2015年度 三県省道スポーツ交流事業

掲載日:2018年5月16日

日程試合結果詳細8月24日25日26日27日)|感想サッカーバスケットボール卓球


日程

日付 内容 写真

8月24日月曜日

(初日)

遼寧省選手団及び京畿道選手団来日

神奈川県選手団結団式

開会式

歓迎夕食会

歓迎夕食会の様子

歓迎夕食会

8月25日火曜日

(2日目)

男子サッカー親善試合(神奈川県対京畿道)

女子バスケットボール親善試合(神奈川県対京畿道)

男女卓球親善試合(遼寧省対京畿道)

県立金沢総合高校訪問

サッカー試合前の様子
サッカー試合前の様子

8月26日水曜日

(3日目)

男子サッカー親善試合(神奈川県対遼寧省)

女子バスケットボール親善試合(神奈川県対遼寧省)

男女卓球親善試合(神奈川県対京畿道)

鎌倉大仏高徳院訪問

バスケ試合の様子
バスケ試合の様子

8月27日木曜日

(4日目)

男子サッカー親善試合(遼寧省対京畿道)

女子バスケットボール親善試合(遼寧省対京畿道)

男女卓球親善試合(神奈川県対遼寧省)

神奈川県のサッカー及びバスケットボール選手団は試合がないため、応援

カップヌードルミュージアム訪問

歓送夕食会

女子卓球試合の様子
卓球試合の様子

8月28日 金曜日

(最終日)

遼寧省選手団及び京畿道選手団帰国

 

このページの先頭へもどる


試合結果

男子サッカー

神奈川県 1勝(対遼寧省)1分(対京畿道)

女子バスケットボール

神奈川県 1勝(対遼寧省)1敗(対京畿道)

男女卓球

神奈川県男子 2敗
神奈川県女子 2勝

試合日 男子サッカー 女子バスケットボール 男女卓球
8月25日火曜日

神奈川県 対 京畿道

2 対 2

神奈川県 対 京畿道

67 対 74

遼寧省対京畿道

男子 2 対 3
女子 2 対 3

8月26日水曜日

神奈川県 対 遼寧省

9 対 0

神奈川県 対 遼寧省

85 対 23

神奈川県 対 京畿道

男子 2 対 3
女子 3 対 2

8月27日木曜日

遼寧省 対 京畿道

0 対 11

遼寧省 対 京畿道

37 対 95

神奈川県 対 遼寧省

男子 2 対 3

女子 3 対 2

このページの先頭へもどる


詳細

8月24日(初日)

【語学と歴史の勉強会】

来県する中国・遼寧省、韓国・京畿道の選手たちと交流し、相互理解を深めるため、また、ホスト地域としておもてなしの気持ちを持って、両地域の選手団を受け入れるため、それぞれの歴史や簡単な中国語・韓国語の勉強会を行いました。
中国語の講師は、中国・遼寧省出身の「かながわ国際スカラシップ留学生」が担当し、韓国語の講師は、韓国出身で県内の大学に留学中の留学生が担当しました。
中国語の勉強韓国語の勉強

【神奈川県選手団結団式】

司会者から男子サッカー、女子バスケットボール、男女卓球選手全員の名前が読み上げられ、各選手団の代表から試合に向けた抱負と、交流事業へ期待する思いなどが述べられました。また、団長からは、神奈川県の代表として精一杯プレーし、遼寧省、京畿道の選手と明るく積極的に交流するとともに、体調に十分留意するようことばをいただきました。
サッカー選手代表のあいさつ神奈川県団長のあいさつ

【遼寧省及び京畿道選手団との合流、開会式】

同日の昼に来日した遼寧省、京畿道選手たちが合流し、全選手団が初めて顔を合わせました。全選手団がそろったところで、開会式が開催され、副知事のあいさつ、3地域の各選手団団長及び選手代表のあいさつ、記念品交換、記念撮影が行われました。
副知事からのあいさつ開会式の様子

集合写真

【歓迎夕食会】

各テーブルには、神奈川県選手団、遼寧省選手団と京畿道選手団が同席しました。お互いの言葉が分からなくても、英語やジェスチャーを交えて、初日から積極的に交流し、会場はとても盛り上がっていました。

歓迎夕食会の様子かにゃおも来てくれました

このページの先頭へもどる


8月25日(2日目)

【親善試合】

 男子サッカー 神奈川 対 京畿道(県立保土ケ谷公園サッカー場)

試合前の集合写真

 女子バスケットボール 神奈川県 対 京畿道(県立体育センタースポーツアリーナ)

女子バスケットボールの試合の様子

 男女卓球 遼寧省 対 京畿道(秩父宮記念体育館)

卓球選手団の集合写真

【県立金沢総合高校訪問

同校の校長先生、生徒会長から歓迎のあいさつをいただき、吹奏楽部やダンス部からパフォーマンスが披露されました。その後、グループに分かれて、茶道や琴などの日本文化の体験を通じて、同校の生徒と交流をしました。

ダンス部のパフォーマンス琴の体験

このページの先頭へもどる


8月26日(3日目)

【親善試合】

 男子サッカー 神奈川県 対 遼寧省 (県立保土ケ谷公園サッカー場)

男子サッカー入場の様子男子サッカー集合写真

 女子バスケットボール 神奈川県 対 遼寧省 (県立体育センタースポーツアリーナ)

試合前の円陣試合の様子

 男女卓球 神奈川県 対 京畿道 (秩父宮記念体育館)

男子卓球試合の様子女子卓球試合の様子

【鎌倉大仏高徳院見学】

「鎌倉大仏」、「長谷の大仏」として知られる鎌倉大仏高徳院を訪問。選手たちは、大仏の大きさに圧倒されながらも、日本の文化や歴史に触れながら、見学や写真撮影などを楽しみました。

女子バスケットボール選手団男子サッカー選手団

このページの先頭へもどる


8月27日(4日目)

【親善試合】

 男子サッカー 遼寧省 対 京畿道 (県立保土ケ谷公園サッカー場)

遼寧省サッカー選手団試合前の様子京畿道サッカー選手団試合前の様子

 女子バスケットボール 遼寧省 対 京畿道 (県立体育センタースポーツアリーナ)

試合前の整列の様子3地域の女子バスケットボール選手団の集合写真

 男女卓球 神奈川県 対 遼寧省 (秩父宮記念体育館)

神奈川県卓球選手団の様子男子卓球試合の様子

【カップヌードルミュージアム見学、体験】

世界中で愛されているインスタントラーメン博物館に訪問し、選手たちが、思い思いにデザインしたカップ、スープや具材を選んで、世界で一つだけのオリジナルカップヌードル作りに挑戦しました。

集合写真(1)集合写真(2)集合写真(3)

【歓送夕食会

歓送夕食会には、冒頭知事も出席し、3地域の選手団に向けてメッセージを伝えました。
その後、3地域の選手たちはステージ上で、歌や踊りなどを披露しました。
選手たちの素晴らしいパフォーマンスに、会場は大いに盛り上がりました。
夕食会の最後には、3地域の友好の証として、選手同士で記念品を交換し、再会を誓い合いました。

知事からのメッセージサッカー選手団のパフォーマンス記念品交換

神奈川県選手団の集合写真

このページの先頭へもどる


選手たちの感想

サッカー選手団

親善試合について

  • 2戦2勝という目標の中で、1勝1分けで目標達成とまではいかなかったのは悔しい。でも、韓国と中国と戦う中で、学ぶものは沢山あった。韓国は、パスワークなどでクリエイティブなサッカーをしていたし、中国は守備の力強さがあった。特に韓国は、ゴール前の崩しやパスの制度攻撃の質が高かった。
  • 今回の試合をして、日本は決定力がないという課題が出たので、今後そこを修正して、自分のチームに戻っても、努力していきたいです。
  • 色々な特徴の選手がいて、その中で合わせてプレーする楽しさもあり、難しさもありました。体の強さやスピードも速く、すごくいい経験になりました。

遼寧省・京畿道の選手等との交流について

  • 遼寧省・京畿道の選手は、とてもフレンドリーで話しやすく、すぐに打ち解けることができました。一日目の食事会では、人見知りの自分はなかなか話しかけることができなかったのですが、遼寧省や京畿道の選手が積極的に会話をしてきてくれて、すぐに打ち解け、仲良くなることができました。
  • 初日から自分は積極的にコミュニケーションをとっていきました。簡単な言葉しか知らないけど、上手くジェスチャーなどを使って伝わった時はとても嬉しかったです。

バスケットボール選手団

親善試合について

  • 日本は外国の選手に比べて身長も低く、体の線も細いけれど、その分別のところで補うことにより、十分に戦うことができるのだと思いました。
  • 自分にとって初めての国際親善試合で、とても楽しみでした。今回の親善試合を通じて学んだことはチームに戻ってからも活かして、これからの自分の成長につながればいいと思います。

遼寧省・京畿道の選手等との交流について 

  • 初日から最終日まで中国・韓国の方々と沢山の交流をし、とても充実した4日間を過ごすことができました。初日の歓迎夕食会では、緊張して上手く話せませんでしたが、日を重ねるごとに、自分から話しかけたり、一緒に写真を撮ったりなど積極的に行動することが出来ました。
  • 最初のご飯のときに韓国の子が積極的に日本語を使って話してくれたのがとても嬉しかったです。他にも日本語や、韓国語を教え合い、日本の美味しい食べ物や他国と共通してある物も伝え合うことができました。
  • おもてなしする側の神奈川のみんなで積極的にコミュニケーションをとり、写真を撮ったりビデオを撮ったりして、楽しむことができました。これを最後の機会にしないように外国の言語も勉強しようと思いました。

卓球選手団

親善試合について

  • 外国の人と試合ができるのは滅多にない機会なので、すごくいい経験になりました。話す言葉やプレースタイルが違っても、試合が終った後には選手同士でアドバイスを言い合ったり、試合について話したりなど、交流を深めていきました。
  • 団体戦形式で試合をやったので、とても緊張しました。中国や韓国の選手は日本の選手と球質が違い、パワーもあって色々なボールを受けることができました。
  • 今回海外の選手と試合をさせていただき、とても良い経験ができました。回転やスピード、タイミングなどにおいて、普段やり慣れてないボールを打つ選手と戦うことで不利な場面、負けている場面など様々な戦況に対応できるようになりました。

遼寧省・京畿道の選手等との交流について 

  • 交流事業では、本当に良い思い出を作らせていただきました。1日目の夕食会から私は中・韓の方に積極的に話しかけようと思い臨みました。初めは初対面で言葉遣い、お互いの意思も伝わりませんでした。しかし、多くの時間を共有することによって、お互いの伝えたいことが理解できるようになり、会話も弾み、自分の世界が広がりました。
  • とても楽しい4日間はあっという間に終ってしまいました。卓球を通して、またいつかこのメンバーに会えるといいです。

このページの先頭へもどる

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa