Academy News・ 2016年11月

掲載日:2018年5月7日

2016年11月25日 初雪の翌日

強い寒気と低気圧の影響で24日は県内各地で雪となり、横浜では54年ぶりに11月の初雪となりました。

翌25日は雪が残る中、普段通りの作業が行われました。ほ場はぬかるんでいましたが、販売実習やプロジェクト学習のデータ取得のため、学生達は「手がかじかむー」と言いながら、元気に実習に励んでいました。

この降雪で、さらに野菜等の値段が上がるかもしれませんね。
アカデミーでは実習で収穫した生産物を、お値打ち価格で販売しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

雪のなかキャベツ収穫雪だるまダイコン収穫

ハクサイ収穫トンネル作業みかん収穫

2016年11月24日 大型特殊自動車免許実技試験

技術専修科の学生及び農業機械士研修受講者を対象とした大型特殊自動車免許(農耕車限定)の実技試験をアカデミー内の運転コースで行いました。
当日は、真冬並みの気温で試験開始前から降雪があり、大変滑りやすい非常に厳しい気象条件での試験となりました。

実技試験では、障害物回避、方向変換、交差点や踏切の通過などが設定されたコースを農業用トラクターで走り、一時停止、徐行や安全確認のほか、メリハリのある運転ができているかなどを、運転免許試験場から来ていただいた試験官に審査を受けました。
受験者の皆さんは、路面状況や視界の悪い中、練習のときよりも慎重な運転で受験しているようでした。

試験終了後、試験官から「道路状況に応じた運転が大切である。ほとんどの受験者は何らかの減点があり、そのことを自覚することが大切で、それを安全運転に繋げて欲しい。」との講評がありました。
試験の結果、無事に受験生32名全員が合格することができました。試験に合格した皆さん、これからも安全運転に心掛けてください。

大型特殊免許試験雪がふりしきるカーブを運転

慎重に操作安全に操作メリハリのある運転

2016年11月14日 海外農業研修生との交流会

タイ国とマレーシア国の農業青年が、日本の農業を学ぶ一環で神奈川県に研修に来ています。その4名が11月14日に本校を訪れ、学生との交流を行いました。

4名とも野菜農家で研修を行っているため、野菜コースの学生と共同で、キャベツ・ダイコンの収穫・調製や、ジャガイモ・サトイモの選別・袋詰め等を行いました。
先進農家等派遣研修で一緒に作業した学生もおり、終始和やかに実習を行っていました。

海外研修生と記念写真海外研修生とイモの袋詰め学生とイモの袋詰め

海外研修生とダイコンの出荷準備本校職員からの説明食堂でみんなと給食

2016年11月3日 秋のアカデミーまつり

同窓会との共催で、恒例の「秋のまつり」を11月3日に開催しました。天候にも恵まれ、約2200名もの多くの方に来場していただき、盛況のうちに終了することができました。
学校や同窓会が出品した新鮮な農畜産物の購入や、体験イベント等への参加など、たくさんの方々がアカデミーの秋を満喫なさったのではないでしょうか。

ご来場いただき、誠にありがとうございました。来年の4月29日には、「春のまつり」を開催する予定です。皆様のお越しをお待ちしております。

 

まつり全景野菜販売キウイもぎとり

フラワーアレンジ和太鼓模擬店

記事の詳細はこちらで掲載しております。
2016年11月3日 秋のアカデミーまつり

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa