神奈川県資源管理指針の策定について

掲載日:2018年8月16日

本県では平成23年4月から「資源管理・漁業経営安定対策」を国や漁業関係団体と連携を図りながら実施しています。 この制度は、計画的に資源管理や養殖漁場の環境改善に取り組む漁業者を対象に、漁業共済掛金への国庫補助率の引き上げなどが行われるものです。

この制度を受けるためには、県が定めた資源管理指針の内容を基に、漁業者(漁業協同組合等)が指針の内容に沿った資源管理計画を作成し、その内容を実行することが必要になります。

このたび、「神奈川県資源管理指針」を改正し、資源管理に取り組むべき魚種及び漁業種類を追加したので、公表します。

神奈川県資源管理指針(平成28年6月29日改正)[PDFファイル/588KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。