Academy News・ 2015年9月

掲載日:2018年5月7日

2015年9月29日 新規就農者育成研修を行っています

かながわ農業アカデミーでは、県内で「Uターン就農」や「農業参入」により農業を始めたいと考えている方が円滑に就農できるよう、農業の基礎的な知識、野菜の栽培技術を学べる研修を開講しています。

この日は、県内で農業を始めたいと考えている、もしくは始めて3年以内の農家や農業法人の方を対象とした「自家実践コース」の研修で、野菜の農作業実習と農産物加工に関する講義を行いました。

午前中は、本校の職員から説明を受けた後、ブロッコリーとミニカリフラワー苗の定植、抑制キュウリの摘心・整枝・摘果、ニンジンの追肥を、実習しました。
午後は、農業技術センターの吉田誠品質機能研究課長を講師に、農産物加工の基礎講義と手洗い実習を行いました。

「自家実践コース」の受講生は、野菜を中心とした栽培に関する講義を半日、農作業実習を半日の組み合わせで、週1回、アカデミーに通うほか、自家で取り組む課題研修にも取り組んでいます。
12月には、研修の集大成として、課題の発表を行う予定です。

自家実践コースの農作業実習自家実践コースの農作業実習自家実践コースの農作業講習

自家実践コースの農作業実習自家実践コースの農作業実習学生と合同講義

2015年9月10日 パンジーやビオラの種まき

花きコースの1年生全員で、パンジー、ビオラなどの種をまきました。

初めに、プラグトレーに用土を均等に入れてならします。そこに種を1粒ずつ播き、バーミキュライトで覆土し、下から水を吸わせます。小さな種をひとつひとつピンセットで置いていくのは、集中力の必要な作業です。

種まきから1週間くらいで芽が出て、約1ヶ月後には、ポットに鉢上げします。
11月くらいから花が咲き始め、上手に手入れすれば半年くらいは花を咲かせます。

冬の花壇やコンテナでの寄せ植えなどに、是非どうぞ。

パンジーの種まき準備パンジーの種まきパンジーの種まき

パンジーの種まきパンジーの種まき水やりパンジーの芽が出た様子

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa