カナガワ・アップデイツ4月号

掲載日:2018年4月4日
English page

「日本ダムアワード2017」の授与式を開催!―相模川水系総合運用が低水管理賞を初受賞―

 

 全国のダムの愛好家でつくる日本ダムアワード選考委員会が主催する「日本ダムアワード2017」において、相模川水系3ダムの総合運用(神奈川県・国土交通省)が「低水管理賞」に選ばれ、平成30年3月5日に授与式が開催されました。

相模川水系総合運用

 

 受賞ダムは以下の5部門から選ばれました。

・ダム大賞 寺内ダム(福岡県/水資源機構)
・放流賞 丸山ダム(岐阜県/国土交通省・関西電力㈱)
・低水管理賞 相模川水系3ダムの総合運用(神奈川県/神奈川県・国土交通省)
・イベント賞 八ッ場ダム(群馬県/国土交通省)
・洪水調節賞 勝本ダム・男女岳ダム(長崎県)

 

 「低水管理賞」とは、当該年においてもっとも印象に残った低水管理(利水補給)を行ったダムに授与されるものです。

 

 相模川本川にある相模ダム及び城山ダムは、集水面積が大きく流入量が多い割に貯水容量が小さいのに対し、相模川支川中津川にある宮ヶ瀬ダムは集水面積が小さく流入量が少ない割に貯水容量が大きいという特性があります。宮ヶ瀬ダムと相模・城山ダムを道志導水路、津久井導水路の二つの導水路で連絡し、これらのダムの特性を活かした水運用を行うことを「総合運用」と呼んでおり、水資源の有効活用を図ることを目的としています。

 

 平成29 年の少雨傾向により、相模川水系3ダム(相模ダム、城山ダム、宮ヶ瀬ダム)の合計貯水量は、平成13 年の宮ヶ瀬ダム完成以来最少を記録しました。その中で、相模川水系3ダムが連携した「総合運用」により少雨傾向を乗り切ったことが評価され、受賞となりました。

3ダム

 「日本ダムアワード」とは、ダムファン有志による選考委員会が、一年間のダムの活躍を振り返り、様々な角度から活躍したダムを部門ごとにノミネート。観客と共に、各部門賞と大賞を投票で選出しその功績を讃えるもので、“ダム版アカデミー賞”とも呼ばれています。

 

ラグビーワールドカップ2019™大会チケット開催都市住民先行抽選販売を開始しました!

 

Rugby World Cup promotional event 選ばれたプレーヤーのみが出場できる憧れの舞台、ラグビーワールドカップ。世界中のラグビーファンが熱狂する4年に1度の大イベントが、アジアで初となる日本で開催されます。そして決勝・準決勝を含む7試合が行われるのがここ神奈川の横浜国際総合競技場。いずれも屈指の好カードです。これに向け、2018年3月19日月曜日から、開催都市住民向けにチケット先行抽選販売が始まり、さらに大会を盛り上げる様々なPRイベントが実施されました!

 

Rugby World Cup promotional event ラグビーの魅力を存分に感じられるイベントとして、ラガーマンによるトークショーや出場チームユニフォームファッションショー、ミニラグビー体験、お笑いのライブ、社会人チームや大学チームによるラグビーデモンストレーション等が行われました。また元日本代表サッカー選手で解説者の松木安太郎氏や元日本代表ラグビー選手吉田義人氏らのトークショーでは、横浜で行われる試合の見どころ等を徹底解説!会場を大いに沸かせました。横浜市の小机競技場ではキッズラグビー体験教室も行われ、300人近くの小学生が参加、ラガーマンの熱い指導を受けました。

Rugby World Cup promotional event

 

 またこの先行販売を契機に、街灯バナーや横断幕等を掲出する都市装飾「シティドレッシング」が実施されています。市庁舎・県庁舎の周辺及び県内でのカラフルなドレッシングで、大会に向けた祝祭ムードを盛り上げました。

 

 この熱狂を日本に居ながらにして直接感じられるチャンスです。神奈川県在住の方は、横浜国際総合競技場で開催される決勝・準決勝を含む7 試合に先行して申し込み可能!この機会にぜひ、お申し込みください!申込期間は3 月19 日(月曜)から4 月12 日(木曜)までです。

 

※お申し込みは、インターネットのみとなります。お申し込みにはチケットID 登録が必要です。
 公式チケットサイト:https://tickets.rugbyworldcup.com 

 

 

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa