「小尾嘉郎氏関係資料」を公開しました

掲載日:2018年4月20日

小尾嘉郎氏関係資料

このたび公文書館では、「小尾嘉郎氏関係資料」の整理が完了しましたので、公開することとなりました。

小尾嘉郎氏とは?

小尾嘉郎氏(1898[明治31]-1972[昭和47])は、現在の神奈川県庁舎(通称「キングの塔」)を設計した人物として知られています。現在の県庁舎は4代目のものですが、3代目の県庁舎は1923(大正12)年の関東大震災により焼失してしまいました。そこで県では、県庁舎の設計をコンペに付すことを決定し、400通近い応募のなかから、小尾の作品が「一等当選」に選ばれました。

神奈川県からの当選状当選を伝える新聞記事
左:神奈川県からの当選状
右:当選を伝える新聞記事
(いずれも小尾嘉郎氏関係資料所収「SCRAP BOOK」[ID:2601600054]より)

小尾嘉郎氏関係資料の概要

今回公開する関係資料は全65件(点数149点)で、神奈川県庁舎の設計・建築等に関する資料、ならびに小尾の少年・青年時代の記録類が含まれています。このホームページから目録もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

神奈川県庁舎工事写真明治42年度暑中休暇日記
左:神奈川県庁舎工事写真(小尾嘉郎氏関係資料所収「本庁舎関連重要写真等」[ID:2601600055]より)
右:明治42年度暑中休暇日記(小尾嘉郎氏関係資料所収「明治42年度暑中休暇日記」[ID:2601600001]より)

目録はこちらから

「小尾嘉郎氏関係資料」目録[PDFファイル/226KB]

(凡例)
各分類の配列は資料ID順としました。
目録の項目は、(1)資料ID、(2)資料名、(3)数量、(4)資料概要、(5)作成年月日、(6)作成者、(7)差出人、(8)受取人、(9)備考の順で記載しました。なお、資料に該当する記載がない項目については空欄としました。
資料名は、表題のあるものについてはそれを採用し、ないものについては〔 〕を付して仮表題としました。また、内容摘記等、整理担当者による追記にも〔 〕を付しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる