神奈川県と 京畿道 (キョンギド)との友好交流職員 朴榮先(パク ヨンソン)さん

掲載日:2018年5月16日

プロフィールごあいさつ交流あれこれ


プロフィール

京畿道の風景朴榮先(パクヨンソン)さんの顔写真

名前:朴榮先(パクヨンソン)

国籍:大韓民国


ごあいさつ

皆さん、はじめまして。私は大韓民国京畿道から参りました。

私の出身は世界文化遺産「華城」がある京畿道水原市です。

神奈川県庁と京畿道庁は1991年から友好交流公務員制度を施行しています。

それで私が第7代交流公務員として2007年6月1日から2008年5月31日まで神奈川県庁県民部国際課で勤務することになりました。(※帰国しました)

国際課職員に囲まれる朴榮先(パクヨンソン)さん

日本訪問は今回が4回目で、1回目は2003年社会福祉施設の研修、2回目は同じ年に私の家族(4人)が旅行、3回目は2004年広島国際研修センターで4週間日本語の研修、そして今回、友好交流のために来ました。

神奈川県と京畿道は同じ首都圏にあります。私はまだ日本に来て2か月足らずですが、日本語はもちろん神奈川県の政策を勉強する貴重な機会だと思っています。

神奈川県の皆さん、特別に国際課の職員の温かい応援をいただきながら、微力ですが神奈川県と京畿道の発展と友好交流事業に全力を尽くしたいと考えております。

皆さんの健康を祈願します。どうぞよろしくお願いします。

(2007年7月20日)

韓国語版(PDF:156KB)


交流あれこれ

 
年月日 タイトル
2007年10月31日 100日以上が経ちました
2007年12月20日 京畿道を紹介いたします
2008年2月13日 県立有馬高等学校での講演
2008年2月15日 県立相模原総合高等学校での講演
2008年5月16日 神奈川県のみなさん新着

このページの先頭へもどる

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa