太陽光発電システムのページ

掲載日:2019年11月22日

 寒川浄水場では、異物の投げ込みを防止するため、第2浄水場及び第3浄水場の「ろ過池」などの一部に覆蓋(ふた)を設けています。その上部を有効利用して平成16年度に環境にやさしい太陽光発電設備を設置する工事を行いました。
 太陽光発電の設備容量は、第2、第3浄水場を併せ約120kWで、平成17年2月15日(火曜日)から運転を開始しています。
 覆蓋は、ろ過池等の日常点検の必要性を考慮し、軽量で強度面に優れているFRP(強化プラスチック)製の可動式アーチ型を採用しています。
 また、発電した電気は、電力会社の電気とともに、全て浄水場内で使用しています。
 なお、本工事はNEDO(独立行政法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」)の補助金制度を活用しました。
 現在は、浄水場を訪れる見学者の皆さんに対して、発電量等を表示したパネルなどにより、環境に配慮した取り組みや太陽光発電についてのPRに努めています。

 

 寒川浄水場太陽光発電システム(左:表示板 右:第3浄水場太陽光発電パネル)

太陽光用の表示板

太陽光パネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 このほか、寒川浄水場の外部にある水道施設用地にも太陽光発電設備を設置しています。これらの設備で発電した電気は電力会社へ売電を行っています。

厚木太陽光発電設備

厚木太陽光発電

発電所出力 43.2キロワット

太陽電池モジュール
 出力 43.2キロワット
 枚数 180枚(1枚あたり240ワット)

パワーコンディショナ
 出力 50キロワット
 台数 5台(1台あたり10キロワット)

所在地 厚木市愛甲

発電開始 平成25年3月

 

乾屋敷太陽光発電設備

乾屋敷太陽光発電

発電所出力 10キロワット

太陽電池モジュール
 出力 10.44キロワット
 枚数 40枚(1枚あたり261ワット)

パワーコンディショナ
 出力 10キロワット
 台数 1台(1台あたり10キロワット)

所在地 平塚市横内

発電開始 平成25年3月