日産自動車株式会社と「災害時等における消防ヘリコプター活動拠点としての使用に関する協定」を締結します
日産自動車株式会社が災害時に県内最大となる消防ヘリ活動拠点を提供

掲載日:2018年3月19日
2018年03月19日
記者発表資料
(県政・横須賀市政記者クラブ同時発表)

県は、災害対策を強化するため、日産自動車株式会社と「災害時等における消防ヘリコプター活動拠点としての使用に関する協定」を締結します。また、本日、日産自動車株式会社において同様の記者発表を行います。

1 協定の概要

日産自動車株式会社は、災害発生時、県の協力要請により全国から応援に来る消防ヘリコプターの離着陸及び駐機場等として、協定に基づき追浜工場内のテストコース「GRANDRIVE(グランドライブ)」(横須賀市夏島町)を提供します。

2 協定の特徴

これまで県では、災害時の消防ヘリコプターの受け入れのため、5箇所(25機)の活動拠点を確保してきました。今回の日産自動車株式会社との協定によって確保できる活動拠点は6箇所(40機)となります。

今回の活動拠点には、次の特徴があります。

(1)駐機可能数は15機と、既に協定締結済みの活動拠点の中で最大となります。

(2)県の東側に位置する活動拠点の確保は初めてとなります。

(3)一般住民の立ち入りが制限されている場所のため、住民の避難の可能性もなく、県民の安全を担保できます。

(4)県内にある唯一の消防ヘリコプターのヘリポートである横浜ヘリポートと直線距離約2kmと近接しており、災害時に非常に効率的な航空運用が期待できます。

3 協定締結日

平成30年3月19日(月曜日)

4 添付資料

参考資料 県内の消防ヘリコプター活動拠点状況(PDF:463KB)

問合せ先

安全防災局安全防災部消防課

課長 中村
電話 045-210-3422

副課長 大野
電話 045-285-0810

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。