神奈川県三浦半島地区アワビ資源回復計画

掲載日:2018年9月4日
資源回復計画は、平成23年度末で終了いたしました。本計画の総括・評価については、次のページをご参照だくさい。

資源回復計画の評価・総括について

「神奈川県三浦半島地区アワビ資源回復計画」について

1.資源の現状と資源回復の必要性

アワビは神奈川県の磯根漁業を代表する重要な水産資源です。

かつて(戦前)は100トン以上あった漁獲量が減少してきました、種苗放流の開始により60トン前後に回復しましたが、その後再び減少し、平成15年(2003年)には20トンとなっています。 

水産技術センターの調査によると、漁獲物中に占める放流貝の比率は非常に高く、近年9割以上になることがあります。

このことは、天然貝の減少の原因の一つと考えられ、親貝密度が低く(0.3個/平方メートル以下)になったことが、アワビ資源減少の理由の一つと推測されました。そこで、放流貝に頼るのではなく、稚貝及び親貝を保護し天然貝による再生産を促すことが不可欠と考えます。


2.資源の利用と資源管理等の現状

神奈川県では、アワビをみづき漁業、裸もぐり漁業及び潜水器漁業により漁獲しています。

神奈川県海面漁業調整規則による産卵期の保護(禁漁期間)や小型貝保護(かく長制限)等の規制措置の他、一部の地域では操業時間制限等資源管理が行われています。

アワビの種苗放流を漁業協同組合では毎年実施しています。

一部の組合では中間育成を行い大型化してから放流しています。


3.資源回復の目標

アワビ漁獲量の8割以上が三浦半島地区で漁獲されていることから、この地区において資源増大の手法を検討することにしました。まず、保護区を設定し、親貝生息密度を5年間で2個/平方メートル以上にすることを目指します。

さらに、本計画終了後も事業を継続することにより、当該地区の10年後の資源を現在の漁獲量18トンから36トンとすることを目標とします。


4.資源回復のために講じる措置

操業区域の一部を周年禁漁(5年間)とし、50mmサイズのアワビ大型種苗を高密度に放流して、親貝場として保全します。

漁業者は密漁等を防止するための監視を日常的に実施します。

投石及び海底耕耘等による漁場環境の保全及び外敵駆除等を実施します。

県はこれらの措置に対して支援していきます。


神奈川県におけるアワビ漁獲量の推移


資料:アワビ資源回復計画(PDFファイル 270KB)

水揚げされたアワビ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。