幻のような現象が多発しました。そこで、思い切って電車を走らせてみたところ、キツネがなくなっているのを見つけ、その霊をなぐさめようと稲荷神社をつくってまつったところその現象がやんだとのことです。

中川温泉

中川温泉

中川温泉は丹沢湖にほど近い山あいの温泉場で、その歴史は古く、今から約400年前に武田信玄が北条氏康との合戦で負傷した将兵を入浴療養させたという伝説も伝わっていることから、「信玄の隠し湯」という別名もあります。

泉質はアル力リ単純泉でPHが高く、胃腸病・神経痛・リューマチ・高血圧、傷の回復などのほか、美容効果も高いとされ、お肌がつるつるになる「美人の湯」としても広く知られています。

さくらの湯

さくらの湯

2004年4月オープンの多目的施設です。「さくらの湯」は一般の方々にも解放しており、春は桜を眺められ美しい光景が広がります。人工温泉、サウナや運動浴場もあります。

ユーシン渓谷

ユーシン渓谷

丹沢湖畔玄倉から玄倉川沿いに歩いて行きます。春は新緑、夏は歩いていても涼しく、秋はすばらしい紅葉の中を歩きます。

駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

また、途中真っ暗なトンネルがあるので懐中電灯等照明器具を必ず持参してください。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。