平成20年度  海外技術研修員 の受入れ

掲載日:2018年5月11日

研修員一覧名簿

 
名前 出身 研修項目 研修機関 推薦機関 現勤務先
紀 瓔倫
(キ・エイリン)
中国・
遼寧省
食品、飲料水及び感染症検査技術等 県衛生研究所 遼寧省外事弁公室 遼寧省疾病予防コントロールセンター
姚 芳
(ヨウ・ホウ)
中国・
遼寧省
小児アレルギー疾患の診断、治療、生活指導技術 県立こども医療センター 遼寧省外事弁公室 中国医科大学付属第一病院
ジジルバートル・ミャグマルスレン モンゴル HIVウイルス検査技術 横浜市衛生研究所 モンゴル国立感染症センター モンゴル国立感染症センター
クダイバーガノヴァ・ディナラ ウズベキスタン C型肝炎ウイルス、HIVウイルス検査技術 横浜市衛生研究所 ウズベキスタン国立リファレンス研究所 ウズベキスタン国立リファレンス研究所
キッティトゥクン・ドンポーン タイ 看護技術 恩賜財団済生会横浜市南部病院 バンコク病院 AMDA神奈川支部
セン・チャンタ カンボジア 3次元システムカメラスキャナー、文化遺産管理技術 湘南工科大学 上智大学アジア人材養成研究センター アプサラ機構
上智大学アジア人材養成研究センター
チャンドラセカラン・ガヤトリ インド 日本語教授法等 県立横浜旭陵高等学校、県立神奈川総合高等学校 ABK-AOTS同窓会 ABK-AOTS同窓会

来日の期間:2008年8月中旬 ~ 2009年3月

研修:日本語研修9月 専門研修10月~3月 

平成20年度海外技術研修員7名

(写真 左から)セン・チャンタ、チャンドラセカラン・ガヤトリ、クダイバーガノヴァ・ディナラ、
ジジルバートル・ミャグマルスレン、キッティトゥクン・ドンポーン、姚芳、紀瓔倫

 

知事訪問(9月9日)

来日して間もない海外技術研修員が県庁を訪問、知事にあいさつしました。

研修員のほか、専門研修受入機関研修担当者、推薦機関代表者らも出席しました。

松沢知事は、受入機関、推薦機関へのお礼、研修員への歓迎と激励の言葉を述べました。

知事との記念撮影

あいさつをする研修員
 

交流プログラム

海外技術研修員は、研修期間中の休日を利用し、様々な文化交流プログラムへの参加・公共施設の見学等を行っています。


歓迎会

歓迎の様子

盆踊りを体験

盆踊り体験

消防署の職員による防災訓練

消防訓練の様子

神奈川県総合防災センターを見学

防災センター見学

横浜市資源循環局旭工場を見学

横浜市資源循環局旭工場

国際交流プログラム

プログラム参加者との記念撮影

横浜観光

みなとみらいにて

日本料理を通じて日本語を学ぶ

日本料理を体験

センターデー(11月16日)

神奈川県国際研修センターでは、センターで生活する海外技術研修員・スカラシップ留学生・私費留学生による国際交流のお祭りを毎年開催しています。今年度は、悪天候にもかかわらず、248名の方々が来場しました。

 

海外技術研修員による各国の紹介展示

ウズベキスタン、インド、韓国、カンボジア、タイ、中国、モンゴルについての展示。海外技術研修員はお客さんからの質問に対し、一生懸命説明をしました。

センターデイの様子

各国の歌や踊りの紹介

各国の研修員や留学生がそれぞれの国の歌と踊りを披露しました。フィナーレには、研修員・留学生も全員一緒にアンジェラ・アキ「手紙~拝啓、十五の君へ~」を合唱しました。センターデイの様子

センターデイの様子

インドのガヤトリさんとカンボジアのチャンタさんによるプレゼンテーション

ガヤトリさんはインドでの日本語教育について発表し、チャンタさんはアンコールワット遺跡について発表しました。

講演の様子講演の様子

記念撮影

神奈川県国際研修センターでは、海外技術研修員だけでなく、各国の留学生が生活しています。留学生との交流により、日本語を学ぶ機会が増え、お互いにとって良い刺激となっています。

センターの仲間たちと

修了式(3月12日)

平成20年8月に来日し、2か月に及ぶ日本語研修と6か月間に及ぶ専門研修を受けた海外技術研修員7名の修了式が行われました。

知事との歓談

平成20年度海外技術研修員7名と平成16年度かながわ国際スカラシップ留学生2名の計9名が、帰国に当たり知事を訪問しました。知事から9名に対して、研修と留学は神奈川県民の支えによって行われていることを忘れずに、神奈川で学んだことを各自の地域で活かし、皆さんが活躍することを期待しているとの話がありました。また、神奈川県との友好の掛け橋として今後活躍することを期待し、「かながわ地球市民メッセンジャー」の委嘱が行われました。

研修員とスカラシップ留学生 知事を囲んで

本文ここまで
県の重点施策
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • 未病の改善
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • マグカル
  • ともに生きる