ビュースポット

掲載日:2018年3月1日

高松山(山北町)

高松山

本文標高801mのこんもりした草原の山。バスで"高松山入口"で降り、東名高速道路の下を通り、しばらく登ると左右に「キウイ畑」があり、尾根を過ぎた頃お地蔵様が並んでいるビリ堂に出ます。頂上からの眺望はすばらしく、西に箱根連山、その向こうに富士山、北に連なる丹沢山塊、南に相模湾から伊豆の島々が見えます。

 

最明寺史跡公園(松田町)

石垣山一夜城歴史公園(小田原市)

石垣山一夜城

天正18年(1590)、豊臣秀吉が小田原合戦の本営とした城の跡地。一夜のうちに築城したように出現させたという伝承から、この名がつきました。本丸物見台からは、小田原城下はもちろん、丹沢山系、相模湾、更には天気の良い日に双眼鏡を使えば東京スカイツリーも見ることができます。

また、駐車場に隣接する一夜城ヨロイヅカファームマルシェでは、地元の新鮮な農産物を購入できます。

 

松田山ハーブガーデン(松田町)

松田山ハーブガーデン

ラベンダー、セージ、ミントなど181種類以上のハーブ畑が山の斜面に広がり、1年を通してハーブの香りが楽しめます。ハーブ館では、リースやポプリづくりなどの工芸やハーブ料理も味わえ、香りの文化を体験できます。

三ツ石海岸(真鶴町)

三ツ石海岸

真鶴半島の先端にある景勝地。浜辺から約200mにわたって続く岩礁の先に3つの巨大な岩が海から顔を出しています。また、岩の間からご来光を拝むことのできる初日の出のスポットとしても有名で元旦には多くのカメラマンで賑わいます。

富士見塚(大井町)

富士見塚

「源頼朝が、巻狩の往還に馬をとめ、富士山を眺めた」といわれる海抜250メートルの丘で、富士浅間神社の分神として「富士山大神」の碑があります。大井町で選定する「富士見塚ハイキングコース」の名称の由来でもあり、富士山はもとより、近くの広場からは箱根連山、相模湾も見渡せます。

西平畑公園(松田町)

西平畑公園

「関東の富士見百景」に選定されています。冬期には伊豆七島の利島、新島が見えることもあります。早春には、平成8年から松田山南斜面に植栽された早咲き桜360本が咲き、2月中旬から3月中旬「まつだ桜まつり」が開催されます。初夏・秋にはハーブフェスティバルが、12月にはきらきらフェスタ(イルミネーション)が開催され、四季折々楽しめる公園です。

中井中央公園(中井町)

中井中央公園

中井町の中央に位置する公園で、野球場・多目的広場は各種スポーツやイベントに対応でき、パークゴルフ場は連日大賑わいの人気スポットとなっています。

コミュニティ広場ゾーンには、全長101mのローラー滑り台をはじめとした各種遊具が設置された「遊びの広場」、長さ40mのせせらぎと直径22mの親水池が設置された「水辺の広場」があり、子どもたちが楽しめるエリアとなっています。

また、園内からは富士山を臨むことができ、4月上旬と9月上旬の日没時には富士山の山頂と太陽が重なる「ダイヤモンド富士」という現象を見ることができます。

星ヶ山公園 さつきの郷(湯河原町)

星ヶ山公園

星ヶ山の50,000株のさつき、そして紺碧の海を見下ろす展望広場に、友逢の鐘の音が響きます。

足柄峠(南足柄市)

足柄峠

古代より都と東国を結ぶ街道が通っていた足柄峠は現在でも神奈川県と静岡県の県境となっています。

神奈川県側には万葉公園があり、園内には万葉集に詠われた足柄に関する7つの歌碑がたち、万葉の花木が植えられています。また、万葉公園入口付近に新設された「希望の丘」から眺める富士山は、広葉樹や松の枝越しとなり、日本画的な風景が楽しめます。また、足柄平野をはじめ相模灘や遠く房総半島まで見渡せます。

静岡県側では、富士山が裾野まで眺める事ができ、富士山のビュースポットとして多くの人が訪れます。

大野山(山北町)

大野山

標高723mのなだらかな山であるため、ハイキングコースは家族連れにも評判が良いです。山頂からの景色は360°の大パノラマであり、晴れた日には遠く相模湾を望むこともできます。また、雄大な富士山を望むこともでき、その眺望は「関東の富士見百景」にも選ばれています。毎年、4月29日には山開きが行われ、多くのハイカーで賑わいます。

金時山(南足柄市)

明神ヶ岳

南足柄にはファミリー層から年配者まで幅広い方たちに気軽にハイキング感覚で登山出来る山があります。箱根外輪山の最高峰でもある金時山は山頂に茶屋やトイレもあり、同じく箱根外輪山の明神ケ岳とともに富士山や箱根大涌谷等の絶景が楽しめます。矢倉岳は標高870mともっとも手軽な山であり、富士山はもとより三浦半島や房総の眺望を楽しむことができます。

神奈川県立恩賜箱根公園(箱根町)

恩賜箱根公園

県立恩賜箱根公園は、「旧函根離宮」跡地に広がり、芦ノ湖や周りを囲む箱根外輪山、富士山が一望できるビュースポットです。

「かながわ景勝50選」にも選ばれており、 公園のほぼ中央には旧離宮本館の礎石が残されています。

正面にはかつての離宮を思わせる「湖畔展望館」が建てられています。 展望館内にはかつての函根離宮の資料が展示されており、2階のバルコニーからは、絶景が眺められます。

また、園内では桜やツツジ、モミジなど、四季折々にあわせて様々な植物を楽しめます。

丹沢湖(山北町)

丹沢湖

丹沢湖は昭和53年(1978)三保ダムの建設により出現した人造湖です。丹沢湖は自然の環境を大切にした美しい湖で、湖畔からは富士山の眺望、春の桜、秋には美しい紅葉が見られます。夏にはカヌーマラソンIN丹沢湖や花火大会が行われ多くの観光客でにぎわいます。11月最終日曜日に丹沢湖ハーフマラソン大会が開催され、全国から毎年約4,000人のランナーが集まります。かながわの景勝50選の地でもあり、湖畔の千代の沢園地展望台から望む富士山は「関東の富士見百景」にも選ばれています。

仙石原すすき草原(箱根町)

仙石原

仙石原のすすき草原は「かながわの景勝50選」「かながわの花の名所100選」にも選ばれている名所で、毎年大勢の観光客が訪れるススキの名所スポットです。

台ヶ岳の斜面を覆い尽くすように、数えきれないほどのススキが一面に広がります。その圧倒的な迫力に初めて見る方は特に驚かれることでしょう。すすき草原の中はススキをかき分けるように道が続いており、見渡す景色がススキに囲まれた幻想的な景色を楽しむこともできます。

不老山(山北町)

不老山

山頂では、丹沢山塊が目前に広がり、眼下には丹沢湖が一望できます。山頂付近は展望のよい尾根歩きがはじまり、富士山、矢倉岳や明神ケ岳からなる箱根の山々の大パノラマが広がります。所々で、4月中旬から下旬にかけてヤマブキの黄色い花が咲き、5月頃にはサンショウバラがピンク色の大輪の花を咲かせます。標高928m。

ケープ真鶴(真鶴町)

ケープ真鶴

真鶴半島の突端、三ツ石を間近に眺める絶好のロケーションに位置する観光施設です。喫茶店・休憩所・売店などが営業されています。近くの展望台からは、初島や大島、伊豆半島、さらには晴れて空気の澄んでいるときには、房総半島まで見渡すことができます。