地震に備えて

掲載日:2018年4月11日

東日本大震災、阪神淡路大震災や中越地震では、水道施設にも大きな被害が生じ、水道水が止まった地域がありました。水道水が止まった場合は、市や町が行う応急給水活動を可能な限り支援する態勢で全力で取り組みますが、ご家庭でも地震に対する備えをお願いします。

  1. 飲料水は1人1日3リットルで3日分程度を確保しておきましょう。
  2. 水道水を貯めておいた場合は、煮沸してから飲用してください。
  3. お風呂の残り湯は水洗トイレを流すために使用できます。

【参考】ご家庭での地震対策について