2008年度  三県省道スポーツ交流事業

掲載日:2018年5月16日

結団式に臨む選手たち

県庁にて(8月13日)

結団式

役員、選手らの出席者紹介に続き、石原選手団長から結団にあたってのあいさつがありました。

選手団:サッカー(男子)は監督、コーチら含め20名、バスケットボール(女子)は監督、コーチら含め15名。ほか役員4名。

勉強会

対戦する中国・遼寧省、韓国・京畿道の両選手団と積極的な交流を行い、相互理解を促進するため、両国の歴史や簡単な中国語・韓国語の勉強会を行いました。

韓国語の会話練習をする選手たち中国語の会話練習をする選手たち

知事訪問

選手団長のあいさつや選手団の自己紹介の後、松沢知事から「激励のことば」がありました。

選手団を激励する知事知事を囲んでの記念撮影

 

このページの先頭へもどる


日程

 
日付 内容
8月25日 月曜日 羽田空港発、遼寧省・瀋陽空港着
遼寧省滕衛平副省長表敬訪問
開会式及び歓迎夕食会
8月26日 火曜日 男子サッカー親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 遼寧省)
瀋陽故宮博物院見学
瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム見学
8月27日 水曜日 男子サッカー親善試合(神奈川県 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合(神奈川県 対 京畿道)
世博園(瀋陽植物園及び世界オリンピック文化展示会)見学
8月28日 木曜日 男子サッカー親善試合見学(遼寧省 対 京畿道)
女子バスケットボール親善試合見学(遼寧省 対 京畿道)
遼寧省実験中学校訪問
歓送夕食会

このページの先頭へもどる


試合結果

試合の様子試合の様子

男子サッカー

0勝2敗

女子バスケットボール

1勝1敗


全体の状況

 
試合日 男子サッカー 女子バスケットボール
8月26日 火曜日 神奈川県 対 遼寧省
0点 対 3点
神奈川県 対 遼寧省
72点 対 75点
8月27日 水曜日 神奈川県 対 京畿道
0点 対 5点
神奈川県 対 京畿道
86点 対 41点
8月28日 木曜日 京畿道 対 遼寧省
0点 対 6点
京畿道 対 遼寧省
85点 対 61点
神奈川チーム(青ユニフォーム)と○○チーム神奈川 対 遼寧省

このページの先頭へもどる


交流事業(歓迎行事、学校訪問など)

8月25日

遼寧省滕衛平副省長表敬訪問

遼寧省庁を訪れた3地域の選手団は、副省長から歓迎のあいさつを受けました。

開会式および歓迎夕食会

初日の緊張と移動の疲れもあり、比較的落ち着いた雰囲気の中で会は進行しましたが、記念撮影等をきっかけに少しずつ各国選手団同士の交流が始まりました。

8月26日

男子サッカー親善試合第1試合
女子バスケットボール親善試合第1試合

瀋陽故宮博物院見学

神奈川県の生徒は、世界史の授業で清の時代を勉強している最中であるとのことで、熱心に説明に聞き入っていました。このころには、神奈川県・京畿道の選手たちにもリラックスした表情が見られるようになり、サッカー選手同士、バスケットボール選手同士で一緒に写真を撮ったり、片言の相手国語でしゃべり掛けたりという光景が随所で見られました。

瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム見学

6万人収容可能な競技場。2007年に竣工され、2008年北京オリンピック・サッカー競技(グループリーグ)が行われました。

8月27日

男子サッカー親善試合第2試合
女子バスケットボール親善試合第2試合

世博園(瀋陽植物園及び世界オリンピック文化展示会)見学

敷地が広大なため、7~8人で電動カートに分乗して園内を移動しながら様々な希少植物を鑑賞しました。

8月28日

男子サッカー親善試合第3試合
女子バスケットボール親善試合第3試合

遼寧省実験中学校訪問

遼寧省実験中学校は、教育庁直属の唯一の高校であり、省内第一の進学校です。現在生徒数は約2400名、東京ドーム6個分の敷地を有し、最先端の教育設備が整っています。

歓送夕食会

本夕食会では、歓談中に3地域の選手団がそれぞれ歌を披露したことを契機に、各選手団の選手、役員、スタッフ等が次々と自国の歌を披露しました。また、遼寧省・神奈川県・京畿道選手団の間で、一緒に写真を取り合うなどの光景が見られ、選手間または選手団関係者間の友好交流を一層深めることができました。

このページの先頭へもどる


選手たちの感想

サッカー選手団

親善試合について


「同世代の選手の質の高いプレーを肌で感じることによって、強い対抗心が生まれ、今まで以上に向上意欲が高くなったと思います。この貴重な経験をチームに持ち帰り、仲間に伝達し、より強いチーム作りに貢献できたらいいと思います。」
「言葉も国も違う中、スポーツで交流試合ができたのは、人生の中でいい経験が出来ました。お互いフェアプレーで試合ができたことも良かったです。」
「国際試合というめったに経験することのできないことを通して、外国とのレベルの違いを肌で感じることができました。」

交流・文化施設見学について


「今回の事業で外国人とのコミュニケーションをとったり、歴史を学んだり、異文化に触れることができ、新たな視点で自分の国を見直すことができるようになったと思います。また、三国間で起こった問題についても公平な目で深く考える必要があると感じました。」
「初日はどこの国も全く交流をしていなかったけれど、試合や文化施設の見学や食事を一緒に食べたりするうちに、韓国も中国も日本も全く関係なく仲良くなっていて、言葉の壁も全く感じさせないほどのものでした。」
「人見知りしがちな自分も中国人選手、韓国人選手の両方と知り合うことができました。この経験は、人生において最も大きな一歩の一つだと思いますし、異国の文化に触れることができたことも、とても貴重な体験だと感じています。」

バスケットボール選手団

親善試合について


「どちらのチームとも日本に比べ試合中の感情の表現がとても豊かだと思いました。いいプレーをしたときの表情や試合中のコミュニケーションの声など一つ一つのことに対するリアクションが大きくて、私たちよりもとてもダイナミックにプレーをしていて楽しそうだと思いました。」
「いつもとは違う環境の中での試合ということでプレー面だけでなく、国際試合の大変さを実感しました。」
「今までとは違ったプレースタイルに対して、どう戦っていくのかなど経験することができ、これからのバスケ生活にどう取り入れていくか考えていきたいと思います。」

交流・文化施設見学について


「この交流事業で自分たちと異なった文化に触れ、様々な人に出会えたこと、文化や国が違っても友達になれるということがわかったので、これを活かして誰とでも友達になれるような人になりたいです。」
「長いようで短い期間でしたが、とても楽しく過ごすことができ、異国での言葉の違いや文化の違いの興味や関心を更に深めることができました。そして、将来はこの経験を活かし、国際的な仕事に就いてみたいと思えるようになりました。」
「中国や韓国の人たちは本当に親切で、すぐに友達になることができ、日に日に仲も深まっていきました。」

このページの先頭へもどる


フォトギャラリー

遼寧省庁訪問遼寧省庁訪問生徒の代表としてあいさつ
全体写真神奈川対京畿道試合の様子
試合の様子交流の様子試合の様子
試合の様子神奈川対京 道試合の様子
神奈川対遼寧省実験中学訪問交流の様子
交流の様子交流の様子交流の様子
交流の様子交流の様子交流の様子
交流の様子交流の様子交流の様子

このページの先頭へもどる

本文ここで終了

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa