企画展示「旅館とホテルの文化史」を開催中です!

掲載日:2018年4月20日

企画展示「旅館とホテルの文化史」が8月24日(土曜)から始まり、およそ20日が経過しましたが、これまでに400名を超える方にご観覧いただいております。
「旅館とホテルの文化史」のページはこちらから

さまざまなご感想をいただいています

本展示では観覧のアンケートをお願いしていますが、ご観覧いただいた方々から、さまざまなご意見やご感想をいただいています。その一部をご紹介いたします。

「箱根、湯河原の関係展示が多く、「道中記」の資料にも身近な地名を見つけ、とても親しみやすいものでした。」
「文書資料だけというイメージがあった公文書館ですが、地元の地図や新聞、写真なども拝見できて面白かったです。」
「戦争を知らない世代であり、戦争体験談を聞く機会もなくなってきているので、当時の学童疎開の状況を資料で知ることができ、とても勉強になりました。」

いただいたご意見は、今後の展示を企画・運営するなかで検討していきたいと考えております。

展示解説もおこなっています!

本展示では、展示担当者による解説を4回開催しています。各テーマに関する展示資料と詳しい内容の解説のみならず、展示では紹介しきれなかった内容などにも触れています。

展示解説の様子(8月24日)展示解説の様子(9月14日) 

(8月24日に開催された展示解説の様子) (9月14日に開催された展示解説の様子)

今後の展示解説は、10月19日(土曜)、11月16日(土曜)、ともに午後2時から行われます。申込不要ですので、どうぞお越しください!

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる