2011年度 三県省道スポーツ交流事業

掲載日:2018年5月16日

結団式など日程試合結果交流事業感想フォトギャラリー


結団式、事前勉強会、知事訪問の様子(8月19日)

結団式

選手たちはそれぞれ自己紹介し、各チーム(男子サッカー、女子バスケットボール)のキャプテンが代表して、事業に参加する意気込みを話しました。

また、団長から中国・遼寧省(りょうねいしょう)、韓国・京畿道(キョンギド)の選手たちとの積極的な交流、正々堂々とはつらつとしたプレーを期待する旨のあいさつがありました。

事前勉強会

対戦する中国・遼寧省、韓国・京畿道の選手たちと交流や相互理解を深めるため、両国の歴史や簡単な中国語・韓国語の勉強会を行いました。

中国語と韓国語の講師は、中国・遼寧省、韓国・京畿道出身の「かながわ国際スカラシップ留学生」が担当しました。

事前勉強会の様子事前勉強会の様子

知事訪問

選手たちは知事への出発前のあいさつを行い、知事からは実り多い国際交流を期待する「激励のことば」がありました。

選手団:男子サッカーは監督、コーチらを含め19名、女子バスケットボールは監督、コーチらを含め15名。

県選手団と知事の集合写真

このページの先頭へもどる


日程

 
日付 内容
8月22日 月曜日 成田空港発、中国・瀋陽空港着、歓迎晩餐会
8月23日 火曜日 男子サッカー親善試合(遼寧省 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合(遼寧省 対 京畿道)
北陵公園見学
遼寧省副省長表敬訪問
8月24日 水曜日 男子サッカー親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
世博園(瀋陽植物園及び世界文化展示)見学
8月25日 木曜日 男子サッカー親善試合(神奈川県 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 京畿道)
瀋陽故宮博物館見学
歓送晩餐会
8月26日 金曜日 中国・瀋陽空港発、成田空港着

このページの先頭へもどる


試合結果

男子サッカー

2戦2勝

女子バスケットボール

2戦1勝1敗

全体の状況

 
試合日 男子サッカー 女子バスケットボール
8月23日 火曜日

遼寧省 対 京畿道
3点 対 4点

遼寧省 対 京畿道
65点 対 51点

8月24日 水曜日

神奈川県 対 遼寧省
4点 対 1点

神奈川県 対 遼寧省
91点 対 90点

8月25日 木曜日

神奈川県 対 京畿道
5点 対 0点

神奈川県 対 京畿道
64点 対 68点

県選手団(男子)の集合写真バスケットボールの試合の様子

このページの先頭へもどる


交流事業(歓迎行事、見学など)

8月22日

歓迎夕食会

遼寧省、京畿道の選手たちと出会ったばかりにもかかわらず、選手たちは、お互いにジェスチャーを交えつつ交流、記念撮影をする姿が見られました。

集合写真

8月23日

男子サッカー親善試合(遼寧省 対 京畿道)見学
女子バスケットボール親善試合(遼寧省 対 京畿道)見学

北陵公園見学

遼寧省瀋陽市に所在する清の皇帝(太宗ホンタイジ)の陵墓を見学しました。選手たちは、広大な敷地を自由に散策し、遼寧省、京畿道の選手たちと写真を取り合うなどコミュニケーションを図りました。

交流の様子交流の様子

遼寧省副省長表敬訪問

遼寧省庁を表敬訪問した3地域(神奈川県、遼寧省、京畿道)の選手団は、滕衛平副省長から歓迎の言葉をいただきました。

遼寧省庁前の集合写真

8月24日

男子サッカー親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 遼寧省)

世博園見学

2006年に開催された「世界園芸博覧会」の跡地を利用したテーマパークである「世博園」を見学しました。広大な敷地の中に、世界各国の建築物等が再現、常設展示されるとともに、希少な植物も植栽されていました。

男子県選手団の集合写真女子県選手団の集合写真

8月25日

男子サッカー親善試合(神奈川県 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 京畿道)

瀋陽故宮博物館見学

故宮は、清朝黎明期の宮殿であり、1625年、女真族国家である後金が遼陽から瀋陽(当時は盛京)に遷都した際に創建され、1636年に落成しました。2004年、世界遺産に登録されました。選手たちにとって、中国の歴史、文化に触れる貴重な機会となりました。

歓送夕食会

3地域の選手たちは、互いに、歌や踊りなどを披露し、交流を深めました。
神奈川県男子サッカー選手団のコント仕立ての一発芸は、当日急遽、選手と監督でアイデアを出し合い考えたものでしたが、身振り手振りで面白さが伝わり、会場は笑いの渦に包まれました。
また、神奈川県女子バスケットボールチームの歌・ダンスも、遼寧省・京畿道の選手団から日本語で「かわいい!」と声援がかけられるなど、大変好評でした。

男子県選手団の出し物の様子女子県選手団の出し物の様子

このページの先頭へもどる


選手たちの感想

サッカー選手団

親善試合について

  • 今回のスポーツ交流事業で印象に残ったことは、相手のフィジカルの強さとスピードです。鍛え方など、いろいろ違いがあると思うけど、とても大変でした。日本のチームは、普段から仲が良いこともあり、楽しくサッカーができました。海外でサッカーができたことを感謝して、学んだことを自分のチームに持ち帰り、生かしていきたいと思います。
  • 「試合をやるからには、しっかり勝って帰る!」これが僕たちチームの目標でした。みんな、所属チームがバラバラでも、この目標を設定したことで、チームがまとまった感じがしました。中国や韓国のチームとの対戦は、日本では味わうことのない独特なサッカーをしてきて、国によって、ここまでサッカーが違ってくるのかと痛感しました。
  • チームとして、6月末から始まって、今回の遠征までに練習、試合を重ね、時間も回数も限られた中で、今回の目標だった中国・遼寧省、韓国・京畿道に2勝することができてよかった。試合内容としては、アウェーの雰囲気、相手のプレーに少し気持ちを乱してしまう場面があったけど、チームの中で、ゲームの中でコミュニケーションを取りながら、修正できたことは、すごくチームの成長を感じました。

施設見学・交流等について

  • 中国、韓国の選手との交流は、両国とも気さくに話しかけてくれて、互いの国の話をしたり、身振り手振りでコミュニケーションを取ることができました。他国の人や文化を肌で感じることができたのは、選手としても人間としても成長できたと思います。
  • 中国の歴史や自然に直接触れることができたのは良かったし、海外で世界遺産に触れられたことはすごく貴重だった。日本の文化と似ているようで似ていないような建物、雰囲気が不思議でした。日本と中国の違い、街の賑わいなど、まだまだ知らない世界が多くて、もっと知りたくなりました。
  • 遼寧省と京畿道の選手たちとは、試合だけでなく、他にもいろいろと一緒に行動する時間がありました。そこで感じたのは、中国、韓国の人たちはとても積極的な人たちが多いということです。交流がなければ、こういうことは分かりません。今回、他の国の人たちと交流できて、すごくためになりました。

バスケットボール選手団

親善試合について

  • 中国や韓国の選手は、日本の選手と比べ、大きさや体の強さの違いがあり、普段できるはずのプレーがなかなかできませんでした。その反面、中国や韓国に優るスピードを生かしたプレーが通用しました。親善試合を通じて、自分のプレーの通用するところ、しないところが分かったので、とても良い経験になりました。
  • 中国の力強いプレーやシュート。韓国の早いドライブからのシュートなど、これから、自分自身のプレーに参考にしていけたらと思いました。
  • 外国の試合では、普段、私たちが使用しているボールとは、違う皮を使用したボールであったり、審判のジャッジの仕方の違いなど、自分たちで臨機応変にプレーをしないといけないということを学べました。

施設見学・交流等について

  • 選手やスタッフさんとの交流は、とても楽しかったです。言葉や文化が違うので、最初は大丈夫かなあと、とても不安でしたが、言葉なんて関係なく、とても仲良くなることができて、とても嬉しかったです!
  • 中国に行くことに大きな不安を抱えていましたが、人間は環境に適応する力があるようで、滞在2日目からは不安だったのが、楽しみに変わりました。色々な国へ行くことで良い経験になり、また、それが自分の人生に大きな刺激になります。このような機械を与えていただいたことに感謝して自分の人生にたくさんの可能性を持って過ごしていきます。
  • 韓国の女の子は、すごくフレンドリーで、とても仲良くできました。中国の女の子は、初めは少し近寄りがたかったですが、話してみたら、とてもかわいらしい女の子でした。2つの国の言葉も文化にもたくさんふれることができ、とても貴重な体験をさせてもらったなと思いました。この体験を忘れることなく、将来に役立てていきたいです。

このページの先頭へもどる


フォトギャラリー

サッカーの試合の様子

サッカーの試合の様子

京畿道男子選手団と神奈川県男子選手団

バスケットボールの試合の様子バスケットボールの試合の様子

バスケットボールの試合の様子バスケットボールの試合の様子

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa