Academy News・ 2015年10月

掲載日:2018年5月7日

2015年10月28日 農業機械士技能検定試験

10月28日に生産技術科と技術専修科の学生および農業機械士養成研修受講生を対象に農業機械士の技能検定試験を実施しました。農業機械士とは農業機械の基礎知識を有し、安全かつ効率的に機械操作ができる人材を育成する目的で、その技能を県知事が認定する制度です。これまでに県下で約2000名が認定されています。

試験は農業機械や農作業安全に関わる学科試験と、トラクタの操作及び仕業点検の実技試験を行います。
トラクタ操作の試験では、ロータリー耕を想定した運転操作で高い精度を必要とする作業です。集中して試験に挑めたようで、ほとんどの学生は大きなミスも無くよくできていました。

トラクタートラクタートラクター

仕業点検では、バッテリーの電圧測定やタイヤの空気圧、ペダルの遊びなど10項目についての正しい点検方法と良否判定が求められます。普段はあまり使うことのない器具を使わなければ点検できない箇所もあるので苦戦するかと思っていたのですが、適切に点検ができていました。

仕業点検仕業点検仕業点検

今年度は例年に比べて学科試験の点数が低い学生が多いようでした。実技練習も大切ですが、理論の勉強もしっかりしていただきたいと思います。
今回の試験の内容は現場で必要となるものです。今後も安全に注意して習得した知識や技術を畑で発揮してください。

2015年10月26日 杉久保小学校3年生が農業アカデミーを探検

10月26日に近所の杉久保小学校3年生が、農業アカデミーの秘密を探りに訪ねて来ました。総合の時間に、杉久保地域の人々の暮らしや伝統・文化を地域に出かけて調査するのが目的で、その中の一つが農業アカデミーでした。

初めに概略を説明し、質問を受けました。こうしてアカデミーをイメージしてもらった後、いよいよほ場の探検です。
どこに行っても興味津々の模様です。青く染めたバラや、バラの棘取り、収穫したトウガン、キウイフルーツが実っているほ場等、行く先々で、作業をしていた学生を質問攻めにしていました。学んだ事は各自まとめ、11月21日に発表するそうです。

農業のこと、アカデミーのこと、海老名の農業のこと等を、少しでも理解してくれたら幸いです。同じ地域にある学校同士です。今後もお付き合いができればと思っています。

杉久保小杉久保小杉久保小

杉久保小杉久保小杉久保小

2015年10月22日 生産技術科2年生研修報告会

8月24日に始まった生産技術科2年生の先進農家等派遣研修が10月16日に終了し、約50日間の長期研修から2年生が学校に戻ってきました。その報告会を10月22日に行いました。
研修先の経営内容や研修したこと、今後の自分にどう生かしていくかなどを説明し、質問にも考えながら回答していました。
大変ながらも貴重な経験になったと思います。この経験を、今後の人生に是非活かして欲しいと思います。

長期にわたりお世話になった研修先の皆様、本当にありがとうございました。就農する学生にとっては長いお付き合いになると思いますが、今後もご指導よろしくお願いいたします。

2年研修報告2年研修報告2年研修報告

2年研修報告2年研修報告2年研修報告

2015年10月21日 農業大学校等関東Bブロックスポーツ大会

平成27年度農業大学校等関東Bブロックスポーツ大会は、本校を主催校として、10月21日に海老名運動公園で開催されました。この大会は、毎年、山梨県立農業大学校、静岡県立農林大学校、八ヶ岳中央農業実践大学校、及び本校の4校で、軟式野球、6人制バレーボール、卓球の3種目の競技を行い、各校の連携と親睦を図ることを目的に開催されています。

今年で28回目になりますが、当日は天候に恵まれ、各種目とも熱戦が繰り広げられました。

開会式

9時から行われた開会式では、初めに本校の新井校長から大会会長挨拶、続いて本校学生会の君島会長から学生代表挨拶がありました。

そして、前回優勝校から優勝杯返還の後、本校卓球部の紙屋主将が選手宣誓を行い、これからの熱戦を前に緊張感あふれる開会式となりました。

開会式開会式開会式

軟式野球

時折日が射し込むような曇り空で、広い野球場では涼しく動きやすい日となりました。

本校の第一試合は、山梨県が相手です。
一回にタイムリーを含む3点を取った後は接戦となりましたが、4対1で逃げ勝つことができ、決勝戦に駒を進めました。

決勝戦の相手は、静岡県です。
投手戦となり、緊迫した接戦が続きました。応援にも熱が入る試合でしたが、残念ながらタイムリーをあび、1対2で逆転負けしてしまいました。

どの選手も一生懸命プレーして、とても良い試合でした。試合を円滑に進めるよう手伝ってくれたスタッフの皆さんも、お疲れ様でした。

野球野球野球

野球野球野球

6人制バレーボール

6人制バレーボールは第1試合が静岡県vs八ヶ岳、第2試合が山梨県vs神奈川県で行われ、静岡、山梨が勝ち進みました。
3位決定戦は八ヶ岳、決勝戦は静岡が勝ち、1位静岡、2位山梨、3位八ヶ岳、4位神奈川の順となりました。

公認審判員の厳正な審判の下、熱戦が繰り広げられ、強烈なサーブやスパイクによる攻撃、ボールの行方を予測した軽快な動きによるレシーブなど、攻守にすばらしいプレーが展開されました。
経験者・未経験者ともに、練習してきた成果としてファインプレーあり、凡ミスありの見応えある試合でした。

本校チームは試合に向けて放課後に練習を重ねてきましたが、残念ながら最下位となってしまいました。再起を期待しています。また、裏方に回ったスタッフの学生の皆さん、ありがとうございました。

バレーボールバレーボールバレーボール

バレーボールバレーボールバレーボール

卓球

卓球は、シングルス4試合とダブルス1試合の合計5試合の団体戦で行われ、3試合先取したチームが勝ちになります。

一回戦は、八ヶ岳が相手で、4対1で勝利し、決勝戦へ駒を進めました。決勝戦の相手は強豪静岡県でしたが、1対4で惜しくも負け、準優勝となりました。
先進農家等派遣研修の期間が比較的短かった技術専修科の選手が多かったため、研修明けの集中練習とチームワークにより、前回の4位から順位を上げることができました。

また、卓球は試合全体が他の競技より早く終了したため、他県の選手と交流練習を行い、親睦をさらに深めることができ、とても有意義な大会になりました。
選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

卓球卓球卓球

卓球卓球卓球

閉会式

初めに成績発表、表彰が行われました。試合の結果は省略しますが、静岡県立農林大学校が好成績を納めました。他校も日頃の練習の成果を十分に発揮し健闘しました。

最後に、大会副会長の静岡県立農林大学校 水口校長より講評と挨拶、次年度大会に向けての激励の言葉がありました。

閉会式閉会式閉会式

今年の大会を振り返ると、昨年は台風の影響で中止となり、学生のスポーツ大会経験者はおらず、職員も4年ぶりの主催校として不安が大きい中での開催となりました。
しかし、選手はもとより運営に回った学生の活躍や、学校に残り栽培管理を行ってくれた学生の頑張りにより、成功裏に大会を終えることができました。
また、外部から来ていただいた軟式野球・バレーボールの審判員の方々どうもありがとうございました。

来年度は静岡県での開催になります。来年も頑張りましょう。

集合写真

2015年10月9日 花菜ガーデンで販売実習を行いました

神奈川県立花と緑のふれあいセンター花菜ガーデンで行われたローズフェスティバルのイベントに、野菜コースと花きコースの学生5名が販売実習として参加しました。

10月9日(金曜日)の午後という限られた時間でしたが、バラの花束やフラワーアレンジメント、ミニトマトやサトイモ等の野菜を、多くの来園者の方々に購入していただきました。

学生にとっても、多くの方々と話をしながらの実習は、とても有意義なものとなりました。アカデミーコーナーにお越しいただいた多くの方々、ありがとうございました。

花菜ガーデン販売花菜ガーデン販売花菜ガーデン

花菜ガーデン

2015年10月2日 野菜コース・イチゴの定植

野菜コースでは、10月2日に施設イチゴの定植を行いました。

今年は、‘紅ほっぺ’、‘やよいひめ’、‘さちのか’等の品種を定植しました。収穫は12月下旬頃を予定しており、収穫量が増え次第販売を開始していきます。

担当した学生が休みの日にも学校に来て、毎日世話をしているイチゴです。楽しみにお待ちください。

イチゴの定植イチゴの定植イチゴの定植

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa