平成25年度事業(第2年次)

掲載日:2018年5月11日

平成25年度事業(第2年次)

平成25年度は、平成24年度に受け入れた遼寧省疾病予防コントロールセンター職員の研修評価を主な目的として、衛生研究所専門職員等を遼寧省へ派遣し、職員へのヒアリングや省内の市疾病予防コントロールセンターへの訪問により、研修成果及び研修波及効果の検証、研修内容の補強を実施しました。
また、同センターの職員2名を4ヶ月間受入れ、トウモロコシ、大豆等の遺伝子組み換え食品の検査技術の研修を実施しました。

<受入研修員の概要>

文

文 涛さん

研修内容:遺伝子組み換え食品の検査技術

研修の感想:

遼寧省と神奈川県との友好提携30周年の記念の年に神奈川県を訪問できて大変光栄に思う。

日本は、遺伝子組み換え食品、一般食品、生活飲用水についての検査項目が多く、基準が厳しく、食品の安全性を非常に重視していると感じた。日本の先進的な検査技術を研修できたので、今後の遼寧省疾病予防コントロールセンターにおける遺伝子組換え食品検査の精度向上につなげたい。

研修報告書[PDFファイル/15KB]

ガク

鄂 爽さん

研修内容:遺伝子組み換え食品の検査技術

研修の感想:

指導研究員の方が、惜しみなく経験やノウハウを教えてくださり、特に、日本人の仕事に打ち込む姿や責任感の強さに刺激を受けた。

日本は交通の便が良く、道に迷ったとしても、誰かに声をかけると目的地まで案内してくれたり、お世話をしてくれた。おもてなしの心が、人々の心に根付いた国で、まるで家に帰ったかのような至れり尽くせりの感覚を味わうことができた。

研修報告書[PDFファイル/18KB]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる