キャベツウニの概要

掲載日:2021年1月6日

キャベツウニの概要

キャベツウニとは

……磯焼け対策で駆除されるムラサキウニに、流通規格外で本来なら捨てられてしまうキャベツを2か月ほど与えて育てた養殖ウニのことです。その身は、甘味成分のグリシンが多い一方で苦み成分のバリンが少なく、天然のムラサキウニと比べて磯臭さが少ないのが特徴です。現在、県水産技術センターで、県内の漁協や民間企業と連携して量産化に向けた取組みを進めています。

キャベツウニについて

クリックすると拡大版が読み込めます(PDF:620KB)

 

詳しい紹介はこちら(水産技術センターHP)

詳しい研究内容はこちら

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。