Academy News・ 2016年6月

掲載日:2018年5月7日

2016年6月30日 生産技術科1年生 先進農家等派遣研修報告会

生産技術科1年生の先進農家等派遣研修が6月24日に終了しまた。10日間の研修から1年生が元気に戻り、その締めくくりとして6月30日に研修報告会を行いました。

当日は仲間の前に出て、派遣先の概要、研修内容、アカデミーとの相違点、感想等を発表しました。中には、ホワイボードを用いて果樹の仕立て方やめずらしい野菜を図示しての説明もあり、学生の皆さんの頑張りが伝わってきました。

それぞれが反省点や抱負等を述べましたが、その気持ちを忘れずに残された学生生活を過ごして欲しいものです。
2年生になると、50日間の派遣研修が待っています。今回の反省点を活かし、一段と成長することを望んでいます。

1年研修報告会11年研修報告会21年研修報告会31年研修報告会4

1年研修報告会51年研修報告会61年研修報告会71年研修報告会81年研修報告会9

2016年6月15日 生産技術科1年生 先進農家等派遣研修開講式

6月15日に生産技術科1年生の先進農家等派遣研修の開講式が行われました。
31名の学生が20名の先進農家の皆様の元で、今日から10日間の研修を行います。受入農家の皆さん、どうかよろしくお願いします。

過去に研修を受けた多くの先輩たちは、この研修後に意欲的にしっかり取り組むようになり、良い意味で変化する姿を見せてくれました。また、この研修をきっかけに受け入れ農家の方々とのお付き合いが続き、良き相談相手になっていただいている方も多いと聞いています。

研修期間を有効に活用し、多くのことを農家の方から学ぶことを期待しています。研修後の学生の成長が楽しみです。

1年開講式11年開講式21年開講式3

2016年6月10日 販売実習棟(情熱直売所)オープン

販売実習棟が完成し、6月10日にオープンしました。この施設は、当校の学生が直売を実践することにより、生産から販売までを一貫して学ぶためのものです。

14時からのオープニングセレモニーでは、来賓からの祝辞をいただき、施設の名称が披露されました。
名称は「情熱直売所」。技術専修科 独立就農チャレンジコースの学生が考案したもので、「情熱を持って育て、情熱を持ってお客様へ提供することから。」と名付けたものです。

販売実習棟は、「土」と「木」をテーマに、外部は木質系の仕上げ、内部は白色を基調とした木質系の色合いで緑色や青色のアクセントを入れた色調になっています。直売実習室と出荷調製室が設けられ、可動式のパーティションで仕切られています。

販売実習棟の全景新しい施設で荷づくり

愛称発表愛称命名者セレモニー司会

販売初日は、これまでの5倍ものお客様においでいただき、オープンまでの間、暑い中お待ちいただきました。
店内には、新鮮で完熟な野菜・果実、日持ちの良い切花、育てることが楽しみな鉢物などが並び、大変賑わいました。

販売員の学生は、新調したエプロン姿で元気に接客しました。袋詰めや会計も研修の一つです。遠慮なくお声掛けください。
今後とも明るく元気よくがんばっていきますので、よろしくお願いします。

直売所オープン準備1直売所オープン準備2オープン前

にぎわう直売所おそろいのエプロンで会計販売員お疲れさま

2016年6月2日 経営実績発表会

本校では、野菜、花き、果樹の各専攻コースに分かれて、作物の播種・定植から栽培管理、収穫、出荷・販売までの基本的技術を学習すると同時に、それぞれの経営についても学習しています。

今日は各コースの経営成果について発表会を行いました(独立就農チャレンジコースは個人経営のため発表はありません)。

資材費、労働時間、生産量、売り上げ等から各コースの経営を評価し、問題点・改善点を検討するいい機会だったと思います。この授業を契機に、学生全員が農業経営に興味を持ち、日々の学習に反映できるようになれば幸いです。

 

経営実績野菜コース1経営実績野菜コース2

経営実績果樹コース1経営実績果樹コース2

経営実績花きコース1経営実績花きコース2

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa