公文書レスキュー事業の現在

掲載日:2018年4月20日

ただいま修復中

公文書レスキューのポスター公文書レスキューのリーフレット

ポスターの大きい画像はこちら[PDFファイル/2.11MB]リーフレットの大きい画像はこちら[PDFファイル/956KB]

公文書館では2011年10月から東日本大震災の津波により被災した陸前高田市の公文書レスキューを始めました。公文書レスキューの目的は、津波によって海水や泥水を被って市役所の業務には使えなくなった公文書を、再び使用できるように修復することです。

これまでレスキュー隊は現地へ2度赴き、市が修復を希望する永年保存文書を中心に、800冊を公文書館に移送しました。現在も館内のレスキュー室で修復作業が進められています。

この度、みなさまにレスキュー作業を知っていただくため、ポスターとリーフレットを作成しました。リーフレットには2ページにわたってレスキュー作業の工程を写真と共に掲載しています。上記のPDFファイルから、ご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019