ドローン前提社会の実現に向けた取組み

掲載日:2020年2月14日

ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業について

県では、ドローンのさらなる活用や県民の理解促進を図るモデル事業(第1期)として、31件の応募をいただき計23件を採択しました。また、新たな課題に対する提案を第2期モデル事業の募集を開始しました!

【モデル事業(第2期)】

ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業(第2期)の募集を開始します!

【モデル事業(第1期)】

ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業を採択!(第3弾)

ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業を採択!(第2弾)

ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業を採択!(第1弾)

<参考>ドローン前提社会の実現に向けたモデル事業(第1期)の募集について(募集は終了しました)

かながわドローン前提社会ネットワークについて

市町村や企業、アカデミア等と連携し、ドローンの社会実装の促進を通して、地域の課題解決と経済振興を図る活動を行います。

かながわドローン前提社会ネットワークのページ

関連メディア情報

(1)ドローンジャーナル(令和1年9月30日)
『かながわドローン前提社会』を牽引する2人のキーマンに直撃インタビュー