Academy News・ 2016年4月

掲載日:2018年5月7日

2016年4月29日 春のアカデミーまつり

前日の雨が残るのではと心配されましたが、時折日も差す中、4月29日に春のアカデミーまつりを開催しました。

学生会長が気合いを入れた後、各自担当に分かれ準備を始め、校長・同窓会長の挨拶のあと9時30分から開会しました。お陰さまで多くの方が来場し、学校や同窓会が出品した新鮮な農畜産物の購入や、体験イベント等への参加など、ゴールデンウィークの一日を満喫なさったのではないでしょうか。

まつり学生会長の気合まつり全景まつり同窓会

詳しくは、はこちらで掲載しております。
2016年4月29日 春のアカデミーまつり

2016年4月25日 ナシの受粉と摘果(果樹コース)

ナシの花は、4月上旬頃に咲きます。ナシは同じ品種の花粉では実をつけないので、この時期に雌しべに他の品種の花粉をつける作業を行います。

果樹コースでは、4月12日に受粉作業を行いました。花粉に色素を混ぜることで、受粉したかどうかを分かるようにします。経験者の生産技術科2年生が新入生にやり方を教え、1年生は慣れない手つきで、作業をしていました。

4月25日には、大きな果実を生産するため、少し膨らんできたナシの果実を樹勢に応じて減らす摘果作業を行いました。

ナシの受粉1ナシの受粉2ナシの受粉3

ナシの受粉4ナシの摘果1ナシの摘果2

2016年4月25日 花菜ガーデン情報誌の取材協力

神奈川県立花と緑のふれあいセンター(花菜ガーデン)の情報誌「KANA GARDEN i-dano」の取材に協力しました。

野菜、花き、果樹、独立就農チャレンジの各コースを巡り、実習作業の撮影やインタビューを行いました。
発行は6月下旬の予定です。どのように仕上がるのか楽しみです。

花菜取材1花菜取材2花菜取材3

2016年4月18日露地トマト定植(野菜コース)

野菜コースでは、4月18日に露地トマトの定植を行いました。
朝晩はまだ肌寒い時期なので、初めはトマトもトンネルの中で栽培をしています。

定植を行った生産技術科1年生はアカデミーでの新生活が始まったばかりですが、みんなで協力して熱心に植えていました。
今回植えたトマトは、これから支柱を立て、6月頃から収穫・販売をしていきます。学生も勉強しながら一生懸命に取り組んでいくと思いますので、乞うご期待ください。

野菜コースでは今後、トマト、ナスなどの果菜類、コマツナなどの葉菜類、ジャガイモやサトイモのイモ類を中心に共同作業で栽培管理をしていきます。

トマト定植1トマト定植2トマト定植3

トマト定植4トマト定植5トマト定植6

2016年4月13日 実習開始!

新入生は4月11日から各コースに分かれての本格的な実習と、機械実習が始まりました。

野菜・花き・果樹コースでは、2年生がサポートしながら実習を行っています。2年生の成長した姿がたくましく思えます。
野菜コースの1年生は栽培の基礎を学ぶため、集団で実習を行っています。また、野菜コースの技術専修科生と独立就農チャレンジコースの学生は、4月は合同で露地野菜の基礎的な栽培技術を習得しています。
果樹コースでは、ナシの花が開花時期を迎えているため、受粉作業に追われています。
また、花きコースでは、切花、鉢物、緑化木の基礎的な栽培技術を、機械実習では、刈り払い機と小型管理機の操作を学んでいます。

早く作業に慣れ、自分で考えながら行動できる農業者になって欲しいと思います。期待しています!

野菜コース技術専修科果樹コース

花きコース機械実習1機械実習2

2016年4月11日 農業基礎(基礎技術講座)

生産技術科1年生と技術専修科の希望者を対象に、農作業に必要な基本技術(鍬、鎌・草削り、結束)を学習しました。

初めての学生も多いようで、どの作業も悪戦苦闘している姿が印象的でした。
何事も基礎が第一です。本校にいる間に、これら技術の達人を目指して実習に励んでくれればと思います。

【鍬の使い方】
クワ1クワ2クワ3

【鎌の使い方】
カマ1カマ2カマ3

【草削りの使い方】
草けずり1草けずり2草けずり3

【結束の方法】
結束1結束2結束3

2016年4月7日 入校生歓迎会

入校式の日の放課後、学生会主催の入校生歓迎会が開催されました。
恒例のビンゴ大会とじゃんけん大会で、プレゼント争奪の熱い戦いが繰り広げられました。

最初は緊張気味の入校生でしたが、学生会長の迷?司会により和み始め、入校生、在校生ともに親交を深めていました。

歓迎会1歓迎会2歓迎会3

歓迎会4歓迎会5歓迎会6

2016年4月7日 入校式

大雨と強風という生憎の天候でしたが、4月7日に平成28年度の入校式が行われました。生産技術科31名と技術専修科30名を、舞い始めた桜の花が迎えてくれました。

校長の言葉や来賓の方々の祝辞の後、生産技術科2年生代表から「在校生歓迎のことば」、入校生代表から「新入生誓いのことば」がありました。

「かながわ農業アカデミーでの毎日は、本当に早く過ぎてしまいます。一日一日を大切に取り組み、自分の将来を見据えながら学んでいかなくてはなりません」
これは在校生歓迎の言葉から抜粋した文章ですが、自分の夢をかなえるため、積極的に行動することを期待しています。

入校式在校生歓迎の言葉新入生誓いの言葉

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa