アーカイブズ入門講座開催

掲載日:2018年4月20日

アーカイブズ入門講座 平成23年7月16日、17日開催

7月16、17日にアーカイブズ入門講座が開催されました。講師は当館職員が務め、県内外から50名ほどの方が参加してくださいました。

16日は「公文書館制度の歴史-日本と西欧-」と「現代の公文書館-情報公開制度と公文書館制度-」という内容で講座が行われ、17日は「公文書館資料の世界を読み解く」とバックヤードの見学会が行われました。

公文書館の資料を読み解く(1)では、「近世の資料から読み解く山梨・静岡・神奈川の3県境」と題して、幕末期の神奈川県域に於ける最大の国境争論を江戸時代の古文書を使って紹介しました。

公文書館の資料を読み解く(2)では、「長浜検疫所と野口英世の記憶と記録」と題して、当館にある旧長浜検疫所の復旧工事に関する公文書を紹介しました。この建物は細菌学者・野口英世が明治32年(1899)の一時期に勤務していたことでも知られ、横浜市金沢区の野口記念公園に現存しています。

古文書資料を使った説明の様子歴史的公文書資料を使った説明のようす
資料を読み解く(1)国境争論 資料を読み解く(2)長浜検疫所と野口英世

講義の後には館内見学が行われ、展示室や書庫などを説明を受けながら巡りました。アンケートによれば、バックヤード見学はとても好評でした。

展示室の見学閲覧室の見学
展示室 閲覧室

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019