災害時 通訳・翻訳ボランティア募集

掲載日:2018年10月23日

大きな災害が起きた時に、通訳・翻訳の協力ができるボランティアを募集しています!!

通訳

1 災害時 通訳・翻訳ボランティアとは

大きな災害が起きた時に、神奈川県災害多言語支援センターで、通訳・翻訳を行うボランティアです。事前に登録した方のうち、訳・翻訳の協力ができる方にお願いします。 

 

2 活動内容

(1) 外国人からの相談・問合せに外国語で対応すること(回答内容は職員等が補助します)

(2) 神奈川県の災害対策本部が日本語で発信する情報を、多言語に翻訳すること

翻訳

 

 

 

 

 

 

 

3 活動場所

多言語支援センターかながわ内(かながわ県民センター13階)

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2

※翻訳作業は、自宅でお願いする場合もあります

4 募集言語

全言語ちらし

特にタイ語、ベトナム語、ラオス語、カンボジア語等を話せる方の募集を強化しています。お知り合いにお心当たりのある方がいましたら、ぜひこのボランティア制度をご紹介ください。

 ※募集チラシはこちらからダウンロードしてください

(PDF:3,974KB)

5 資格

語学に関する資格は必要ありません。学校で勉強した、または独学で習得した、仕事で使っている等、経歴も問いません。

6 登録条件

 大きな災害が起きた時、神奈川県災害多言語支援センターに集まれる方。

7 応募方法

「災害時 通訳・翻訳支援登録承諾書」に必要事項を記入の上、次のあて先に郵送、FAXまたはメールで送ってください。お申込みをもって、登録とさせていただきます。

※「災害時 通訳・翻訳支援者登録承諾書」はこちらからダウンロード(ワード:575KB)してください

<あて先>

住所 〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1
宛 名  神奈川県国際文化観光局国際課企画グループ
電 話  045-210-3748(直通)
FAX 045-212-2753
メール 0804p_kokusai@pref.kanagawa.jp

 

8 神奈川県災害多言語支援センターとは

神奈川県と(公財)かながわ国際交流財団が協力し、大きな災害が起きた時に、多言語での情報発信と、通訳・相談対応を行うセンターです。

※神奈川県と(公財)かながわ国際交流財団の協定はこちら(日本語)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa